寒いので、白菜とマスのミルク煮

ロンドン、昨日はなんと雪が降りました。
雪が降る朝って、なんとなく予感がしますよね。カーテンの向こうが少しいつもより明るくて、窓に近づくといつもよりピンと冷たくて。

窓から見る分は美しいのですが、外に出ると足は冷えるは滑るは危ないので、家から一歩も出ずに過ごしました。
そして次の日の今朝にはすっかり溶けて地面もからっと乾いていました。

でもところどころに雪は残っていて、街全体が冷蔵庫のよう。
これは何か温かいものが食べたいな、ということで白菜とサーモンのミルク煮をしようと思い立ちました。
白菜をとろとろになるまで炒め煮にした上にお魚を加えたこの一皿が大好き。
あと、仕事が立て込んで遅く帰ってきたので、サクッと作れる一品料理にしたかった、というのもあるんですがね。料理は時間との勝負です。
a0333321_06065971.jpg

ところがスーパーにいくとあんまりいい感じのサーモンがなかったので、マスの切り身を買ってきて見る。
マスの方があっさりしていて食べやすいので、スープには結果向いていました。

a0333321_06065831.jpg
マスの切り身を切って、片栗粉をつけてすべての面に焼き色をつけます。
一旦フライパンから取り出して、そこに白菜を山ほど入れます。ロンドンの白菜は日本のよりふたまわりほども小さいので、二人分で一個入れちゃう。
溢れそうになりますが、5分も炒めないうちにしんなりしてくるので、そこにマスを戻して、牛乳を本当の少し加えてから、塩胡椒で味付け。
ちょこっとだけ鶏ガラの粉末出汁も入れちゃう。あと、クレソンが余ってたからそれも入れちゃう。これで緑黄色野菜も少しは取れる……。

あとはミニトマトだけ。家に帰ってきてから10分で作れてしまうメニューですが、ま、野菜もたんぱく質も取れるしいっか。
さっさと食べたらあとは台所の掃除です……なんとキッチンのシンクの下で水漏れが発生。
とりあえず管理会社さんに連絡はしたけど拭き掃除して乾かさないとー。クリスマス前に修理お願いできるといいな。


[PR]
# by akokv | 2017-12-12 06:43 | 料理 | Comments(0)

チキンレッグのオーブン焼き

先日、パリに会議で出かけたのですが、会議が午前中だけだったもので、お昼は義両親の家にご馳走になりました。
義母が何が食べたいーって聞いてくれたので、遠慮なく「プレ・ロチ食べたいです!」とおねだり。
お肉屋さんの軒先で串焼きになってる若鶏の丸焼き、プレ・ロチが食べたくて仕方なかった、と。
義両親の家の前にあるお肉屋さんの若鶏の丸焼きが特に絶品で、ジューシーで柔らかく、鶏肉ってこんなに滋味深かったですかっていうほどの美味しさなのです。
で、それをたっぷり食べて帰ってきたら、家に置いてきぼりにされた旦那くんが散々羨ましがっていました。

ごめんねー、というわけで、骨つきのチキンレッグを買ってきて焼いてあげることに。
フライパンに人参とシャーロットというしっとりとしたロースト用のジャガイモ、皮付きのニンニクを放り込み、上に脂肪と余分な皮を取り除いたチキンレッグをおいてオーブンで45分。あ、鶏肉は皮と身の間にうすーくバターを塗り込んでおきます。
a0333321_06080806.jpg
焼いてる間にヨガのDVDを引っ張り出してきてリビングでくねくねしてたのですが、ヨガのインストラクターが「深呼吸してくださーい」というたびに、思いっきり吸い込んじゃうこの鶏肉がローストされる匂い。お腹がぐうぐうなりだしたので、横で私のヨガを見ていた旦那くんが笑い出しました。
いや、笑ってないでさっさとお夕食にしましょう。お腹が空いた。
a0333321_06080821.jpg
イタリアンパセリを上に散らして、フライパンごと食卓に出しちゃいます。
副菜を作る気力はなかったので、グリーンサラダ、ブロッコリーの塩茹で、トマトですませちゃう。

チキンは皮はパリパリ、中はジューシーでなかなかに美味しかったです。
イギリスの鶏肉は美味しくない、と常々文句を言っていた旦那くんも今回は文句を言わずに食べてました。よかった。
今回初めて鉄製のフライパンごとオーブンで焼いたのですが、しっかり焼けていい感じでした。鉄製フライパン、優秀だなー。



