<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

二度美味しいレモンチキン。

金曜日、仕事帰りにいつものスーパーに寄ったら丸鷄が3ポンドでの大安売り。
日本円だと500円くらいですかね?
鳥のもも肉を買って照り焼きにでもしよっかな、と思っていたのですが、もも肉2枚入りが5ポンドで丸鷄が3ポンドだったので、まぁ丸鷄を買うよね。
先日こちらのブログを読んでいて作りたいなーと思っていたレモンを詰め込むローストチキンのレシピを作ることにしました。
ブログのレシピからちょっとアレンジもしていますが……。
a0333321_04132100.jpg
まずはちょっとむにょっとする作業ですが、鷄の中に手を突っ込んで血や内臓(血豆?みたいなのが時々ついてるので)を綺麗に取り除きます。
そのあと一旦クッキングペーパーで鷄の中と外を軽く拭きます。塩と胡椒を同様に中と外にまぶし、(中に塩をまぶす場合は最初に手にとってから中に突っ込みます。むにょ。)四分の一に切ったレモンと薄皮付きのままのニンニクを5片ほど入れます。そして最後に頭を切り落としたまるごとニンニクで蓋をして終了。

a0333321_04132176.jpg
鷄の下ごしらえがすんだら、鷄がギリギリ入るくらいの耐熱容器に入れます。私はたまたま深い器があったからそれを使ったけど、耐熱なのであればなんでも。深ければしっとり、浅い容器を使えばクリスピーに仕上がります。鶏肉の周りに厚切りにしてオリーブオイル、塩、チリペッパーをまぶした玉ねぎ(二個分)をぎゅっと詰め込み、あまりのレモンをさらに詰め込みます。そこからオーブン180度で1時間20分焼きます。皮がパリッとなって脚あたりを切ると透明な肉汁が流れてきたら出来上がり。

オーブンから出して改めて蓋をして肉汁を落ち着けるために10分放置できたら出来上がり。
今日はチキンに合わせて軽めの赤が飲みたかったのでコート・ドゥ・ローヌを開けました。

a0333321_04132187.jpg

a0333321_04132139.jpg
とろとろに煮えた玉ねぎがそれだけでいいソースです。本来ならここから肉汁と玉ねぎを煮詰めてソースを作るのですが、我が家ではそのまま食べちゃいます。
(なぜなら旦那くんが肉全般にソースをかけるのは苦手なのだ)
しっとりとしたお肉にほのかなレモンとニンニクの香りが食欲を誘う、大変美味しい夕食と成りました。


さて、胸肉二枚、もも肉を切り取って食べたあと、残った骨。まだまだお肉も付いていてもったいないですよね。
これ、次の日のお楽しみがあるのです。骨の周りのお肉は丁寧に手でちぎります。
肉汁と骨と残った玉ねぎもう一度炊いて、出来上がっただし汁をサラシで濾します。
鳥の旨味が凝縮しただし汁とちょっとの醤油でご飯を炊くのです。究極のとりめし!!!
せっかくなので20%をもち米にしてみました。

土鍋でお米を炊いて蒸しあがったところにお肉を入れてさらに5分蒸せば出来上がり。

a0333321_04340911.jpg
やっぱ米だ!!!!!
米粒一粒一粒が鷄の旨味をぐっと吸収していて、これは美味しかった。
丸鷄は次の日のおまけが楽しみなのです。


a0333321_04132175.jpg

[PR]
by akokv | 2015-09-27 04:50 | 料理 | Comments(6)

トルティーヤとラグビー!

a0333321_04334405.jpg
先週末からラグビーのW杯が行われている英国。普段はサッカーばかり放映してるパブもこの時ばかりはラグビー一色に。
スポーツはあまり興味のない私ですが、ラグビーだけは好きなので、わくわくしてます。
日本も南アフリカを破って大金星をあげましたし、さらにワクワクしているわけです。ごろうまるー!

本日はスコットランド戦が午後の2時からだったので、ちらちら仕事をしながら結果をネットで見てました。
上司もそれを知っているので「あーうん、この書類まとめてもらいたかったんだけどそっちが終わってからでいいよ」と。どっちが優先順位高いんだ。
まあ後半はスコットランドが3つめのトライ決めたあたりからふてくされて仕事に戻りましたけどね。

で、夜はフランスとルーマニア戦。これを書いている最中も絶賛試合中です。
旦那くんが楽しみにしているのはわかっていたので「食事中はテレビ禁止」の我が家の掟を今日だけはやぶることに。
そしたらなにか食べやすいものがいいよね?

