引っ越しパンケーキと望郷のはちみつ。

a0333321_19050890.jpg
私が今住んでいる西ロンドンのフラットは広い共有の庭があって、バルコニーがあって、それはそれは快適なのですが。
……北向き。

このただでさえ日照量の少ないロンドンで北向きというのは、もう体内でビタミンDが生産されなさすぎてビダミンDのサプリメントの広告が見につくレベル。
加えてキッチンが一畳もない程度の広さ。カップル物件でこのキッチンの広さって先代の奥様たちは何を毎晩作ってらっしゃったんですかっていうキッチンのサイズ。おかげで省スペースで調理をする技術は身につきましたが、実家に帰って料理手伝ってると、キッチンの広さに泣きそうになったりします。

というわけで、2年の契約も終わるし引っ越すことにしました。現在住んでいるところから歩いて20分かからないくらいの近所なのですが、西向き広々キッチン物件。アパート最上階。バルコニーはないのですが、日当たりがとても良いので無問題。どのみち日当たりが悪いバルコニーなんて掃除が大変(すぐ苔生える)なだけで大して使ってなかったからね!

3日後に引っ越しを控え、荷詰めを進めています。
キッチン用品もほぼ全て(旦那君が)詰めてしまったので、私はまな板と包丁だけで冷蔵庫と冷凍庫に残されたものを使い終わる作業中。
で、引っ越し前に卵と小麦粉を使い終わりたいね、ということで朝からパンケーキを焼くことに。
とはいえ私が起きてきた時には旦那君は朝ごはんを食べ終わっていたので、私一人分を焼くことにしました。


一人分だと、適当にこんな量です。

卵1個
小麦粉 70g
ベーキングパウダー ティースプーン二杯
牛乳 50cc程度
砂糖  20g

生地をもともとちょっと甘めにするのが好きなので砂糖の量が多めですが、なんなら10gとかでもいいと思います。
で、これを適当に混ぜて、適当に焼いて、出来上がり。これで3枚半分くらい焼けます。

さて、食べるか、という時になってメープルシロップがないことに気づく。
おーい旦那君。シロップどこにやったのかな?

「あ、もうダンボールに片付けちゃいました。ほら、未開封だし」

そうよね。メープルシロップなんてすぐに使い終わらない液体ものは引っ越し前には開封しないよね。
というわけですでに開封していて、使い終わらないといけないはちみつを塗って食べることに。
実は私の実家ではホットケーキといえばはちみつで食べていたので、これはこれで懐かしい味。
でもこういう風に食べるはちみつはもうちょっと美味しいものがいいなー。
調理用(お肉のタレやドレッシング用)に買ったやすい蜂蜜では甘さがくどくて。
養蜂家の大叔父がいつも持ってきてくれていた実家の蜂蜜が恋しい。
(買ったはちみつと区別して、私は幼いころ「本物のはちみつ」と呼んでました。大叔父が蜜柑畑に蜂を放って採ったはちみつは、ほんのり蜜柑の花の甘い香りがして、後味がすっきりしてそれはそれは美味しいのです)
a0333321_19050861.jpg
とはいえ乙女はホットケーキを食べればテンションが上がる、というのは昔も今も変わらないもの。
すっかりご機嫌になったので、今から荷造り頑張れそうです!











[PR]
by akokv | 2016-02-28 19:20 | ロンドン生活
<< 引っ越しフレンチトーストと、や... 長ネギのキッシュとそのおまけ >>