パン・ド・カンパーニュを焼いてみた話。

先日からイングリッシュマフィンを焼きまくっており、イーストを使うことに抵抗がなくなってまいりました。
じゃ、簡単なパンでも焼いてみましょうかねー。

旦那「パン・ド・カンパーニュは初心者向けだと聞きますよ」

そうなの?外はパリパリ、中はふわふわのカンパーニュは私の大好きなパンの一つではあるのだけれども。
初心者向けのレシピが豊富なMarmitonにてレシピを拾ってまいりましたが、そもそも「乾燥イースト1袋」って書いてあってg数表記じゃない。旦那君に聞いたら普通は8g入りだけどねーと言われました。本当?Google先生は11g言ってるよ。
困ったなと思ってあちこちのレシピを見てみたけれども、なんとなくピンとくるものもなく、結局Marmitonのものを使うことに。

強力粉 250g
塩 カフェスプーンに1/2杯
乾燥イースト 7g
ぬるま湯 170ml

材料を混ぜてぐるぐるねって、二回発酵させるだけ。
ところが1回目の発酵を発酵させすぎて、生地がデロデロになってしまいました。膨らませすぎるとダメですね、生地がスライムのようになってしまって、もうどうにも
なんとか形を整えて二回発酵を終わらせてみたものの、全く高さがない感じに。
ええいままよ、と焼いてみました。焼き色は綺麗に出たものの、なんだか平べったくなってしまった。
a0333321_05564470.jpg
あと安物の小麦粉を使ったからか、なんだか味が薄い。うーん、全粒ことかやっぱ混ぜたほうがいいのかな。
それでも美味しいよ、と言ってくれるのは旦那君が優しいからです。

a0333321_05565389.jpg
その日の夜は2種類のチーズとハムを乗せたオープンサンドを作ってみました。
自分で焼くと愛着がわくのか、美味しい気がする。
でもなんかものすごい硬いんだけど。
サンドイッチの残りはフレンチトーストかクルトンにして消費するつもり。
つまるところ、失敗しました。てへへ。
パンって本当に奥が深いですよね。

次回は一次発酵の時間に気をつけつつ、美味しい小麦粉を探しつつ、また焼いてみたいと思います。
はまりそうな予感がする、パン焼き。。。。

[PR]
by akokv | 2017-03-17 06:25 | 料理
<< 世界一のパンケーキを食べに ー... 春を待つミモザサラダ >>