[PR]
# by akokv | 2017-12-06 06:22 | 料理 | Comments(0)

手作りパニーニで日曜日のお昼

せっかくの日曜日ですが、雨。
ていうか、ロンドンの雨って霧雨みたいなのが延々と降ってるので、べたっとして気持ちが悪い。
雨、降るなら降るで、どさーっと降ってくれればいいのに。

日曜日は家のメンテナンスをする日なので、とっとと起きてお掃除です。
湿度が高いからあんまり窓を開けたくないなーと思いつつ、掃除終わってから除湿機をかけることにして、掃除機かけて、モップかけて、アイロンかけてました。旦那くんは浴室とトイレ担当。(こっちの浴室用の洗剤の匂いが苦手すぎるので、水周りは旦那くんに任せるのです)。
アイロンがけも、日本の洗濯機と違って、こっちは脱水の力が強いからかなんなのか、ものすごいシーツとかシワシワになっちゃう。ので、アイロンをかけるのも日本だとすいーっと1往復で終わるところが、ガシガシと何往復も力を入れてかけなきゃいけないので大変なのです。お水が違うのも関係してるのかな。
シーツに枕カバー、旦那くんのシャツにポロ、私のワンピース、と溜め込みすぎたアイロンがけは日曜日に一気に片付けるのが習慣になってます。


とまれ、朝からよく動いたので、ご褒美をかねてパニーニ。
The Spruceと言うサイトで見かけた簡単なレシピを試してみたかったのです。分量はちなみに半分で作って二人分、ってところですね。
発酵時間も短く簡単にできそうなので、パン生地から作ってみました。
中にはハムととろけるチーズ、アクセントにちょこっとだけマヨネーズを入れました。先日、たこ焼き大会をしたときに買ったマヨネーズが余ってるので使い切りたかったので……。
それからレシピではオーブンで焼くようになっていますが、直接パン種を伸ばして成形して、ハムやチーズをくるんでからフライパンで焼きました。
ズボラ。でも美味しくできたのでよし。中途半端に5gくらいイーストが余ってしまった……。また何かパンを焼かなくては……。

a0333321_23061832.jpg
パニーニだけだと罪悪感が半端ないので、レタスとクレソンのサラダ。こういう時のサラダには何のドレッシングもかけません。
塩味のカシューナッツを上からぱらっとかけて、終わり。ハムもチーズも塩辛いから、何の味付けもないサラダがフレッシュでいい感じなのです。

a0333321_23061828.jpg
もうちょっとチーズ入れてもよかったかなー。
でも外側はサクッ、中はモチっとして大変に美味しかったです。これはまた作ろう。

雨が止んだのでそろそろスーパーに買い出しに出かけるかなー。日曜日はスーパー5時に閉まるから、その前に行かなくちゃ。
日曜日っていつも家でゆっくりしようって思って起きるのですが、実際のところやることが多くてなんだかんだでバタバタと1日が終わってしまいます。

[PR]
# by akokv | 2017-12-03 23:26 | 料理 | Comments(0)

寒い日曜日はアップルパイ。

昨日からロンドンはぐっと気温が下がり、朝起きると霜で家々の屋根が真っ白、と言う感じになりました。
これは辛い。
昼でも4度くらいなので、外に出る時もフル装備で出かけます。寒い冬がようやく始まりました。

辛い冬ではありますが、ヨーロッパの冬、嫌いではありません。
クリスマスに向けて街が支度していく様子や、スーパーでも「おもてなし料理」を意識したラインナップになっていたり。
オフィスでも今年のクリスマスのプレゼント交換、何買うー(うちの仲良しなオフィスではプレゼント交換会があります。微笑ましい)なんて盛り上がったり。
ちなみに我が家は今年はスペインのマヨルカ島で冬のバケーションは過ごす予定。ロンドンよりも暖かと聞くので楽しみにしています。
クリスマスは家にいないからあんまり飾り付けとかしなくていいかなーと思っていたら、旦那くんが小さくていいのでクリスマスツリーを買いたいと言ってきました。私はあまりクリスマスツリーには執着がないのですが。ま、小さいのだったら買いましょうか。

