タグ:チーズ ( 3 ) タグの人気記事

仕事中につき、手抜き。

5月の後半からやたら忙しいというかストレスがたまる仕事ばかり降ってきました。
わりとヤヤコシイことになってる案件を、「解決しといて」って感じでぽんと渡される。
え、私ここからこのプロジェクト引き継ぐんですか、めんどくさ!と日本語でつぶやいて、英語では「締め切りまでには合わせますよー!(にっこり)」と対応しちゃう。こんなんだから面倒な仕事しかこないんだわ。ええ、私、ノーと言えない日本人です。

家に持ち帰って仕事をすることが多くなったので、自然、料理もおざなりになりがち。
a0333321_05374641.jpg
究極のおざなり。チーズとハム。これなら仕事しながらでも食べられます
旦那くんも仕事しながら食べる上、ハムとチーズさえあれば文句のでないフランス人なので本当助かるわ。

コンテ、サンマルセラン、ペコリーノロマーノという、「スーパーで手当たり次第に買った」チーズセレクション。
あとはパルマハムとミニトマト、マスカットに細く切ったズッキーニ。
くるみパンだけは最近オープンしたパリが誇るベーカリー、エリックカイザーできちんと買ってきました。ちゃんとパリのお店と同じ味がする!

本日の気づきは以下のとおりです。
◉ ズッキーニは生できゅうりみたいにぽりぽりたべれると思ったら大間違い。めちゃまずかった。
◉ ペコリーノロマーノはそのままつまむには塩辛すぎ。こりゃパスタかリゾットで消費しなきゃ。パルメジャーノの親戚と思ってたら全然別物だった。

で、たべながら、旦那くんとパソコン並べて仲良くお仕事。
家に仕事を持ちかえるのは極力避けるようにしてるけど、旦那くんと仕事をすると、業種は違えどわからないことを聞きあったり、新しい視点での意見をもらえたりと結構楽しい。

あーでも今日のこのセレクションにはワインいるでしょー。
仕事しながらだと夕食で飲めないのが辛いわー……。


[PR]
by akokv | 2017-06-06 05:54 | 料理 | Comments(0)

ロンドン・カンデンマーケットでチーズ三昧

更新がひさびさになりました。
ニューヨークに旅行に行ったり、その後に休みのツケを払うべく夜遅くまで働いたり、また旦那くんが出張でいないので食事を作る機会を逃したりでご無沙汰しておりました。
久しぶりに何の予定もない日曜日。
掃除して、洗濯して、晴れてるからお昼は何か外で食べましょうかーという話になりました。

a0333321_05175809.jpg
今日はTシャツで出かけてもいいくらいの陽気。食べ物といえば何でも揃ってる、カムデン・マーケットに向かいます。
実はここに最近The Cheese Barというタパス式のレストランができていて、そこで振る舞うものは何でもチーズたっぷり、というチーズ好きの二人にはたまらないメニューが提供されてるらしいのです。
屋台村で有名な南ロンドンのモルトビーストリートマーケットにグリル・チーズサンドイッチを提供することで有名なチーズ・トラックという屋台があるのですが、それがついにレストランを開いた!ということで割と話題になっていたのです。が、オープンしたては混むだろなと思って様子見してました。時は熟した。

a0333321_05175725.jpg
やっぱ混んではいたのですが、30分くらいまったら入れる感じ。混んでいても席が空いたらケータイに連絡をくれるシステムをとっているので、まってる間も周りのアンティークのお店などを冷やかせるのでいい感じです。
さて、お店の中はカウンターと長テーブルがどどーんと置いてあり、若いお兄さんたちがテキパキと働いてます。マニアックなチーズもメニューに乗ってますが、壁にお店で使っているチーズ一覧がどーんと貼ってあって、それを読めば何とかなるようになってる。これ、おしゃれだし便利だな。

a0333321_05175753.jpg
まず頼んだのは揚げモッツァレラのトマトソース。この細長いのがモッツァレラです。

a0333321_05175620.jpg
こんな感じでみょーんと伸びます。トマトとモッツァレラって何でこんなに相性がいいのかしら。サックサクの衣もいい感じです。これでビール飲めればいいんだろうけど、最近ダイエットのために完全に白砂糖とアルコールを断つ生活をしてるので、お水で流し込みました。ウーーー。

