タグ:ロンドン ( 53 ) タグの人気記事

レタスでくるりん、麻婆ナス。

快晴のロンドン。風が多少強いのですが、最近は天気がいい日が続いています。
ビールが美味しい季節になってきたよね、ということで旦那くんが大好きなビールのつまみ、麻婆ナス。
先日、旦那くんが誕生日だったので今週は甘やかし週間なのです。彼が好きなものを積極的に作ってます。

a0333321_04561912.jpg
四川山椒は私の好物。たっぷりすりつぶして最初と最後に加えます。この舌がしびれる辛さがくせになるのよねぇ。
にんにく、生姜のみじん切り、乾燥唐辛子を油でしっかり炒めてから玉ねぎをたっぷり。
玉ねぎが炒まったらお肉を入れて、さらに別のフライパンで揚げ焼きしておいたナスの油を切ってから加えます。
全部に火が通ったら、トウチジャン、豆板醤、オイスターソースなどなどの中華調味料で味付けして、味が馴染んだら水でといた片栗粉を入れて出来上がり。

ナスだと豆腐よりちょっと油っこくなってしまうのが難点なのですが、美味しいからたまにはこれで!

a0333321_04562023.jpg
あとは茹でたオクラの柚子胡椒と出汁につけたもの、これは切っただけのきゅうりとトマト。たっぷりと添えたレタスはおかわり自由。
なぜなら……。

a0333321_04562056.jpg
相変わらず夕食にお米は出さないので、レタスに巻いて麻婆ナスは食べるようにしました。
レタスって意外にお腹が膨れるので、麻婆ナスもそんなに量を食べなくてもお腹いっぱいに。

野菜たっぷりでヘルシーな食卓となりました。

あ、ビール出すの忘れてたわ。




[PR]
by akokv | 2017-06-16 06:45 | 料理 | Comments(0)

ロンドン・カンデンマーケットでチーズ三昧

更新がひさびさになりました。
ニューヨークに旅行に行ったり、その後に休みのツケを払うべく夜遅くまで働いたり、また旦那くんが出張でいないので食事を作る機会を逃したりでご無沙汰しておりました。
久しぶりに何の予定もない日曜日。
掃除して、洗濯して、晴れてるからお昼は何か外で食べましょうかーという話になりました。

a0333321_05175809.jpg
今日はTシャツで出かけてもいいくらいの陽気。食べ物といえば何でも揃ってる、カムデン・マーケットに向かいます。
実はここに最近The Cheese Barというタパス式のレストランができていて、そこで振る舞うものは何でもチーズたっぷり、というチーズ好きの二人にはたまらないメニューが提供されてるらしいのです。
屋台村で有名な南ロンドンのモルトビーストリートマーケットにグリル・チーズサンドイッチを提供することで有名なチーズ・トラックという屋台があるのですが、それがついにレストランを開いた!ということで割と話題になっていたのです。が、オープンしたては混むだろなと思って様子見してました。時は熟した。

a0333321_05175725.jpg
やっぱ混んではいたのですが、30分くらいまったら入れる感じ。混んでいても席が空いたらケータイに連絡をくれるシステムをとっているので、まってる間も周りのアンティークのお店などを冷やかせるのでいい感じです。
さて、お店の中はカウンターと長テーブルがどどーんと置いてあり、若いお兄さんたちがテキパキと働いてます。マニアックなチーズもメニューに乗ってますが、壁にお店で使っているチーズ一覧がどーんと貼ってあって、それを読めば何とかなるようになってる。これ、おしゃれだし便利だな。

a0333321_05175753.jpg
まず頼んだのは揚げモッツァレラのトマトソース。この細長いのがモッツァレラです。

a0333321_05175620.jpg
こんな感じでみょーんと伸びます。トマトとモッツァレラって何でこんなに相性がいいのかしら。サックサクの衣もいい感じです。これでビール飲めればいいんだろうけど、最近ダイエットのために完全に白砂糖とアルコールを断つ生活をしてるので、お水で流し込みました。ウーーー。

a0333321_05175629.jpg
次に頼んだのはチェダーチーズのグリル・サンドイッチと、4種類のチーズ&パスタ。
a0333321_05175728.jpg
グラタンのような焼きパスタなのですが、チーズがこれでもか、と乗ってます。この時点で結構お腹いっぱい。でもサンドイッチも半分食べました。
サックサクのトーストにチェダーチーズがしっかり染み込み、甘い玉ねぎがしょっぱいチーズを緩和して本当に美味しい!
どれもこれも大変に美味しい。一皿7ポンドぐらいで割とお手頃なので、大勢でいって少しずついろんなものを食べるってのがいいスタイルなのかと思います。

