SOHOの美味しいショコラティエ

クリスマスと正月でがっつり太ったので、ダイエットのために土日は3−5時間の散歩をすることにしています。
が、そこで本当に困るのが街のお菓子屋さんの誘惑!!!

イタリアはローマにある老舗のショコラティエ、SAIDの目の前を通ったのが運の尽き……。
いつもはいっぱいの人でカウンターもごった返しているのに、空いていたのも運の尽き……。

ここはカフェ兼ショコラティエをやっておりまして、持ち帰りのケーキが充実しているのでいいのです。
カラフルなカップケーキ系のアングロサクソンな甘ったるいお菓子が苦手な人には受けると思います。
イタリアのマンマが作ってそうな(勝手に妄想)、チョコレートと洋梨のケーキとか、キャラメルのパイとか。
イタリア人が愛してやまないNuttellaのSAIDバージョン(ヘーゼルナッツとチョコのスプレッド)とかはもう意識が遠のく美味しさ。

お店もかわいいですし、カフェで一休みするもよし。ただいつも混んでいるので気をつけて。

http://said.it/
41 Broadwick St. London W1F 9QL
a0333321_09441067.jpg
a0333321_09441040.jpg


[PR]
# by akokv | 2015-01-19 09:45 | ロンドン生活 | Comments(0)

ロンドンの小さな春 (と、刺身定食)


a0333321_05280085.jpg

昨日まで雨が降っていたのに、ふと今日はお昼ごろから晴れてきました。
これを逃してはならぬと旦那を急かして公園へ。

まだまだ一桁台の気温ではありますが、公園の木々は少しずつ春の支度をしています。
梅の仲間であろう花々が咲きはじめたりしていて。
相変わらず4時くらいには暗くなるし、朝はどんよりとした空模様なことが多いイギリスですが、少しずつ長い冬が終わろうとしているのだな、と思えるのは素敵なことです。

a0333321_05280035.jpg

そこからコンランショップの本店のセールを覗いたり(念願の木製のプレートが激安で買えました!これは後日)、旦那の仕事用のシャツを買ったり。
足を伸して最大手(?)の日系スーパーマーケット、ジャパンセンターに行ってお刺身を買ってきたり。
冬になってどうしてもハマチが食べたくて手が震えていたので、100g 6.5ポンドという鬼のような値段に目をつむり買ってきました。
ちなみに旦那はマグロ好きなのでマグロも別途購入。こちらは 100g 5.3ポンド。
ジャパンセンター内の鮮魚カウンターは刺身のサクを買うときちんと刺身に切ってくれるのでありがたいのです。
私の文化包丁だとなかなか綺麗に刺身状に切れないのよねー。(ただ単に不器用ともいう)

今日の夕食。

キャベツ浅漬け
ごまたっぷりのにんじんのきんぴら
刺身盛り合わせ
ご飯。私は日本酒。


これで味噌汁があったらもう刺身定食だねーと言いながらの夕食。
キャベツの浅漬けはごま油、鶏ガラスープの素、超少量のお湯とお塩でタレをつくり、タッパーにキャベツをいれてシェイク。
30分も漬ければ箸休めにぴったりの一品に。
きんぴらは今回は砂糖を使わず、醤油、みりん、かつおの粉末出汁で炒めたもの。ゴマをたっぷり入れるのが好みです。
一回砂糖を入れると甘すぎると旦那に言われたので……私は九州の出身なので、味付けを甘くしがちなのですね。

ハマチにわさびをちょいと乗っけて口に含むと、そこは日本の冬、なのでした。
a0333321_05280140.jpg

a0333321_05415159.jpg


[PR]
# by akokv | 2015-01-18 19:32 | ロンドン生活 | Comments(0)

ロンドンでメキシカン。

昨日、ふと思い立ったらしく旦那がライムを5個も買ってきていました。
うちの旦那は滅多に自分で青果を買ってこないのですが、ライムを買ってきたということは……。

メキシカンターイム!!!!

ほぼほぼアルコールを嗜まない旦那なのですが、なぜか唯一飲むカクテルが、カイペリーニャ。
カイペリーニャ飲みたいんだったらメキシカン作らなきゃだね。
それならあたし手抜きできるんじゃない!?!?!?
ということでスーパーによって「タコスの素」と「トルティーヤの皮」を買ってきました。
肉を炒めてタコスの素をまぜ、レタスとトマトを切るだけで今日の夕食の準備は終わり!!

a0333321_05355344.jpg

あとはワカモレ。こいつは熟れ熟れのアボガドにクリームチーズを混ぜ、塩で味を整えたところに
トマトとエシャロットのみじん切りを入れただけ。やだ用意が10分で終わっちゃった。
タコミート用意したけど皮はタコス用じゃなくてトルティーヤ買っちゃったけど、気にしない!いろいろごめん!

