飲茶がしたくて香港途中下車の旅。

9月の半ばからがっつりお休みをいただいて日本に帰国しており、更新が滞っておりました。
今回は日本に帰るついでに「どこかアジアの別の国に寄ろう」という旦那くんの希望があり、もともとは旦那くんの親友が住んでいるシンガポールに行く予定だったのですが、帰国予定がシンガポールF1と重なり、航空券が通常の倍の値段、ホテルはさらに倍、みたいなすごいことになっていました。
しかもロンドンからシンガポールって13時間近くのフライトなのね。そしてそこから日本までさらに8時間とかめちゃ疲れる!無理無理!
ということで、お手軽な香港に行くことに。

何気に香港に行くのは二回目。
しかも一回目は仕事でわずか18時間の滞在とかだったので、休暇で訪れるのは初めて。
a0333321_19442223.jpg
天候には恵まれたのですが、割と重いスモッグにいつも覆われていました。こんなものかな?
34度で湿度は90%近いという慣れない天候にフウフウ言いながら街を歩き回りました。

さて今回は2日半の滞在です。観光はそこそこに私の目標は!ディムサム(点心)を食べること!
旦那くんも私も香港人の同僚に穴場を聞きまくり、到着日から最終日までがっつり点心を食べました。
あ、ところで点心の飲茶の違いを今まで知らなかったのですが、今回恥を忍んで香港人に聞いてみました。
「飲茶、というのはアフタヌーンティーみたいに点心を食べてお茶を飲む行為のこと。点心は飲茶のときに食べる料理の総称」
なるほどね。

で、激安(二人でおなかいっぱい食べて1500円くらいだった)の添好運(Tim ho Wan)でチャーシュー入りメロンパン食べたり、小籠包も食べようということでDin Tai Fungに行ったりあちこち食べ歩いたのですが、やっぱりここが一番だった!というのが、ペニンシュラホテルのspring moon。
いいんだ。観光客らしいところで感動しちゃったけど、観光客だからいいんだ。

a0333321_19442280.jpg
ペニンシュラホテルはビジネススクールでもブランディングの授業などで度々扱われる素材なので、実際見てみたかったというのもあったので、点心にかこつけて行ってみましたが、隅々まで行き届いたサービスやインテリアの美しさに圧倒されました。

で、spring moon。ペニンシュラに入ってる中華料理の中の点心が食べられるセクション。中華料理よりはカジュアルな値段で食べられます。
エントランスには様々な種類の中華の茶器が飾られていて、興味深い。アールデコと中華のアンティークが入り混じった空間も独特。

a0333321_19442118.jpg
菊花茶をお願いして、食べたのはきゅうりのピリ辛付け、チャーシュー饅、蓮の葉に包んで蒸したもち米ご飯、シューマイ。
あとパイ生地に甘辛く煮た豚肉を包んだパフ。
どれもこれも大変に美味しく、街の中で安く食べるファーストフード点心とはさすがに一線を画すものでした。
シューマイなんて「カニと鶏肉、松茸のシューマイ、ホタテ丸ごと1個のせ」みたいな「とりあえず美味しいものは全て詰め込みましたがいかがですか」というのでやったら美味しかった。
でも二人でおなかいっぱい食べて5000円くらいだった気がする。本場の点心、さすが。

ちなみに毎食点心を食べてると、さすがに飽きてきます。
飽きたところで日本に移動。2泊3日で香港ってのはなかなかにいいスケジュールでした。




[PR]
# by akokv | 2017-10-07 20:05 | 旅行 | Comments(1)

久々に焼き魚。

みなさん、そろそろ羽毛布団は出しましたか?
私は今日、初めてオフィスで足元用の小型ヒーターをつけました。

で、東京の気温を調べたらまだ30度近いのですね。なんだこの差は。ロンドンはすでに秋真っ盛りです。
ロンドンっ子たちは颯爽とトレンチコートを着始めました。そうよねー、我慢して風邪ひいてもつまらないものね。

