ひよこ豆の手作り豆腐と和風ファラフェル。

a0333321_05265567.jpg
別にロンドンでもそこらへんのスーパーで豆腐は手に入るのですが、紙パックに入った賞味期限が3ヶ月後の「オーガニック大豆を使いました」という無添加豆腐にちょっと疑心暗鬼なもので、自分で作ってみることに。
なんでもでんぷん質の高いひよこ豆は豆乳を火を通して練るだけで固まって、豆腐の味になるということを海外に住むブロガーさんのところで見かけたのです。
ひよこ豆、もともと大好きなので、やってみることにしました。
1カップの豆を6−7時間ほど水に浸けておき、一旦さっと洗ってからブレンダーにひよこ豆1に対してお水2強くらいをいれガーッと回します。
そこから晒しでこして、豆乳を作成。ちなみに乾燥豆1カップはもどると2カップになります。なんかやたら豆乳ができたのですが、それを中弱火にかけて煮詰めていきます。焦げないようにかき混ぜながら。こんな感じで。
a0333321_05265542.jpg
しばらくするとポテッとなってくるので、そこで火を止めて型に入れます。
1時間も放っておくと常温でも固まるみたい。

放っておいている間に、ひじきを戻し、えんどう豆と人参を細切りにし、ひよこ豆のおからと固めに炊き合わせます。
味付けはみりん、お酒、顆粒ダシ。出来上がったらたこ焼き機に油をひき、がんもどきの要領で揚げていきます。
おから揚げ。(からあげ、を丁寧に言っちゃった、みたいに見える文字面ですが、おからの揚げたん。ですよ)
思いつきで作ったのですが、意外とこれ、サックサクで美味しい!どこかで食べた味だなーと思ったらファラフェルですね。
これは和風ファラフェルとして売ればひと財産稼げるんじゃないか!!
旦那くんもこれはパクパク食べてました。高タンパクだし、おからだから体にいいよね。
a0333321_05265646.jpg
ちなみに合わせたのはコンソメ煮にした細ネギの辛子マヨネーズソース、トマトと相変わらずのブロッコリーです。
そうこうしているうちに豆腐も固まったので、出汁醤油をかけてわさびをポチッとのせました。
a0333321_05265681.jpg
おお、豆腐っぽいではないか!!!!
ちょっと豆乳を煮詰めすぎたので結構硬くて、ちゅるん、という食感にならなかったのが残念です。次はもうちょっと緩く作ろう。
豆腐が苦手な旦那くんもこれは食べられるみたい。よかった。

前菜だけで結構お腹にたまりました……。
さて。お待ちかねのメインは手羽元とジャガイモを酢とみりん、醤油であまからーく炊いたものです。

a0333321_05265620.jpg
手に持ってガブッといただきました。手羽元食べにくいよね。
そして手羽元って美味しいんだけど火が通りにくいから本当苦手だわ〜。次に作る時はもも肉にしよう。
こっちのジャガイモって結構しっとりしていて煮崩れないので煮物に向いてます。助かるわ。

今週は料理をあまりしていなかったので、これだけ作ってスッキリしました。でもこうやって見返すとちょっとお野菜が足りない。
生野菜のサラダでも付ければよかった。

[PR]
by akokv | 2016-01-31 05:47 | 料理
<< なんちゃって中華定食。 パスタで作る塩焼きそば >>