タグ:ブランチ ( 2 ) タグの人気記事

ホットビスケットのブランチと塩鮭おかゆ。

アメリカ出張から帰ってきた旦那くんが、アメリカのビスケットが美味しくってね、という話をしてました。
ビスケット?どういうの?普通のクッキーみたいなのはあなた食べないでしょ、と話を聞いてみると、どうもあのケンタッキーのホットビスケットみたいなのを食べたらしい。
あー、あの層になってるサクサクのやつね。そういや作ったことないわ。

強力粉、薄力粉を100gずつ混ぜたものに重曹を3g、塩をひとつまみ、お砂糖を20g入れてぐるぐる混ぜます。
牛乳100mlとオリーブオイルを60-70mlくらい入れて適当に混ぜ、生地を伸ばして重ねる、というのを繰り返します。
層ができてきたら適当にセルクルで切り抜き、オーブンで15分。

a0333321_19420601.jpg
これが意外に美味しく出来上がりました。バターとメープルシロップをかけて食べるとアメリカンな気分。
特に今回はアメリカで買ってきたこの超強力なベーキングソーダを使ったのでさらにアメリカン。
3gでもちょっと舌にチリチリと重曹の香りが残るくらいなんだけど、どんだけ強力なんだ。。。ていうかこれ今後どうやって使おう。
a0333321_19420838.jpg
アメリカ人の同僚に、マフィンやビスケットなどアメリカのお菓子を焼くときはアメリカ産のベーキングソーダ使わないとやっぱダメなのよーと言われたので先日NYに旅行した時に買ってきてみたやつなのです。
マフィン、焼いてみようかなー。

あ、ちなみに今日の朝ごはんは旦那くんはホットビスケットでしたが私はおかゆに昨晩の残りのシャケの塩焼きでした。
熱めの煎茶入れて。

国際結婚すると食卓がたまーにものすごい状態になる。


[PR]
by akokv | 2017-07-02 19:58 | 料理 | Comments(0)

三連休のブランチはカルダモンロールで。



a0333321_04175612.jpg
以前、スウェーデン人の友人の家にブランチにお邪魔した時に、めちゃくちゃ美味しいシナモンロールとカルダモンロールをご馳走になりました。
シナモンロールはもともと好きだったのですが、このカルダモンロールにもうノックアウト。
カルダモンの豊かな香りが噛むごとに立ち上ってきて、もともとカルダモン大好きな私にとって夢の一品でした。
コヴェントガーデンの近くにスウェーデン風ベーカリーがあるよ、と教えてもらってから何度かそこで買って食べたのですが……。
いかんせん、大きい。そして、めちゃくちゃ甘くてバターがきつい。
ブランチに一つ食べると夕食までいらない感じ。なもんで、しばらく遠ざかっていました。

でもカルダモンの魅惑の香りは忘れがたく、それならもう自分で作っちゃうしかないかなーと。
バターと砂糖の量を抑えて、形も小さいものが作りたい。

a0333321_04175613.jpg
材料です。

300gの強力粉
3.5gのドライイースト
3gの塩
30gの砂糖
200gのホットミルク
すりつぶしたカルダモンパウダーをカレースプーン一杯

以上を一つのボールに入れてよーくこねて、手につかなくなってきたら20gのバターを入れてさらによく練ります。
30度に設定したオーブンに入れて一次発酵を30分。ガスを抜いて少し寝かせてから、成形します。
成形の仕方は文章で書くのは難しいので、スウェーデンのシェフのビデオをこちら でご覧ください。
長方形に織り込むときに、さらにカルダモンパウダーと少量の砂糖を加えています。
a0333321_04175462.jpg
ちなみに旦那くんがカルダモンが嫌いなので、カルダモン抜きのカルダモンロールも作りました。サイズが大きいのは旦那くん用です。
二次発酵は25分。その後、卵を塗ってから170度で20分焼きました。
a0333321_04175598.jpg
パンを焼くときの匂いって殺人的にいいじゃないですか。
でもそれにカルダモンと砂糖の香りも加わるのだから、なんだかもう脳内麻薬が出る様な匂いがします。

それにしてもスウェーデン、行ってみたいなー。本場のカルダモンロールを食べてみたい。
ロンドンから1時間半くらいで行けるんだから、それこそひょいっと行けそうな気がするのですがなかなかチャンスがなくて。
今年の夏こそ行こうね、なんていいつつ、今年もいかない気配。。。



[PR]
by akokv | 2017-05-29 04:53 | 料理 | Comments(0)