テリヤキ・ローストチキン

a0333321_07434745.jpg
クリスマスが近づいてくると、それっぽい料理を作りたくなりますね。
たとえクリスマス自体は義実家で義母の手料理三昧だから私は料理をしないとしても、いやそれだからこそ、今の内にクリスマス料理を家で作っておきたい!

というわけで、ローストチキン。この短略な考え方。
そして最近テリヤキを食べてない、と旦那くんからリクエストを頂いておりました。じゃ、二つをくっつければいいよね。(やっぱ短絡)

近くのスーパーで2kg近い丸ごとチキンが安く出ていたので買ってきました。いつもの通り背骨をハサミでゴリゴリ切り取って開いておきます。スパッチコック。そして内臓をキレイに拭いておきます。この下処理が本当に嫌いなんだけど、やらないと美味しくない。

で、オリーブオイルにはちみつと醤油、3欠片ほどのにんにくをつぶしたものを入れて混ぜたものに一時間ほど漬け込んでおきます。

ローストパンがないので(いい加減買えばいいのになー、ローストパンがないってここ一年くらいぼやいてる気がする)耐熱の大きなフライパンにぎゅうぎゅうにチキンを押し込め、皮を下にして180度で20分。その間に小さなソースパンに赤ワイン、醤油、はちみつとお水を煮立ててとろっとしたテリヤキのタレを作っておきます。
20分したらさらにチキンをひっくり返し、タレをたっぷり塗ってオーブンへ。皮がパリとするまで10分ごとにタレを塗りつつ25分焼きました。
テリテリに仕上がって、脚の根元から透明な肉汁が出てきていたら焼き上がり。オーブンから取り出して10分ほど休ませてから切り分けます。
a0333321_07434889.jpg
で、私はこのチキンの切り分けが本当に下手。
普段、ローストチキンを丸ごと買ってきた場合は旦那くんが切り分けるし、基本お肉の塊は男性が切るもの、と決まっているので、私はあまり触る機会がないのです。
で、たまーに切ってみるとものすごいみすぼらしくなってしまうのです。あれ、脚ってこんなにお肉少なかったっけ?

a0333321_07434832.jpg
何はともあれ、脚部分を切り取り、塩胡椒であっさり炒めたターサイとオクラとトマトの酢の物を添えて夕食です。
久々のローストチキンは身がほろほろとしてパリッとテリヤキのタレをまとった皮と一緒に食べると至福。
や、久々に美味しいものを作りました。

今日食べなかったところは切り取ってタッパーに入れて明日のお昼にするのです。
最近は同僚が私のお弁当を覗きにくるので、下手なものは持っていけない!
(以前は茹でたブロッコリーと卵を持って行ってました。減量中のボクサーか)


[PR]
by akokv | 2016-12-13 07:58 | 料理 | Comments(0)
<< ロンドン、クリスマスマーケット。 イギリスのクリスマスの定番、ミ... >>