ロマンチックが止まらないお好み焼き。

バレンタインデーで、ございましたね。
我が家では12月に散財し、3月に結婚記念日があるため、2月のこのバレンタインデーは何もしないようにしようね、という取り決めがあります。
なので今夜も「彼とレストランなのーっ」ときゃっきゃ騒ぐ職場の後輩たちを尻目にサクサク仕事をしていたわけですが。

a0333321_07130987.jpg


ババーン。
やたらでかいバラの花束が届きました。(職場に)
受付のお姉さんが含み笑いな声で「アコ、荷物が届いてるから至急引き取りに来て」と内線をしてくるから何かと思ったら。
さすが旦那君だよなー、こういうことをしれっとやってのけるものな。
ちなみに花束を受け取ったのは職場で私だけで、女性の同僚たちに羨ましいの大合唱を受けました。誇らしいけど恥ずかしい。
フランスの職場で働いてた時は、メール室が埋まるほど花束が届いてたものなのですが。文化が違うとこうも違うのですね。

花束のお返しに、今夜は旦那君の大好物を作ってあげることにしました。
ネギがたっぷり入ったお好み焼きです。

a0333321_07121693.jpg
華がないので、せめてマヨネーズでハートを描くという、苦肉の策。
あ、ソースはきちんと日系スーパーで買ってきたおたふくソースです。やっぱおたふくソースじゃなきゃお好み焼きは美味しくない。

これを食べながら旦那君が「ソースは広島風の方が好きだけど、具材は大阪風の方がいいよねー」って言った時は本当にこの人はフランス人なのだろうか、と思ってしまった。
日本食に対する造詣が変な方向で深まっています。

[PR]
by akokv | 2017-02-15 07:26 | 料理 | Comments(0)
<< ひとりご飯、あんかけうどん 10分でできるチョコレートケー... >>