a0333321_05175629.jpg
次に頼んだのはチェダーチーズのグリル・サンドイッチと、4種類のチーズ&パスタ。
a0333321_05175728.jpg
グラタンのような焼きパスタなのですが、チーズがこれでもか、と乗ってます。この時点で結構お腹いっぱい。でもサンドイッチも半分食べました。
サックサクのトーストにチェダーチーズがしっかり染み込み、甘い玉ねぎがしょっぱいチーズを緩和して本当に美味しい!
どれもこれも大変に美味しい。一皿7ポンドぐらいで割とお手頃なので、大勢でいって少しずついろんなものを食べるってのがいいスタイルなのかと思います。

ちなみにこの3品を食べてだけで夕食は抜きました。ものすごい胃にたまるので、旅行で行く方は夕食の予定も考えてお気をつけて……。



[PR]
by akokv | 2017-05-15 05:38 | ロンドン生活 | Comments(0)

ピクニックに持っていきたい!3種のイギリスチーズのタルト

バターを使わず、寝かせもしないタルト生地の作り方を知ってから、タルト作りにはまっていました。

でも家にはキッシュ型しかなく、それを使って生地をさっくさくに焼き上げるのはちょっと厳しいなー、タルト型が欲しいなーと散々言っていたら、やってきました。
旦那君が1週間近くリサーチして選び抜いたタルト型が、amazonにて。やった!早速使おう。
a0333321_07200810.jpg
せっかくなので、3種類のチーズを使ってチーズタルトを焼いてみます。オリジナルのレシピはこちら。
使うのはチェダー、レッド・レスター、チェシャーチーズというイギリスを代表するチーズを使います。
が、チェダー以外は日本では見つけづらいので、レッド・レスターはミモレット、チェシャーチーズはフェタチーズで代用してもいいかと思います。

オリジナルのレシピはバターを使うレシピですが、相変わらず我が家では使わないレシピなので、サクッとレシピ載せておきます。

レッドレスターチーズをおろしたもの50gと強力粉60g、薄力粉140g、BP2g、塩ひとつまみをよく混ぜます。
そこに牛乳60gとオリーブオイル75gをよく混ぜたものを加え、混ぜます。
生地がまとまったら伸ばしてタルト型に敷き詰め、下焼きを180度で15分。

白玉ねぎ1個を薄くくし切りにしてニンニクひとかけとともにオリーブオイルで炒めておき、きつね色になったところで冷ましておきます。
ボールにクリーム150ml、全卵2個、ヨーグルトをカレースプーン2杯、塩、胡椒、デジョンマスタードをカレースプーン1杯をまぜておき、すりおろしたチェダーチーズ75gとキューブ状に刻んだチェシャーチーズ、たっぷりの刻んだアサツキをさらに合わせます。
下焼きの終わったタルト型に玉ねぎを敷き、上記のタルト液をどどっと入れて。180度で25分焼いたら出来上がり。

a0333321_07200954.jpg
穴がサイドに開いたタルト型はタルトが恐ろしい勢いでさっくさくに焼きあがります。
チョコレートメーカーのヴァローナとフランスの奥様がたご愛用のブランド、de Buyerの共同開発商品だそうです。
a0333321_07200937.jpg
下にはルクエのベーキングシート。これも旦那君が独身時代から使っていた愛用品です。
ちなみにタルトの下焼きに使うベイクドビーンズも旦那君の愛用品です。
料理は道具から揃えるタイプの人なので、やたらいいものを持っており、キッチンを預かる身としてはありがたい事この上ない。

a0333321_07200904.jpg
チーズが入った生地はサクサクと香ばしく、アサツキの香りと2種類のチーズが濃厚な美味しいタルトが出来上がりました。
冷めても割と美味しく、これは今後ピクニックなどに持っていくのも良さそうな。とはいえロンドンはまだまだ寒いのですが。
春が楽しみになるレシピが出来上がりました。

次は長方形のタルト型が欲しいなー旦那くーん。



[PR]
by akokv | 2017-02-28 08:08 | 料理 | Comments(4)