ちなみにこの3品を食べてだけで夕食は抜きました。ものすごい胃にたまるので、旅行で行く方は夕食の予定も考えてお気をつけて……。



[PR]
by akokv | 2017-05-15 05:38 | ロンドン生活 | Comments(0)

イースターの定番、ジゴ・ダニョー(ラムレッグのロースト)

さて、今週末はイースターで金曜日から月曜日までおやすみ、という長い週末でございました。
イースター時分は天候もよくなってくるので、友人とカフェの外席でお茶したり、ランニングシューズを買い替えに出かけたりと割とアクティブに過ごしたのですが。私にとってただの長い休みであるイースター、旦那君にとっては「羊とチョコレートを食べる祭り」な訳です(ちょっと違うけど)。

食に関するイベントには興味津々なので、聞いてみました。イースターには何が食べたいんですが。

旦「ジゴダニョー。あとフラジョレのクリーム煮」

は?
何それ?

と、心の中で思っても顔には出しません。そうね、ジゴダニョーね、了解よ、と言った上で、義母に素早く電話をします。

「お義母さん、ジゴダニョーってなんですか」

AKOさん、それ、英語だとLamb legよ、ハーブやオイルを刷り込んでオーブンで焼くのよ。オーブンに放り込んでおけば良いから楽よ。何人お客様およびするの?オーブンフル回転すれば4本はいけるわよ。
(うちの義母はお客様を呼ぶ時はマジで二桁の人数を日常にこなすので、ちょっとお肉の大きさのスケールが違う。いえ、10kgも焼きません、お客様も一人だけです)

ちなみにフラジョレは白いんげんを若いうちに摘み取った若い豆の事だそうです。白いんげんの枝豆版、みたいな。若いのでもちっとした食感が大変美味しいのだそうだ。
スーパーに行けば売ってるわよ、と言われてまたまたーと思ったら普通に缶入りのが売ってた。これを煮ればいいのね。了解。

じゃ、初めてですがラムレッグをローストしてみましょう。

イギリスのスーパーに行くとこういう羊の脚がどどんと売ってます。これで2Kg弱、16ポンド。2,000円くらいでしょうか。

a0333321_06540829.jpg
で、これの下処理をします。グロい写真ですみません。

a0333321_06540929.jpg
脚の部分に肉を切り取り骨をだし、薄い脂肪の層をシャープなナイフを使って地味に剥ぎ取っていきます。
これをしないと匂いが強くて食べられないんだ。
私はそもそもラム肉が苦手なので、この作業中の匂いだけでも結構しんどいのです。でもやるよー。

a0333321_06540936.jpg
できました。
タコ糸で縛って、ぶすぶすとナイフで穴を開けた後、塩、コショウ、ディジョンマスタード、オリーブオイル、ローズマリーを同量で合わせたペーストを上に塗りたくり、ラップを巻いて冷蔵庫で5時間ほど寝かせます。

ここまでが朝の作業。
この後家の掃除をしたり、買い物に行ったりしている間にすっかり夕食の時間になりました。
ラム脚は約1時間ほど前に冷蔵庫から出し、室温に戻しておきます。
それから200度で10分、160度で1時間、アルミホイルに包んで20分おきました。
その間に旦那君の友人のフランス人がやってきます。お、適当に飲んでおいて〜。

a0333321_06541004.jpg
焼き上がりはこんな感じ。
割と焦げすぎることもなく、いい感じに上がりました。
ここからは旦那君にバトンタッチ。肉を切り分けるのは男の仕事です。

a0333321_06541087.jpg
いい感じのロゼに焼けていました!
フランス人たちが「合格。でもイギリス人を招待するなら後15分は焼かないとダメ」という、赤めのロゼ。
(イギリス人はとことん肉を焼きたがります)


a0333321_04534567.jpg
フラジョレはニンニクとクリームでいい感じに煮上がりました。クリームもほんのり黄色に色づくのもいい感じ。
焼いている間に出た肉汁とはちみつ、赤ワイン、お醤油を煮込んで作ったグレービーソースもおいしかったです。

初めて作る料理で、お客様がいると大変に緊張するのですが、今後は気軽にレムレッグをローストして行くことにしよう。

a0333321_06540916.jpg
デザートはストロベリーとフランボワーズをライム果汁で和えた赤いフルーツのサラダにバニラアイスを落として食べました。
風味の強いラムの後にさっぱり。

これでイースターのおやすみも終わり、また明日から日常に戻ります。


[PR]
by akokv | 2017-04-18 07:19 | ロンドン生活 | Comments(4)