というわけで、トルティーヤ。でも昨日グリルチキンのサラダを食べちゃったので、中に入れるお肉はチキンではなく牛肉のひき肉をタコス風に味付けをしたものに。(楽をしたかったのでタコスの元を買ってきてお肉を炒めただけです)
それに冷蔵庫にあったお野菜。ブロッコリー、トマト、レタスの千切り、そしてアボカド。
これを温めたトルティーヤの皮にチーズ、お肉、お野菜の順で重ねて、適当に切ったオーブンペーパー(アルミホイルでもいいですが)に乗せて包んで、調理用糸でキュッと縛って出来上がり。ピクニックなどにも便利だと思います。


a0333321_04334514.jpg
a0333321_04334493.jpg

テレビを見ながらでも片手で食べられるラグビー観戦仕様でございます!
もちろんビールも開けました。がんばれ、フランスー!
a0333321_04334572.jpg



[PR]
by akokv | 2015-09-24 04:52 | 料理 | Comments(2)

イギリス流フェザー・ステーキ

イギリスという国は、質のよい牛肉で欧州内では有名です。
雨の多い気候が柔らかな牧草を育み、その水分を取り込んだ牛肉は肉質は柔らかく甘みは強いのだとか。
とはいえ和牛を食べて育った私と、農業&酪農大国の旦那くんに言わせれば「そんなにうまいか!?」なのですが、最近私は考えを改めました。
サーロイン(1キロ6500円)とかばかみたいな値段のものは日本の方が美味しい。(和牛の脂の旨味に慣れているからでしょうね)
でも、1キロ1000円くらいの赤身のお肉は、確かに美味しい。ぎゅっと旨味が詰め込まれた赤身は、美味しい!!!
a0333321_04203658.jpg

イギリスで肉屋さんに行くと、部位がわからなくて困ります。"Skirt"とか"Feather"とか。サーロインとフィレ、タンくらいしかぱっと見単語がわからないよね。旦那くんは内臓に近すぎるお肉はあまり食べないので、部位選びは大事なのです。
で、キロ6000円のお肉に混じっていつも置いてある大きな肉の塊、"Feather"。
肩肉の近くらしいので、日本でいうミスジと肩肉の間くらいの部位なのではないでしょうか。うっすらとのった脂肪が羽のようなので、フェザー。
さすが詩人と文豪の多い国、イギリスです。その情熱を食に傾けないのはなぜかわかりませんが。
とまれ、このフェザーが激安なのです。キロ1000円くらい。がっつり400g切ってもらって、家に帰ってさらに半分にして、マルッとそのまま焼き付けます。美しいステーキ、厚さ3cm。じゅーっと肉の焼ける匂いが小さいキッチンからアパート中に立ち込めます。旦那くんが歓声をあげて「がんばってーー」と応援してきます。何を頑張れというのか。その間にワインを開けておくれ。

レアかミディアムレアが美味しいと言われているので、火加減に気をつけながら。じゅう。
先日あけたタンニンが結構強い赤ワインに合わせて、付け合せはサラダの他にブラウンマッシュルームを炒めてみました。
タンニンの渋みは土の匂いのするマッシュルームによく合うのです。(キノコを食べない旦那談)(信じていいのか)
a0333321_04203675.jpg
(じゃがいもじゃないよブラウンマッシュルームだよ)

このフェザー、煮込み料理にしても良いそうです。カレーなどにしてもいいそうなので、今度はそれで食べてみようかな。
脂肪分もあまりないので食べやすいし、調理しやすいし、安いしの優秀な子。

a0333321_04203654.jpg
大振りだったので残すかな、と思ったのですが意外とさっぱりと食べられました。さすが赤身。



[PR]
by akokv | 2015-09-23 04:40 | 料理 | Comments(0)

前菜盛り合わせ(アンティパスティ)のみで終わる。

なにかと今週は忙しく、半分は外食でした。いやはや旦那くん(作り置きの惣菜でしのいでた)に申し訳ない。
とはいえ今日もばたばたと帰ってきて、明日は親友の結婚式に出るのでその用意とかでまたばたばたしているので、んもう、手抜き料理。

a0333321_04183951.jpg
人参のクミンサラダ、スナップえんどうの素揚げ、レタス、生ハム&いちじく、ナスのトマトチーズ焼き。
のみ!

