べびーキャベツの丸ごとスープ煮

a0333321_06123502.jpg
なんだかんだ言って、パリは暖かかった!
ロンドンに帰ってきた途端、ぐっと冷え込んでる気がします。実際、気温自体は大した差はないのだけれど、どちらかというと日照時間が短いからね(俄然曇りの天気です、ロンドン)。寒いので、なんだかスープが食べたくなりました。

私は茹でたキャベツの甘みがなぜか苦手で、茹でるくらいなら生で食べさせてちょうだい派なのですが、ロールキャベツとかポトフとかに入ってるとろとろに煮込まれたキャベツは大好き。
スーパーでべびーキャベツという名の新キャベツを見つけたので、スープにすることにしました。
このベビーキャベツ、私の手のひら大の大きさでした。新キャベツだから巻きが甘いかな、と思ったら以外としっかりしていたので、普通のお鍋ではなく圧力鍋で煮込むことに。

本日のお買い得だった手羽先(なんと1kgで200円ですよ、奥様)は食べられない先端を切り落とし、塩を振ってからお鍋で焼き付けます。そこにお水、鶏ガラスープ、新キャベツ、新玉ねぎ、乾燥唐辛子一本を入れて、圧力10分かければ終了。

鳥とキャベツの甘みの強い、とても美味しいスープが出来上がりました。
相変わらず野菜の苦手な旦那君ですが、これは食べられるらしい。
ちょっとパリで食べ過ぎた週末をオフセット。しばらくはボリュームたっぷり低カロリーの食事を目指します。




[PR]
by akokv | 2016-04-13 06:33 | 料理
<< 焦がしバター香るパンケーキマフィン パリでお花見 >>