とりあえずパッケージは捨てて、皮だけを「タコス用よ(ハート)」と旦那に出してみたらおいしいおいしいと食べていたのでもういいとします。

〜の素っていうのは大概割高なのでいつも買わないのですが、こればっかりはいいなと思いました。日本だと無印良品のタコスセットとかたまーに買っていましたけど。
カイペリーニャもおいしいよ旦那!ありがとう!(カクテルを用意するのは旦那の仕事です)

a0333321_05355330.jpg


旦那「たまにはメキシカンもいいね。でもカイペリーニャってブラジルのカクテルだけどね」


なぜ料理作る前に止めなかった夫よ……。

a0333321_05355397.jpg


[PR]
# by akokv | 2015-01-17 10:00 | Comments(0)

なんちゃってタジンとジェイミー・オリバー

ロンドンに住み始めるまで、私はこの人のことをイギリス人だと思っていました。
ジェイミー・オリバー。
ちょっと前までイケメンシェフで通っていたのですが、気がついたらいい感じの中年のおっさんになっていました。
私も年取るわけだわ。

とはいえジェイミーの料理は安く手軽に手に入る材料でぱぱっと作れる料理が多いので、疲れてる時には本当に助かります。
今日はその中からナスとラムのタジン風を作りました。レシピはこちらから。
どうでもいいけどすごい読みづらいレシピの書き方だと思うの。

ナスはレンジで7分間加熱する、というところから始まるこのレシピは15分もあれば余裕でできてしまうんじゃないでしょうか。
いつもは省くピスタチオのトッピングも今回はレシピに忠実に作りました。

ところが。

クスクスをお湯で戻すのに失敗して、気がついたときにはもやーんと膨らんだクスクスが鍋一杯できていたというハプニング。
慌ててザルにあけてお湯を捨てましたが、べちょっとした感じは復活せず。しかもクスクスを戻す時は常にひとつまみの塩を入れるのですが、入れ忘れました。
というわけで味のぼんやりとしたクスクスが完成。こんなんじゃモロッコにお嫁にいけないわ!!!

急遽、野菜の味付けを濃いめにして事なきは得ましたが、やっぱりクスクスの食感が悪いのだけはどうしようもなかったです。
みなさん、クスクスを戻す時は箱に書いているレシピに忠実にしたがいませう。

オリバー先生が上記のリンク先で書いてるクスクスとお湯の量は1対2っていうのが私のクスクスにはダメだったぜ……。


a0333321_05402468.jpg

[PR]
# by akokv | 2015-01-16 10:00 | 料理 | Comments(0)

一人酒と湯漬け

昨日から旦那が「友達と会うから夕食はいらないかもー」と言っていたので、今日は一人ご飯。
旦那はわりと自分の予定を教えてくれるし、急に飲みに行くことになっても「飲みに行く!」「今から帰る!」など
こまめに連絡をしてくれるのでこちらとしては非常に夕食の用意がしやすくて助かるのです。

冷蔵庫に何が残っていたかな、と思ったところで、昨年の秋に行った下鴨茶寮で食事をした時にいただいた佃煮を開けてないのを思い出しました。
っていうか日本酒の残りも半合くらいあったんじゃない!?!?


a0333321_05002837.jpg

というわけで、佃煮と出汁巻き卵で日本酒をあけることに。
出汁は友人からもらった茅乃舎さんの粉末だし。これがうまいんだー。
お米は土鍋で2合。蒸らすのを待っている間に一杯。


a0333321_05094169.jpg

ロンドンでも高いけれどもいろいろな日本酒が手に入るのですが、一番安定しておいしいのは獺祭と久保田だと思います。
手に入りやすいしね。

お米が炊けたところで、一杯は佃煮だけで食べ、二杯目は湯漬けに。
まったく塩辛くないのに旨味と山椒の静かな痺れが白いごはんにとてつもなくあう。
湯漬けでさらさらと食べていたら、仕事のストレスも溶けていきます。
いや、やっぱ、米って大事よねー。おいしいものを食べるとほっとするよねー。

旦那が「いつも僕がいないときばっかり美味しいもの食べて!」っていうけど、しかたないよねー。
帰ってお腹空いてたらチャーハン作ってあげる準備はしてるけど、夕飯食べて帰ってきてくれないかな(本音)



a0333321_05002832.jpg
a0333321_05002808.jpg





[PR]
# by akokv | 2015-01-15 08:51 | ロンドン生活 | Comments(0)