春に浮かれてベーグルを焼く。

ロンドン、驚きの26度。
突然、この日曜日、気温が上がりました。起きて窓を開けて、あまりの暖かさにびっくり。
こんなことめったにないんだから、これは楽しまなくては!
近所に住む友達に電話して、テラス席のあるカフェで朝ごはん。そのあとのんびり公園を散歩して、帰りにロゼワインを買って帰ってきました。
もう完全に春に浮かれてるんだけど、いいのさ!

a0333321_00404655.jpg
いちごをつまみに、ロゼワインを傾ける。嗚呼、春。

で、飲んでばっかりもいられないので、旦那君の今週の朝ごはんを作り置き。
前々から焼いてみたかったベーグルを焼いてみます。これだけ温かければ発酵も無事に進むはず。

a0333321_00404541.jpg

参考にしたのはBBCのこのレシピ。準備時間30分、焼き時間30分でさっくりできちゃうというところが魅力。
ベーグルを下ゆでするときのお湯にはハチミツが無かったのでお砂糖を入れてみました。
造形するときにあまりにも手馴れていないので大きさはバラバラ、表面はしわしわ。。。。
いけるやろ、と思って適当に焼いてみたら、うーん、やっぱりダメでした。
味は美味しいのですが、表面のつるっとした感じが出ませんでした。パン作りは丁寧に丁寧にしないとダメね。

a0333321_00404522.jpg
食感はもちもちと意外に美味しかったので、今後はもう少し丁寧に仕事をしてみようと思います。
パン作りは奥が深い。

[PR]
by akokv | 2017-04-10 00:53 | 料理 | Comments(0)

ロンドンの桜?

ロンドン、ようやく暖かくなってきました。近所のアーモンドやリンゴの木も花盛りです。

3月の期末が鬼のように忙しく、4月入ってすぐにまた大きな会議だらけで、自分の力量でこの仕事をこなしていけるのだろうか、と不安になる日が続いていたのですが、周りの支えもあって、なんとか乗り切ることができました。
いい同僚といい上司に恵まれたのは、外国で働く、というすでに小心者の私にしてはハードルが高い環境の中で、本当にありがたいことだと思います。

仕事に一息ついて、上司が力尽きて有給をとった今日、私も気分てきにゆったり。ちょっと早めに仕事を終えてお散歩。
気分の良い青空が、疲れて気が抜けた心にしみます。ああ、春はいつの間にか来ていたんだな。
a0333321_06471954.jpg
a0333321_06472014.jpg
家の近くで咲いている、この不思議な桜のような白い花。
ロンドンでは結構よく見かけるのですが、何でしょうね?小さい八重桜みたいなの。

気温が17度ま近くまで上がったので、お気に入りのジェラート屋さんでアイスクリーム。
季節の味はホワイトピーチ味とヨーグルトベリー味、でした。

a0333321_06472095.jpg

家に帰りがてら、マーケットからイチゴの箱を買って帰る。
まだちょっと酸っぱいね、と旦那くんと顔をしかめたけれども、でもそれでも、春は真っ盛り。

a0333321_06472197.jpg

[PR]
by akokv | 2017-04-08 07:06 | ロンドン生活 | Comments(2)

世界一のパンケーキを食べに ー Granger&co.

東京でも何年か前に流行りましたね、ビルのふわふわリコッタパンケーキ。
ほろほろの口どけになるように生地にリコッタチーズを練り込み、ハニコムバター

その発案者であるビル・グレンジャー氏のレストランがロンドンにもあります。
いつも長蛇の列だというので行ったことはなかったのですが、今朝は朝はやくからノッティングヒルにお使いを頼まれていた関係で朝早く家を出たので、じゃ、ついでに、と「グレンジャー&Co」に行ってみました。
8時半にレストランに着いたのですが、運良くテーブルが1卓空いていて、並ばずに入れました。店内は所狭しとテーブルが並んでいますが、いかんせんお店自体が大変に小さい。でも窓は大きく非常に気持ちはいい。
a0333321_06305522.jpg
スタッフの応対もテキパキしていて気持ちがいいのです。さて、ここにきたからにはパンケーキを頼みたいところだけど、一応メニューは精読するよ。

a0333321_06305514.jpg
左上のメタルのペッパーミルがめっちゃかっこ良くて思わず写真を撮ってみた。
帰ってからにたものを探したけど50ポンドもしたんですけど。え、これってそんなに高いの?!?!