私は再来週から日本に帰国予定なので、夏の間に着る機会がなかったサマードレスを着倒してやろうと楽しみにしてます。
再来週でもきっと25度以上はあるであろう!

a0333321_04204431.jpg

相変わらず仕事が忙しく料理も雑なものが多いのですが。夏の間はきゅうりやなすばかり食べていましたが、突然色が濃い野菜が食べたくなりました。
で、ブロッコリーの辛子酢和え、焼きパプリカの胡麻和え、クレソンの油炒め。
真ん中にででんと乗っているのは鯛です。安かったので買ってきてオーブンで塩焼きにしてみました。
身が薄い……。白身あっさりで、まぁ美味しいですが、海の近くで育った私からしてみれば、満足はできない感じ。
あー身の厚いぷりぷりの焼き魚が食べたい。なぜロンドンの魚はこんなに身が薄いのだ。

文句ばかりいう私に、今度魚市場に連れて行ってあげるね、と旦那くんが言ってくれました。
ロンドンの魚河岸、一般人も買うことができるのですが、とても質が高いそう。
いい魚は高いレストランに流れるからスーパーにいいものがやってこないのか。
それを考えると、日本は全体的に魚の平均点が高いよなぁ。

とまれ、緑の濃い野菜を食べると体にいいことをした気がしていいですね。
最近は和食ばっかり作ってます……。
旦那くんは美味しいと言ってくれながらも寂しそう。。。明日はキッシュを焼いてあげなくては。



[PR]
# by akokv | 2017-09-09 04:42 | 料理 | Comments(2)

夏の終わりにカレーが食べたい。

ロンドンは三連休でございました。
初めてバースまで日帰り旅行に行ったり、ロンドンで一番高いと言われている"ザ・シャード"ビルにご飯食べに行ったりと遊んでいたのですが、ふと、カレーが食べたくなりました。
それも、日本の給食で食べるようなドローっとしたやつ。

日本のカレーならルーを買わなきゃいけないな、というわけで日系スーパーによって、ゴールデンカレー的なものを買ってきました。
a0333321_04503440.jpg
牛のもも肉が大安売りで出ていたので、それと人参と玉ねぎでシンプルに。
久しぶりに食べる懐かしの味。
でもこのカレーはおふくろの味ではないのですよね。
うちの母はインド風のカレーか、ルーも自家製のコクのあるカレーを作っていたので……。
買ってきたルーで作るカレーは、夏の間に出かけたキャンプとか、合宿先の味なのです。
うーん、これはこれで懐かしくて美味しい。

a0333321_04503467.jpg
もちろん大量に余ったので、二日目はカレードリアにしました。
ミルクたっぷりに作ったホワイトソースにお米をからめ、その上にカレーとチーズ、パン粉を敷いてカリッと焼き上げるだけ。ちょうどジムに行った帰りだったのでぱぱっとできて炭水化物がたっぷり取れるこのメニューはありがたい。

ロンドン、3連休中は27度まで上がったのですが、また明日から寒くなるそうです。
こうやってどんどん冬が近づいてくるんだな。
オーブン料理を作るのにも抵抗がなくなってきました……ってまだ8月だよぉ〜!!

a0333321_04503358.jpg


[PR]
# by akokv | 2017-08-30 04:59 | 料理 | Comments(0)

おかゆさん炊いて、一息。

今週は上司が夏休みに入っていたのでなんだかバタバタと2倍働いていた気がする。
旦那くんがトマトタルトが食べたいと言っていたので、材料は全て買ってきたものの、家にたどり着いたら疲れ果てていました。

ごめん、今日は無理。

a0333321_04301194.jpg
買ってきた大量のトマトをトマトサラダにして、旦那くんに食べてもらうことにして、私はおかゆを炊きます。兵庫県産のコシヒカリを買ってきたばかりだったのです。封を開けて、いざ。やっぱり買いたてのお米は美味しい。

