新年快楽!旧正月にちなんでお家で餃子

今週の土曜日は旧正月でしたね。土曜日に中華街近くで用事があったので何気なく歩いていたら、爆竹や獅子舞が賑やかでした。
で、Facebookなどのソーシャルツールも中華系の友人たちのご馳走の写真ばかり。いいなぁ。
じゃ、私も餃子つくろうかな。でも皮から作るのも面倒だなぁー、というわけで皮は日系のスーパーから買ってきちゃいました。

我が家の餃子は、前年も書いたと思うけど、父の中国人の友人から教えて貰った具で作ります。
豚肉に炒り卵と干しエビが入るもの。あとはたっぷりのネギ!
あとは私が白菜の餃子が好きなので、キャベツの代わりに白菜がたっぷり入ってます。
詳しい内容は昨年のブログに。

今回は24枚入りの餃子の皮を買ってきました。
旦那君にも包むのを手伝ってもらったのだけど、どうしてもひだを作るのが苦手でラビオリみたいになってた。
これじゃフライパンに立たないから焼きづらい!でも文句を言えない!旦那君はこの手の作業が苦手なのです。でも黙って手伝ってくれたから文句なんて言わないよ。ありがとう。

旦那君が8時からサッカーを観る、というので、じゃ餃子とビールでどうだ、とそれに合わせて焼きました。
羽根つきにしたのはあまりに久しぶりに焼き餃子を作ってテンションが上がったからです。片栗粉を溶かしたお水を入れると簡単にできるのですね。初挑戦。
a0333321_05521939.jpg
外の皮はさっくさく、中はジューシーな仕上がりに。

a0333321_05521829.jpg
私はお酢とラー油を合わせて食べます。旦那君はラー油のみで食べていました。
半分は冷凍したので、仕事が遅くなった時のためにとっておこう。
久々の餃子、大変満足でした。
あ、中国では焼き餃子は一般的ではないっていうのは一応旦那君に言っておきました。





[PR]
by akokv | 2017-01-30 06:06 | 料理
<< カリフラワーのチーズスナック 鴨のサラダ、キャロットスープ、... >>