ともあれ、ふわふわのスクランブルエッグやあまりにも美味しそうなマフィンの誘惑を受けつつ、代表選手である「バナナとリコッタパンケーキ」を旦那くんも私もオーダー。リコッタパンケーキは自分の家でも作ったことがあったけれど、外で食べるのは初めて。


a0333321_06305520.jpg
ただーん。
これがリコッタパンケーキです。ふわふわのパンケーキが三枚、バナナが丸っと一本。そしてメープルシロップ。
なかなかに厚みがある生地はナイフが入らないふわふわ加減。
メープルシロップをダラーとかけていただきます。

a0333321_06305451.jpg
甘くなくチーズのコクが溢れる生地と甘じょっぱいハニコムバターのマリアージュ。
一口食べて、思わず旦那くんと無言で目を合わせてしまいました。
なにこれ。
今まだに食べたことがない美味しさ。息もつかずに食べてしまう。
そしてさらっと添えられたバナナの味が濃いこと!これは上等なバナナだな、君。

こりゃ並んででもみんなが食べにくるわけだ。私もすっかり虜になりました。
こういうハイカロリーなもんはやっぱりたまに外に食べに行くほうがいい。
この後おつかいを済ませ、7kmの道のりを歩いて帰りました。

[PR]
by akokv | 2017-03-19 06:52 | ロンドン生活 | Comments(0)

パン・ド・カンパーニュを焼いてみた話。

先日からイングリッシュマフィンを焼きまくっており、イーストを使うことに抵抗がなくなってまいりました。
じゃ、簡単なパンでも焼いてみましょうかねー。

旦那「パン・ド・カンパーニュは初心者向けだと聞きますよ」

そうなの?外はパリパリ、中はふわふわのカンパーニュは私の大好きなパンの一つではあるのだけれども。
初心者向けのレシピが豊富なMarmitonにてレシピを拾ってまいりましたが、そもそも「乾燥イースト1袋」って書いてあってg数表記じゃない。旦那君に聞いたら普通は8g入りだけどねーと言われました。本当?Google先生は11g言ってるよ。
困ったなと思ってあちこちのレシピを見てみたけれども、なんとなくピンとくるものもなく、結局Marmitonのものを使うことに。

強力粉 250g
塩 カフェスプーンに1/2杯
乾燥イースト 7g
ぬるま湯 170ml

材料を混ぜてぐるぐるねって、二回発酵させるだけ。
ところが1回目の発酵を発酵させすぎて、生地がデロデロになってしまいました。膨らませすぎるとダメですね、生地がスライムのようになってしまって、もうどうにも
なんとか形を整えて二回発酵を終わらせてみたものの、全く高さがない感じに。
ええいままよ、と焼いてみました。焼き色は綺麗に出たものの、なんだか平べったくなってしまった。
a0333321_05564470.jpg
あと安物の小麦粉を使ったからか、なんだか味が薄い。うーん、全粒ことかやっぱ混ぜたほうがいいのかな。
それでも美味しいよ、と言ってくれるのは旦那君が優しいからです。

a0333321_05565389.jpg
その日の夜は2種類のチーズとハムを乗せたオープンサンドを作ってみました。
自分で焼くと愛着がわくのか、美味しい気がする。
でもなんかものすごい硬いんだけど。
サンドイッチの残りはフレンチトーストかクルトンにして消費するつもり。
つまるところ、失敗しました。てへへ。
パンって本当に奥が深いですよね。

次回は一次発酵の時間に気をつけつつ、美味しい小麦粉を探しつつ、また焼いてみたいと思います。
はまりそうな予感がする、パン焼き。。。。

[PR]
by akokv | 2017-03-17 06:25 | 料理 | Comments(4)

春を待つミモザサラダ

小さい頃、母が持っている料理本を読むのが大好きでした。
特にフランス料理大辞典、みたいなものは見たことも聞いたこともない食材をふんだんに使っていて、読むたびにワクワクしたものです。

その中で特に覚えているのが”ミモザサラダ”でした。
茹でたまごを裏ごしして”ミモザの花”に見立てて、という説明と料理の写真があったのですが、田舎育ちゆえ、ミモザサラダなんて見たことないわけです。
それでも、鮮やかでふわふわの卵が乗ったサラダのヴィジュアルは今でも鮮明に覚えています。

時は流れてミモザを初めて見たのはおそらく10年ほど前、フランスにいるときだったと思います。
けぶるように咲く大量の小さな花に圧倒されました。それ以来、春の訪れを告げるミモザは私のお気にいりの花です。

