ロンドン、秋、真っ只中。

ロンドンの素敵なところは、あちこちに大きな公園があるということ。
街の騒々しさに疲れてて、といっても週末に小旅行をするほどの体力もなくて。
そういうときに公園に行くと、延々と広がる緑、広大な森、ロンドンの市街地なんて目と鼻の先なのにそれを忘れさせる静けさ、で、完全にリラックスできるわけです。

今日は友人家族に誘われてKew Gardenに出かけてきました。
ロンドンの西に位置するキュー・ガーデンはユネスコにも登録されている広大な植物園です。
宮殿やら熱帯植物用の温室、大木の間を通る空中散歩遠など、なかなかに内容が盛りだくさんな内容で、何度言っても飽きのこないところで、私のロンドンのお気に入りの場所でもあります。

ちょうど急に寒くなってきたので、紅葉も期待できるなーと思って出かけてみました。

a0333321_03534430.jpg
エントランス近くの東屋ですでにこの美しさ。
写真ではなかなか伝わらないのですが、それは綺麗な赤と黄色と緑のグラデーションでした。

a0333321_03534416.jpg
栗の木も結構多くて、久々にいがに収まった栗が見れたり。
しかし土に落ちている栗は結構動物たちに食べられてるんですよね。
殻ばかり見つけてて、友人たちとこんな皮が硬い実を誰が食べるのだろうね、と話していたら。

a0333321_03534514.jpg
ばりばりばり。
すぐ横で鴨がものすごい勢いで栗を噛み砕いてました。
いやー鴨って栗食べるのね!?!?新しい発見。

これを見てたら栗ご飯食べたくなっちゃった。今度、栗、買ってこよう!


[PR]
by akokv | 2015-10-18 04:11 | ロンドン生活
<< かぼちゃとリコッタのキッシュ キャロットスープ カレー風味 >>