大粒の梅干しは去年帰省した時に母にもらってきた自家製のもの。食べ慣れたホッとする味が体が弱っている時にはいいのです。大事に大事に使ってるので、こんな一粒丸ごと食べるなんて滅多にないのだけれど、今日は疲れてるから贅沢にいっちゃう。

旦那くんが「梅干しってどれだけ保つの?」と不思議そうな顔してきいてきました。そうね、これは去年のだけど。5年も10年も保つものもあるのよっていったらびっくりしてた。
確かにあんまりこっちでは漬物の文化ってないような気がするなー。ピクルスなんかもそんなに何年もかけて食べるものじゃないしなー。

さて、イギリスは明日から三連休です。寝るぞー!


[PR]
# by akokv | 2017-08-26 04:45 | ロンドン生活 | Comments(2)

夏の定番、豚肉の生姜焼き

夏でちょっと食欲が落ちてきて、鶏肉の茹でて冷やしたのばっかり食べてると、突然豚肉が食べたくなるのです。
しかもちょっと濃いめのタレで、がっつり食べたい!私の体が豚肉を呼んでいる!!!

ま、そんな大したことでもないのですが、スーパーに行ったら豚のロースの厚切り4枚入りが安くて綺麗なのが出てたので買ってきました。
1日目はそのまま塩胡椒で焼いてステーキとして食べたのですが、残りはみりん、醤油、ニンニクと生姜に一晩漬け込んでおきました。

久しぶりに食べたかったのだ、豚肉の生姜焼き!
本音を言えば豚肉の生姜焼きは俄然豚コマと玉ねぎをたっぷり、生姜をがっつり聞かせたやつが大好物なのですが、ロンドンではお肉の薄切りは売ってないので……。豚肉のステーキの生姜焼き風味、といったところに。

a0333321_04242983.jpg
キャベツもないので(あるけど生食できないくらいめっちゃ硬い)、レタスを根性で千切りにしました。ふかふかだけどキャベツみたいにシャキシャキしてなくて悲しい。

あーたっぷりの豚コマにキャベツが食べたいなー!!!と思いながら代用を食べる。美味しいけど、やっぱり日本が恋しい。

あ、ところで豚肉を買った先で、日清が作ってるカップヌードルを見つけました。(画像はSainsbury'sよりお借りしました・・・写真撮り忘れた)
a0333321_04334132.jpg
日清のカップヌードルのソババージョン。
これ、旦那くんがふとスーパーで見つけて「ソバ!ソバ!」と大騒ぎして持ってきたもの。「十割かな、更科かな」というので、いえ、これは焼きそばというのですよ、とそこから説明。君の好きなソバとはちょっと違う……。

先日、上司が「イギリスのジャンクフード」の話をしていて、イギリス産のポットヌードル(カップヌードル)を推してました。もちろん食べたことない私に彼は速攻で買ってきてくれて、で、同僚たちとみんなで食べたのですが、これが本当に味が薄くヌメッとして本当に美味しくない。久しぶりに心から美味しくないなーって思えたくらい、美味しくなかった。
これが即席麺の最高峰だと信じている彼がかわいそうで、翌日に日清のUFOを持って行ってあげました。
上司は基本、照り焼き系の味が好きなので、間違いなく焼きそばのソースは好きだろうと思って。
するとこれが大当たり。あの濃い味付けがはまったみたいで、上司は「俺のジャンクフードランキングが変わった」言うてました。そりゃよかった。
ただ、UFOってロンドンでは珍しいし高いのがネックだねー、と言うところで話は終わってたのですが。

このソバを見つけたので、一つ買ってきて上司に渡してみました。
これならロンドンでも手に入るよーって言葉を添えて。
早速お昼に食べてましたが、やっぱりUFOのが美味しい、とのこと。同じメーカーなのにね。
日本の即席麺ってやっぱりクオリティ高いんだなぁー。でもスーパーでNissinのロゴを見るだけでちょっとほっこりしちゃう。



[PR]
# by akokv | 2017-08-16 04:45 | 料理 | Comments(0)