南仏の実家の周りには野生のミモザが群生しています。
いいな、と言っていたら義父が写真を送ってきてくれました。

a0333321_05511598.jpg
実家に続く道が延々と向こうまで黄色くふちどられいるのがお分かりでしょうか。
羨ましいな、ロンドンはあまりミモザがないんだ、と思っていたら、ごくごく近所にでっかいミモザの樹が。
ミモザの樹って花をつけるまでミモザって気づかなかったりするのよね。

a0333321_05511436.jpg
まだまだ風は冷たいロンドンですが、ミモザの花を見ると、春が来たなと心が躍ります。
夕食は当然のようにミモザサラダ。
a0333321_05511494.jpg
たっぷりのグリーンサラダを用意してから、固ゆでに茹でた卵を茶こしで潰してミモザの花をふんわりと。
食卓も少しずつ春模様。


[PR]
by akokv | 2017-03-15 06:05 | 料理 | Comments(2)

ひとりご飯、あんかけうどん

旦那君が出張でドイツに行くというので、今夜はひとりご飯です。
やったー、デパ地下で好きなもの買って家でのんびりだらだらしよう、と思っていたらまんまと風邪引きました。
罰が当たったのか。
というわけでデパ地下でインド料理を買う予定を諦め、家に帰ってあんかけうどん作りました。

さて、家にあった白菜と椎茸……は高いので激安のマッシュルーム。ゆで海老を買ってきて濃いめの出汁で煮て、片栗粉……はないのでコーンスターチでとろみをつけて。
実家から持ってかえってきた五島うどんを茹でて、上に餡をかけて出来上がり。普通の七味と黒七味、少しずつかけながら食べていきます。
a0333321_06313426.jpg
おうどんとお蕎麦とか、好きなのですが、おつゆがたっぷりのものはどうしても食べるときに音がしてしまうものだと旦那君が嫌がるので、割と食べないのです。でも体が弱った時にはどうしてもお出汁をたっぷりはったものが食べたくなるものですね。ほっとします。
私の体の半分はアゴ出汁でできてると思う。
ちなみに旦那君が具合が悪い時は、温かい炊きたてのご飯が食べたいとねだられます。ホカホカの湯気が喉に当たっていい感じだそうです。
日本だとおかゆ食べるけど、フランスだとそういうものはないの?と聞いたところ、グロッグ(ラムのホットカクテル)とか野菜のスープかなーと言われました。
そういえば以前トルコ人の友人は風邪の時はマッシュポテトを食べるって言ってたな。世界各国が違って面白いですね。

あとはお風呂に入って、体温めて、葛根湯を飲んで眠ります。
こちらの風邪薬は強すぎるのか、毎回胸焼けがしちゃうので、日本に帰った時に葛根湯をいっぱい買って帰ってきてます。



[PR]
by akokv | 2017-02-17 06:53 | 料理 | Comments(4)

新年快楽!旧正月にちなんでお家で餃子

今週の土曜日は旧正月でしたね。土曜日に中華街近くで用事があったので何気なく歩いていたら、爆竹や獅子舞が賑やかでした。
で、Facebookなどのソーシャルツールも中華系の友人たちのご馳走の写真ばかり。いいなぁ。
じゃ、私も餃子つくろうかな。でも皮から作るのも面倒だなぁー、というわけで皮は日系のスーパーから買ってきちゃいました。

我が家の餃子は、前年も書いたと思うけど、父の中国人の友人から教えて貰った具で作ります。
豚肉に炒り卵と干しエビが入るもの。あとはたっぷりのネギ!
あとは私が白菜の餃子が好きなので、キャベツの代わりに白菜がたっぷり入ってます。
詳しい内容は昨年のブログに。

今回は24枚入りの餃子の皮を買ってきました。
旦那君にも包むのを手伝ってもらったのだけど、どうしてもひだを作るのが苦手でラビオリみたいになってた。
これじゃフライパンに立たないから焼きづらい!でも文句を言えない!旦那君はこの手の作業が苦手なのです。でも黙って手伝ってくれたから文句なんて言わないよ。ありがとう。

旦那君が8時からサッカーを観る、というので、じゃ餃子とビールでどうだ、とそれに合わせて焼きました。
羽根つきにしたのはあまりに久しぶりに焼き餃子を作ってテンションが上がったからです。片栗粉を溶かしたお水を入れると簡単にできるのですね。初挑戦。
a0333321_05521939.jpg
外の皮はさっくさく、中はジューシーな仕上がりに。

a0333321_05521829.jpg
私はお酢とラー油を合わせて食べます。旦那君はラー油のみで食べていました。
半分は冷凍したので、仕事が遅くなった時のためにとっておこう。
久々の餃子、大変満足でした。
あ、中国では焼き餃子は一般的ではないっていうのは一応旦那君に言っておきました。





[PR]
by akokv | 2017-01-30 06:06 | 料理 | Comments(4)