あとは適当にグリッシーニを開けてできあがりです。イタリア風前菜の盛り合わせ、といったところでしょうか。
冷蔵庫内にある野菜と果物を一掃しました。そういうこともあるよね!

炭水化物中毒の旦那くんがこの後のパスタを食べたいとかいうかなと構えていたのですが、おとなしくしてました。ふむふむ。
ワインはイタリアはプーリア地方の赤ワインにしました。ベリーの香りが強くタンニンはきつめだったけど結構おいしかった。

今週末も忙しいぞーーー。

[PR]
by akokv | 2015-09-19 04:23 | 料理 | Comments(0)

洋梨と生ハムのオープンサンドと魚卵戦争

九州出身で明太子といえばもはや日常生活の一部と化してきた私にとって、イギリスで一番辛いのは明太子が高いこと。
いや、手に入るからまだいいのですが、やっぱり高い。しかも旦那くんは食べないので、自分だけのためにお金を使うのも(共働きとはいえ)気がひける。

ということで、ロンドン在住の日本人が賛否両論をとなえる”Smoked Cod Roe”を買ってきました。
これ、真鱈の卵を塩漬けにしたあと燻製にしたもんです。うむ。塩漬けの後の工程が違うだけで、まあ、ひとくくりに魚卵の塩漬けというカテゴリではあってるよね。
(明太子は真鱈のたまごじゃないけど)
この燻製魚卵、スコットランドで主に食べられるので、ウイスキーのつまみにあうそうです。生臭くないのか。
a0333321_03404552.jpg
そしてこのRoe(魚卵)という単語を調べてて思ったんですが、英語では魚の精巣のこともRoeと呼びます。
白子と卵はぜんぜんちゃうやーん、と思ったのですが、多分こっちの魚に興味ない人たちに言わせれば「魚の腹に入ってる膨らんだ生殖器系のきもいもんはぜんぶRoeって呼んじゃえ」とかぐらいに思っているんだと思う。多分。英語詳しくないから知らないけれど。

ともかく、久々の魚卵。
明太子スパゲッティにして食べる、というのは決まっていたのですが、せっかくの初回、スコットランド風に食べてみようじゃないですか!
どうもトーストしたパンの上にバターを塗ってから魚卵を塗れ。とパッケージに書いてあります。まじか。
でもそれだけでは旦那くんが絶対に食べないので、旦那くん用には洋梨とチーズ、生ハムでサンドイッチを作ることに。
旬の洋梨を4分の1に切った後薄くスライスし、軽くトーストしたパンにブリーチーズを塗ります。それから洋梨、生ハムを上にのっけて200度のオーブンで5分焼くだけ。チーズとハムの塩気があるので味付けも何も入りません。
ルッコラとトマトのサラダを添えたら出来上がり。手抜き!!!
a0333321_03404425.jpg
a0333321_03404593.jpg

そしてこちらはsmoked cod roeをたっぷり塗った私のサンドイッチです。
結論からいうと、あんまり美味しくなかった。燻製の香りが相当きつく、これはよっぽど好きな人じゃないとダメだろうな、という感じです。
ちなみに次の日にパスタにしたらやたら美味しかったんで、私には火を通した方が良かったのでしょうね。
イギリスの料理サイトでも「一旦蒸す」というレシピすらありました。火を通した方が断然生臭さは消えますからね。

a0333321_03404421.jpg

とはいえ魚卵独特の旨味は健在で、また安売りしていたら買いに行こうと思ったのでした。

a0333321_03404452.jpg
洋梨と生ハム、チーズのサンドイッチはまぁ、間違いのない美味しさでしたけれどもね。これはまた作ろう。





[PR]
by akokv | 2015-09-16 03:56 | 料理 | Comments(2)

南仏からの小さな贈り物

a0333321_04552153.jpg

私にはかれこれ11 年間も文通を続けている友人がいます。
今どき文通!と驚かれそうですが、いかんせん彼女はメールもしないし、お互いの電話番号も知らないのです。
二ヶ月に一度くらい、ぽつぽつと近況を知らせる手紙をやりとりし、すでに11年が経ってしましました。

最初は私が長期のお休みを使ってフランスの古城めぐりをしていた時、乗っていたTGVが線路の不具合で緊急停止。
用意されたバスに詰め込まれ、見も知らぬ駅で下されました。
フランス語もあまり確かではなかったころなので、おろおろしていたところに声をかけてきてくれたのが、彼女でした。
大丈夫、どこに行くの、と。
幸い私と彼女は同じ方面に向かっていたので、彼女のおかげで私はもともとの目的地に向かう電車に乗ることができ、それから目的地までの3時間、つたないフランス語ながら彼女と一緒に旅をしたのです。
私と同じくらいの年齢の息子がいるの、という彼女は、電車の中でもずっと刺繍をしていたのを覚えています。

