ピクニックに持っていきたい!3種のイギリスチーズのタルト

バターを使わず、寝かせもしないタルト生地の作り方を知ってから、タルト作りにはまっていました。

でも家にはキッシュ型しかなく、それを使って生地をさっくさくに焼き上げるのはちょっと厳しいなー、タルト型が欲しいなーと散々言っていたら、やってきました。
旦那君が1週間近くリサーチして選び抜いたタルト型が、amazonにて。やった!早速使おう。
a0333321_07200810.jpg
せっかくなので、3種類のチーズを使ってチーズタルトを焼いてみます。オリジナルのレシピはこちら。
使うのはチェダー、レッド・レスター、チェシャーチーズというイギリスを代表するチーズを使います。
が、チェダー以外は日本では見つけづらいので、レッド・レスターはミモレット、チェシャーチーズはフェタチーズで代用してもいいかと思います。

オリジナルのレシピはバターを使うレシピですが、相変わらず我が家では使わないレシピなので、サクッとレシピ載せておきます。

レッドレスターチーズをおろしたもの50gと強力粉60g、薄力粉140g、BP2g、塩ひとつまみをよく混ぜます。
そこに牛乳60gとオリーブオイル75gをよく混ぜたものを加え、混ぜます。
生地がまとまったら伸ばしてタルト型に敷き詰め、下焼きを180度で15分。

白玉ねぎ1個を薄くくし切りにしてニンニクひとかけとともにオリーブオイルで炒めておき、きつね色になったところで冷ましておきます。
ボールにクリーム150ml、全卵2個、ヨーグルトをカレースプーン2杯、塩、胡椒、デジョンマスタードをカレースプーン1杯をまぜておき、すりおろしたチェダーチーズ75gとキューブ状に刻んだチェシャーチーズ、たっぷりの刻んだアサツキをさらに合わせます。
下焼きの終わったタルト型に玉ねぎを敷き、上記のタルト液をどどっと入れて。180度で25分焼いたら出来上がり。

a0333321_07200954.jpg
穴がサイドに開いたタルト型はタルトが恐ろしい勢いでさっくさくに焼きあがります。
チョコレートメーカーのヴァローナとフランスの奥様がたご愛用のブランド、de Buyerの共同開発商品だそうです。
a0333321_07200937.jpg
下にはルクエのベーキングシート。これも旦那君が独身時代から使っていた愛用品です。
ちなみにタルトの下焼きに使うベイクドビーンズも旦那君の愛用品です。
料理は道具から揃えるタイプの人なので、やたらいいものを持っており、キッチンを預かる身としてはありがたい事この上ない。

a0333321_07200904.jpg
チーズが入った生地はサクサクと香ばしく、アサツキの香りと2種類のチーズが濃厚な美味しいタルトが出来上がりました。
冷めても割と美味しく、これは今後ピクニックなどに持っていくのも良さそうな。とはいえロンドンはまだまだ寒いのですが。
春が楽しみになるレシピが出来上がりました。

次は長方形のタルト型が欲しいなー旦那くーん。



[PR]
by akokv | 2017-02-28 08:08 | 料理 | Comments(4)
Commented by A-HIMEKKO at 2017-02-28 16:05
タルト型の側面の穴

ミソなんですね。
3種類チーズたっぷりなら美味しいに違いない。

あったかい季節が待ち遠しいですね。
だんなさんいい道具持ちなんて、さすが!!
Commented by akokv at 2017-03-07 06:28
> A-HIMEKKOさん
旦那の独身時代の調理用具で生き延びてます。私が嫁いだ時に持ってきたのは包丁のみですから!(笑

Commented by 登志子 at 2017-03-12 00:34 x
へぇ~~~
こんなタルト型初めて見ました!
わたしも欲しいぃ~~~~~

美味しそう過ぎて、モニターに引っ付いて眺めております。
Commented by akokv at 2017-03-12 09:16
> 登志子さん
きゃーありがとうございます!
何よりタルトの底がサクサクに焼けるのが有能なこのタルトリング、大活躍しております。ぜひ機会があれば試してみてくださいませー!
<< カリフラワースープ 2.0 寒い夜は焼きパスタ!ベイクド・... >>