チキンレッグのオーブン焼き

先日、パリに会議で出かけたのですが、会議が午前中だけだったもので、お昼は義両親の家にご馳走になりました。
義母が何が食べたいーって聞いてくれたので、遠慮なく「プレ・ロチ食べたいです!」とおねだり。
お肉屋さんの軒先で串焼きになってる若鶏の丸焼き、プレ・ロチが食べたくて仕方なかった、と。
義両親の家の前にあるお肉屋さんの若鶏の丸焼きが特に絶品で、ジューシーで柔らかく、鶏肉ってこんなに滋味深かったですかっていうほどの美味しさなのです。
で、それをたっぷり食べて帰ってきたら、家に置いてきぼりにされた旦那くんが散々羨ましがっていました。

ごめんねー、というわけで、骨つきのチキンレッグを買ってきて焼いてあげることに。
フライパンに人参とシャーロットというしっとりとしたロースト用のジャガイモ、皮付きのニンニクを放り込み、上に脂肪と余分な皮を取り除いたチキンレッグをおいてオーブンで45分。あ、鶏肉は皮と身の間にうすーくバターを塗り込んでおきます。
a0333321_06080806.jpg
焼いてる間にヨガのDVDを引っ張り出してきてリビングでくねくねしてたのですが、ヨガのインストラクターが「深呼吸してくださーい」というたびに、思いっきり吸い込んじゃうこの鶏肉がローストされる匂い。お腹がぐうぐうなりだしたので、横で私のヨガを見ていた旦那くんが笑い出しました。
いや、笑ってないでさっさとお夕食にしましょう。お腹が空いた。
a0333321_06080821.jpg
イタリアンパセリを上に散らして、フライパンごと食卓に出しちゃいます。
副菜を作る気力はなかったので、グリーンサラダ、ブロッコリーの塩茹で、トマトですませちゃう。

チキンは皮はパリパリ、中はジューシーでなかなかに美味しかったです。
イギリスの鶏肉は美味しくない、と常々文句を言っていた旦那くんも今回は文句を言わずに食べてました。よかった。
今回初めて鉄製のフライパンごとオーブンで焼いたのですが、しっかり焼けていい感じでした。鉄製フライパン、優秀だなー。



[PR]
by akokv | 2017-12-06 06:22 | 料理
<< 寒いので、白菜とマスのミルク煮 手作りパニーニで日曜日のお昼 >>