私の目的地に着いた時(彼女はさらに乗り換えが必要だった)、お互い住所を交換し、今に至るのです。

この11年間の間に私は3カ国、5度の引越しを経て現在ロンドンに住んでいますが、ここに引っ越してきた時もまずしたことは彼女に新しい住所を教えることでした。
南仏に住む友人がいることを思うと、ロンドンの寒空の下でもちょっと気分が明るくなります。

彼女は毎年、9月になると自分で刺繍した袋に、自分の庭で採れたラベンダーのポプリをたっぷり詰めて送ってきてくれます。
今年もまた。
メールボックスからその小さな包みを持ってきたのは旦那でしたが、厚紙の封筒を通しても薫るラベンダーに「これ、君の文通相手から今年も届いたよ」と嬉しそうに持ってきてくれました。彼女の庭のラベンダーは、普通の市販のラベンダーより密度が濃く、南仏の空気そのもののような緻密な温もりが感じられます。丁寧な刺繍も美しく、針を運ぶ彼女の横顔が昨日のように思い出せます。久しぶりに会いに行きたいな。


今年も大事に使います。ありがとう。
a0333321_04552670.jpg



[PR]
by akokv | 2015-09-11 05:08 | ロンドン生活 | Comments(4)

我が家の基本のキッシュ

フランス料理といえば小難しく洗練されたものを思い描きがちですが、フランス”家庭”料理といえば割と簡単なものもあります。
そりゃぁフランス人のママンもそうそう毎日凝ったもんばっかり作ってもられないよね。うんうん。

簡単で美味しいものの代表といえば”キッシュ・ロレーヌ”です。
キッシュってなんとなく「パイ生地付き茶碗蒸し」みたいなもんよね、と思っております。
要はパイ生地の上に卵とクリームをといたタネを具に絡めて蒸し焼きにするんでしょ、と。
ロレーヌはハムとチーズだけというダイエットの敵のような具なんですが。
まぁ、なんつうか、ロンドン寒くなった途端、今まで鬼のように食べていたサラダがメインの食事を作りたくなくなったので、今夜はキッシュロレーヌです。
罪滅ぼしにたっぷりのサラダを添えます。

a0333321_04382837.jpg
キッシュのパイ生地は買ってきました。
具のパンチェッタはフライパンであらかじめ焼き目がつくほど焼いておき、同時に余分な油は痛めてる途中から丹念にキッチンタオルで拭き取っておきます。
下焼きが終わったパイ生地に最初にチェダーチーズを引き、その上にパンチェッタを引き、そして卵3個とクリーム250mlをまぜたタネを流し入れ、180度で30分焼いたら出来上がり。簡単。包丁すら使いません。ちなみにこのチーズをタルトの一番下に引く、というのは義母から教えてもらったキッシュを作るときのルールです。これを守るとパンチェッタなどの重い具が沈まないし、心なしかタルトもさっくさくに焼けます。

たっぷりのサラダは相変わらずのやわらかレタスです。これを食べたらほかのレタスは食べられないわー。
細かくちぎって、ヴィネグレットソースを食べる直前にかけるようにしました。

ちなみにフランスではサラダを食べるときにナイフを使うのはマナー違反とされています。
これ、レタスなどの菜っ葉をしっかりちぎって食べやすくしていない奥様の怠惰を責めないために、とかものすごい理由聞いたことがあったのですが、フランス人の夫に聞いたところ。

「酢がメインであるサラダドレッシングに銀食器のナイフが触れると痛むから」

という至極まっとうな返答をいただきました。ちなみにフォークは先端しか使わないから銀が変色してもあんま分からないからいいそうです。
なんだそれ。
とはいえ銀食器を使う文化ならではのマナーだな、と思ってみたり。こういう小さいことを学びながら毎日食事を作るのも楽しいものです。

合わせたワインは最近お気に入りのサンセールの白。

私 「キッシュロレーヌだからサンセールにしたよ!」
旦 「……サンセールはロワール地方のワインであってロレーヌ地方のワインではありませんよ」
私 「語感が似てるからよくないですか」

