季節の変わり目の、風邪。




a0333321_23242883.jpg
ただでさえゆっくりめの更新がさらに滞っていたのは、旦那君が風邪をひいていて、その看病をしていたから。
そうこうしているうちに私にもその風邪がうつって、ベッドにこもっていたからです。
二人とも喉からくる風邪、というのにやられました。もう喉が腫れ上がって水を飲むのも激痛。
旦那君は2日間くらいで腫れが引いたのですが、私は絶賛4日め、腫れが全く引きません。
あー日本にいたら馴染みの耳鼻咽喉科に行って、喉におえっとなる薬を塗ってもらって、痛み止めと粘膜保護の薬とかもらって終わるのにな。
イギリスですと、医者に行ったところで「風邪ですね、市販薬で2週間して治らなかったらもう一回来てください」って言われるのがオチ。
(すでに経験済み)
イギリスの医療は基本無料なので、よっぽど治療する必要がないものじゃないと治療してもらえないのです。いや合理的なんだけど、日本のサービスの良い医療に甘やかされた身としては辛い。そしてこっちの風邪薬が体に合わないのも辛い。
前回12月に酷い風邪をこじらせた時は、風邪薬と頭痛薬を飲みまくって胃を壊した経験があるので、今回はもう痛み止めのみを飲んであとは自分の免疫力を上げてどうにかすることにしました。

a0333321_23242800.jpg

とりあえずビタミンC。
これはタブレットをお水に溶かして安っぽいジュース状になったものを飲み干すもの。
体調がちょっと悪いな、と思った時にお手軽なビタミン補給方法で、会社でも風邪が流行りだすと皆自己防衛のためにこれを飲みだします。

そして次に意外に風邪に効くよ、と同僚たちに教えてもらったのがマヌカ・ハニー。ニュージーランドに自生するマヌカという木の花の蜜を集めたはちみつだそうで、殺菌効果が半端ないそうです。
マヌカという木自体が様々な薬効効果があり、マオリ族たちもこの木を薬として大事に使っていた、とかなんとか。
で、健康食品店に買いに行くとマヌカハニーでも「Active +10」「Active +15」「Active +20」と、薬効の効き目によってランクがある模様。
で、お値段も+度が上がるごとに跳ね上がっていくので、慌ててネットでランクの意味を調べたところ「初心者なら10-20くらいがオススメ」とあったので、とりあえず+20を購入。喉の痛みが半端ないので、これならおさまってくれるかなーと思って。
半額キャンペーン中だったにしろ、この小さな瓶で12ポンド近くしたそうです(お使いに行った旦那君談)
a0333321_23242857.jpg
これをスプーンでいっぱい、ゆっくり喉に塗るように飲みます。
薬っぽい後味がするー。不思議な香りのはちみつです。
夜は喉が痛くて眠れないほどなのですが、今夜からはこれが効くといいな。

冒頭のクレープは私につきあっておうどんとかおかゆを食べていた旦那君が唐突に食べたくなって作ったクレープです。
病人にチーズとハムは結構きつかったのですが、意外に美味しくさらっと食べてしまった。
食欲があるのだけは助かります。
幸い、イギリスは月曜は国民の祝日でお休み。3日間家にこもって来週からは完全復帰したいところです。




[PR]
by akokv | 2016-05-29 23:53
<< 復活テリテリチキン。 牛乳&バター不使用・低カロリー... >>