タグ:手作りパン ( 3 ) タグの人気記事

ちぎりチョコパン@スポ根パン部

a0333321_02474350.jpg
先日、カルダモンロールのために封を開けたイーストの小袋、使ってしまわなきゃだったのでお手軽な食卓パンを焼いてみることにしました。
夕食はサラダって決まってるので、何かそれに合わせて食べられるようなパンがいいなーじゃちぎりパンだなー。ということで、以下の分量。
友人にもらったロールパンのために開発されたレシピをちょっと変えながら。どうも日本とイギリスの強力粉ではグルテンの含有量が違うので、捏ね方やミルクの分量に気をつけなければならないそうです。なるほどねー。

まずミルクを50ml、ちょっと指つけて熱いかなーくらいに温め、イースト4gと砂糖10gを入れておきます。
放置している間に強力粉300g、砂糖20g、お塩4g、を混ぜておき、それにブクブクとしてきた先ほどのイーストミルクと別途こちらは人肌程度に温めた140mlのミルクを入れます。で、こねる。

このこねる作業が大好き。
もう絶望的に指にベットベトについて、あーもうだめだーっていうところから、ツルツルの生地肌に上がるまで、ウンウンいいながら捏ねていくのが好き。
いつも「ここで諦めたら美味しいパンはできないぞ!!」「コーチ!!」って脳内スポ根になりながらこねる。今までジムで鍛えてきた腕の筋肉の見せ所よ!私の筋肉は飾り物じゃないの!!!

オーブンを30度ほどに温めておいて一次発酵40分。この間に自分もクールダウン。サッカーでいうところのハーフタイム。

いい感じに膨れたらガス抜き。このガス抜きの作業も大好き。さっきまでベッタベタの小麦粉の塊だったのが、イーストの良い匂いがするもちもちとした生地に変わってしなやかに扱いやすい生地になるあたり、「よく育ってくれた!」っていう生徒指導の先生みたいな気分になる。よくわからないけど。

とまれ、ベンチタイム15分を経て、パン生地を16等分にきっちり切り分けたパン生地の一部にベローナのミルクチョコと仕込みます。
これは甘いパンを朝食に食べる旦那くんの分。彼の秘蔵のチョコレートを使ってしまう。ふっふっふ。

a0333321_03021517.jpg
ブラウニー型に詰め込んで、二次発酵。お湯を張ったフライパンも一緒にオーブンに入れて、30度30分。

a0333321_02474206.jpg
a0333321_02474342.jpg
ツヤッツヤになりました。表面にミルクを塗って、170度のオーブンで15分も焼けば出来上がりです。
ちなみにゴマがついてる部分はチョコ抜きのプレーンパン。お夕食用にします。

a0333321_02474349.jpg
焼き色がちょっと甘いのは卵の代わりに牛乳を塗ったからか……。ま、でも美味しそうよね。

a0333321_02472705.jpg
焼きたての誘惑に負けきれずひとつちぎってみました。
いい感じに溶けたチョコレートがトロンと出てきます。生地もミルク感がたっぷりで非常に美味しくできました。頑張って捏ねた甲斐があったぜ。
でもチョコレート、ちゃんと溶かしたものを入れた方がよかったのかなー。一部分とけ残っていました。
それとももっと削ったものを入れた方がいいのか、なんならチョコレートは諦めてヌテラ入れちゃうか???

時間がある時しか作れないけれども、パン焼き、かなりのストレス発散になります。
パン焼きってもうスポーツだよね。
ホームベーカリー買ってあげようかって旦那くんが言ってくれるけど、とりあえず断り続けてるのはこれが私のストレス発散にいいからなのだ。

[PR]
by akokv | 2017-06-05 03:13 | 料理 | Comments(0)

パン・ド・カンパーニュを焼いてみた話。

先日からイングリッシュマフィンを焼きまくっており、イーストを使うことに抵抗がなくなってまいりました。
じゃ、簡単なパンでも焼いてみましょうかねー。

旦那「パン・ド・カンパーニュは初心者向けだと聞きますよ」

そうなの?外はパリパリ、中はふわふわのカンパーニュは私の大好きなパンの一つではあるのだけれども。
初心者向けのレシピが豊富なMarmitonにてレシピを拾ってまいりましたが、そもそも「乾燥イースト1袋」って書いてあってg数表記じゃない。旦那君に聞いたら普通は8g入りだけどねーと言われました。本当?Google先生は11g言ってるよ。
困ったなと思ってあちこちのレシピを見てみたけれども、なんとなくピンとくるものもなく、結局Marmitonのものを使うことに。