ロと伸ばし棒、四文字ってことしか合ってないしね。なんかすみません。
異文化のギャップを感じながら、本日の夕食。


[PR]
by akokv | 2015-09-08 05:01 | 料理 | Comments(2)

ズッキーニとリコッタのスープ oishii

極寒のロンドンよりお届けします。

a0333321_23064409.jpg
9月になった途端、日も暮れるのも早くなるわ、気温もぐっと落ちるわ。もう秋の気配どころか冬の気配すらするんですが。

で、寒くなったら真っ先に食べたくなるのがスープ。まだ夏野菜が安いけど気温は初冬、という微妙な時期にぴったりなズッキーニスープをつくりました。
ズッキーニ4本、玉ねぎ一個、ローリエを炒めて軽く塩を振っておき、しんなりしたところでフーロプロセッサーでポタージュ状にします。
牛乳で硬さを調節、ブイヨンで味を調えて出来上がり。
義母が教えてくれたレシピではこれにクリームチーズがたっぷり入るのですが、いかんせん我が家のダイエット部ではクリームチーズは出禁なので、およそ半分のカロリーのリコッタチーズをそっとあとに添えて出来上がり。

そのあと友人と飲みに出かける予定があったので、夕食もぱぱっとこれだけ。
旦那くんからはマスカルポーネチーズにしでもおいしいだろうねーと言われました。こういうふんわり系のチーズはスープに混ぜ込むより後のせの方が好きです。暖かいスープはやっぱりいいですね。


a0333321_23064407.jpg

なんていうか8月の間は「まだセーター着ちゃいけないよね」、みたいな雰囲気があったのですが、9月になって一気にみんな遠慮なくなってきました(セーター、コートは当たり前)。私も自分の中で「レザージャケットを9月から来たら負けだろう」と思っていたのですが、あまりにも寒く、背に腹は変えられぬ感じでレザージャケットを取り出しました。結局友人と深夜まで飲んで帰る時には気温は11度まで落ちていました。寒いはずだー。

[PR]
by akokv | 2015-09-05 23:19 | 料理 | Comments(2)

コロンビア・ロードの花市場

a0333321_04562101.jpg
先週の日曜日、念願かなってコロンビア・ロードの花市場に行ってまいりました。
ロンドンは北東に位置するコロンビア・ロード。ぶっちゃけ南西の家に住む私からは朝からロンドン横断かよ、という遠距離なのですが、花好きとしては欠かせないということで、日曜日に早起きして出かけてきました。
最寄駅のリヴァプールストリートから15-20分歩きます。歩いてるうちに「こっちで本当にあってるのかな」と思い出したあたりから、やたら大きな花束を抱えた老夫婦だの、シュロの植木鉢を抱えた青年だのにすれ違い始めるので「あ、この方向であってるのね」とほっとします。(ようするに遠い)

おそらく100mもないほどの小さなコロンビア・ロードは毎週日曜日、花屋のスタンドで埋め尽くされます。
夏も終わろうというのに咲き誇るひまわりに始まり、日本だともう旬は過ぎたであろう鬼灯まで、とにかくありとあらゆる植物が売っています。

a0333321_04562135.jpg

a0333321_04562145.jpg
花市場の前後には園芸店があり、可愛らしいジョウロやら小物やらを売っています。こういうお店を冷やかすのも楽しい。

a0333321_04562106.jpg

私たちはその後友人の家にお呼ばれだったので、花をさくっと買って帰りました。
時間があったらカフェ(ロンドンってね、意外においしいコーヒー屋さんが多いのですよ)でゆっくりとも思ったのですが急いでいたので。


a0333321_04562180.jpg
トルコキキョウ(Lisianthus?おそらく)とホワイトベリーと呼ばれるグリーンを合わせて買いました。
いかんせん、屋台なので可愛いブーケとかは別に作ってくれません。ばさっと渡してくれるだけ。これで合わせて10ポンド。友人の家に行ってから生けさせてもらいましたが、結構ホワイトベリーの色が可愛らしくてよかった。

生花だけでなく、ドライフラワーも売っていました。どうやってこんなに色を残すんだろー?と思うくらい綺麗な色の花々にうっとり。

a0333321_04562121.jpg
ドライフラワーに見えない!買えばよかったなー。
また日曜日、早めに起きて出かけたいところ。朝は8時ごろからお昼過ぎまで空いているそうです。

[PR]
by akokv | 2015-09-03 05:12 | ロンドン生活 | Comments(2)