そして寒くなると美味しくなるのがりんご。
というわけで日曜日の午後はアップルパイを焼いてみました。様々な種類があるりんごの中でも、Braeburnと呼ばれる紅玉のようなりんごが焼き菓子にはぴったりです。
小ぶりのりんごを3個ほどをスライスして、フライパンでレモン果汁と少量の砂糖で炒め煮にしたものを、バターフリーのパイ生地にのせ、クランブル生地(あ、これにはさすがにバターを使いました)をパラパラっと乗っけて180度で25分。

a0333321_00415282.jpg
家でお菓子を焼いていると、家中が甘い匂いに包まれるのがたまりませんね。他の部屋で別の作業をしていた旦那くんもフラフラとやってきました。
君の好きなアップルパイだよー。

a0333321_00415204.jpg
イギリスの伝統的な食べ方だと、カスタードソースをかけるのですが、何かとイギリスを目の敵にするフランス人の旦那くんはもちろんソースなしで。
私もカスタードクリームが薄くなった感じのカスタードソースが好きではないので、代わりにバニラアイスを乗っけて食べることにしました。
旦那くんは「アイスの味がりんごの風味を消すからアイスもいらない」そうで。どれだけりんご好きなのか。

a0333321_00415174.jpg
あっつあつのパイに溶けていくアイスを絡めて食べると天国。寒くてもいいの、こういうデザートが美味しく感じるから。
さて、カロリーも摂取したしヨガ行ってくるかー。

--

覚書代わりにレシピです。これで4人分。

りんごのフィリング:
小ぶりのりんご3個をくし切りにして、レモン果汁と少量のブラウンシュガーで炒め煮にする。砂糖の量はお好みですが、私は大さじ1杯くらいですね。

パイ生地:
ボールに薄力粉70g、強力粉30g、お砂糖を15g、お塩ふたつまみをよく合わせておく。別のボールに牛乳30gとサンフラワーオイル(オリーブオイルでも)35gを泡立て器でよく混ぜて乳化させておく。それを粉類の方に入れて、ヘラでさっくり混ぜる。まとまったら、綿棒でうすーく伸ばしておく。

クランブル生地:
薄力粉50gとお砂糖15gに小さく切ったバター25gを入れて指でバターを潰しながらなじませる。しっとりポロポロしたら出来上がり。

伸ばしたパイ生地にりんごを並べ、端を折りたたむ。上にクランブル生地をバサッとかけて、焼く。

ぜひぜひバニラアイスを乗っけて食べていただきたい。








[PR]
# by akokv | 2017-11-27 01:25 | 料理 | Comments(0)

定番になりつつある土曜日マフィン。

旦那くんがまた長期の出張に出たので、料理をする気力が一切果てて、ブログの更新も滞っていました。
キャベツとブロッコリーの野菜炒めとゆで卵をアップしてもどうでもいいしね。
一人だとあまりにも料理が適当になるのですが、でも旦那くんが普段嫌うものをたっぷり作れていい。
白菜と鶏肉のスープとか、豚汁とか、ブイヨン系のスープは食べないので汁物はここぞという時に食べちゃう。
きのこたっぷりのグラタンなども、旦那くんは普通食べないので、せっせと作る。

でも一人で食べるので、あまり見た目とかにもこだわらず作るのでブログに載せる気にならないわけです。

で、今回は旦那くんはラスベガスに行ってました。ようやく帰ってきたのでそれから3日間は野菜ポタージュと野菜サラダでせっせとデトックス。
体重が戻ったところで、週末です。

さて。
 
a0333321_20214094.jpg
相変わらず土曜日の朝はマフィンを焼いています。
混ぜ具合が良かったのか、今日のはよく膨らんだ上にきちんとトップが割れてくれました。
これがしっかり割るとサクサクして美味しい。6個焼いたので、一人一個半食べて、残りは明日の朝ごはん。
レシピはこちらです。昔はトップの割れ方があまり綺麗に出なかったけど、最近は大分上手くなりました。
久々に旦那くんがホットチョコレートを作ってくれたので、それを飲みながら、今週末は何をしようかー、なんて話しつつ。
ちなみにお行儀が悪いのですが、このマフィンをホットチョコレートに浸しながら食べると絶品。

a0333321_20214057.jpg

どうも今日の気温は最高8度くらいにしか上がらない上に雨なので、ショッピングモールにでも出かけて1日歩き回る予定。
ロンドンの長い冬が始まったなぁ。

[PR]
# by akokv | 2017-11-18 20:38 | 料理 | Comments(2)