強力粉 250g
塩 カフェスプーンに1/2杯
乾燥イースト 7g
ぬるま湯 170ml

材料を混ぜてぐるぐるねって、二回発酵させるだけ。
ところが1回目の発酵を発酵させすぎて、生地がデロデロになってしまいました。膨らませすぎるとダメですね、生地がスライムのようになってしまって、もうどうにも
なんとか形を整えて二回発酵を終わらせてみたものの、全く高さがない感じに。
ええいままよ、と焼いてみました。焼き色は綺麗に出たものの、なんだか平べったくなってしまった。
a0333321_05564470.jpg
あと安物の小麦粉を使ったからか、なんだか味が薄い。うーん、全粒ことかやっぱ混ぜたほうがいいのかな。
それでも美味しいよ、と言ってくれるのは旦那君が優しいからです。

a0333321_05565389.jpg
その日の夜は2種類のチーズとハムを乗せたオープンサンドを作ってみました。
自分で焼くと愛着がわくのか、美味しい気がする。
でもなんかものすごい硬いんだけど。
サンドイッチの残りはフレンチトーストかクルトンにして消費するつもり。
つまるところ、失敗しました。てへへ。
パンって本当に奥が深いですよね。

次回は一次発酵の時間に気をつけつつ、美味しい小麦粉を探しつつ、また焼いてみたいと思います。
はまりそうな予感がする、パン焼き。。。。

[PR]
by akokv | 2017-03-17 06:25 | 料理 | Comments(4)

イングリッシュマフィンを焼いてみた。

イングリッシュマフィン、といえば平べったくてモチモチとしたマフィンです。
ちょっと厚めの円型になっていて、二つに切ってトーストして食べます。
日本にいるときもスーパーで見かけてはいたのですが、積極的に食べることはなかったのですが……。
結婚して、旦那君の大好物がイングリッシュマフィンということを知ってから欠かさず買うようにしていました。
トーストして、薄くバターを塗ってからバナナの切ったのを載せたり、卵をのせたりしてオープンサンドにして食べます。

a0333321_03195790.jpg
いつか自分でも作ってみたいなーと思っていたところ、雑誌でいい感じのレシピを見かけましたので、挑戦してみることに。
以下、覚え書き代わりのレシピ。これで12個焼けました。

*スターター
 50gの強力粉、2gのドライイースト、50mlの牛乳を混ぜて冷蔵庫へ。12時間以上前にこのスターターは作っておくこと。

250mlの牛乳を人肌に温め、8gのドライイーストを混ぜておく。
牛乳が泡立ってきたら、前述のスターター、30gの溶かしバターとともに400gの強力粉、6gのお塩、10gのお砂糖を混ぜたものにゆっくり流し入れる。
こねる。手にくっつかなくなるまで15分くらいひたすらこねる。
一次発酵。寒いロンドンですので、30度程度に温めたオーブンに濡れ布巾をかぶせて1時間ほど放置。うまく膨らみました。
ガス抜きをして、またこねてから2-3cmの厚さに広げてセルクルで丸く切り抜きます。
で、ベンチタイム30分。

a0333321_03195738.jpg
まだまだ膨らみます。

そのあと、バターをひいたフライパンに乗せてこんがり焼くだけ。フライパンなんですよ!お手軽!
a0333321_03195668.jpg
どう見ても焼いてる風景がおやき。こんなので大丈夫なのかしら〜と思っていたら、意外にふっくらしっとりいけた。
あまりにも良い匂いだったので、焼けたてを二つに切って、バターを落として食べてみる。

a0333321_03195682.jpg
外はカリッとしていて、中はしっとりもちもち。旦那君、これは正解かもしれませんよ!

「人生で食べた中で一番美味しいかも」

って真顔で言われた。またもう、口が上手いんだからーと思って私もかじったら、あれ、これはめっちゃ美味しい。

a0333321_03195788.jpg
2個目はハムと目玉焼きを乗せて。
ふかふかの生地と卵の黄身が絶妙に絡まって、あ、早起きしてこれ焼いてよかったー。

12個できたので8個は冷凍庫へ。これでしばらくは楽しめます。
ちょうどマフィンをフライパンで焼いてるところで、義理の実家からSkypeコールがかかりました。
AKOさんなにやってるのー言われたので、あ、イングリッシュマフィンを焼いてるところです、と説明してみる。
どうもこれ、ロンドン暮らしが長かった義母の大好物でもあるらしい。今度遊びに行った時に作る約束をしました。
もうちょっと練習しなきゃだな……!

[PR]
by akokv | 2017-02-06 04:06 | 料理 | Comments(6)