イギリスのクリスマスの定番、ミンスパイ、ラクトースフリー

クリスマスまであと2週間。ロンドンの街は、カラフルなリースやクリスマスツリーで溢れています。
a0333321_03181915.jpg
近くの花屋さんもこの気合いの入れよう。クリスマスはそれを迎える準備期間が、楽しい気がします。
甘いものが大好きなイギリス人ですが、クリスマスには特に気合が入っています。作るのに少なくとも半年はかかるクリスマスプディング(ドライフルーツがたっぷり入ったケーキをアルコールたっぷり入れて保存したもの)、それからドライフルーツ餡がたっぷり入ったミンスパイ。これらがクリスマスの代表のお菓子。
オフィスでも誰かしらがミンスパイを買ってきて、みんなでつまめるようにしてあります。
結構大きいし甘そうなので食べたことはなかったのですが……。
せっかくイギリスにいるし、食べたことないけど、作ってみようかなという気分になりました。

イギリスを普段から目の敵にしているフランス人の旦那くんに「ミンスパイを作ってみようかな」と言ってみたところ、即答で「僕は食べませんよ」という答えが返ってきました。うーん、知ってた。君はブッシュドノエルでも食べてなさい。
大量にできてしまうものなので、どうせならオフィスに持って行ってみんなに食べてもらおう。
あ、でも同僚の中には乳製品のアレルギーの人がいるから、バターもミルクも使えないなー。

というわけでタルト生地はバターの代わりにオリーブオイル、牛乳の代わりにアーモンドミルクを使ってみました。
アーモンドパウダー、薄力粉、きび砂糖、オリーブオイル、アーモンドミルクを混ぜてタルト生地を作ります。アーモンドパウダーを多めにしたからか生地がポロポロしててすごーく扱いづらい!しかもタルト型も直径2cmくらいしかないから面倒!
普通ミンスパイはマフィン型(直径6cm)くらいで作るらしいのですが、それじゃオフィスでつまみづらいから小さめサイズに作ったらめちゃくちゃ面倒だった。
格闘すること30分、15個のタルトを作り終えました。
a0333321_03210227.jpg
一口サイズのミンスパイ。
中に詰めてあるのはクランベリーやレーズン、レモンピール、各種ナッツ類を砂糖とナツメグやシナモンなどのスパイスと一緒に煮詰めた
「ミンスミート」と呼ばれるものです。
これも手作りしようと思ったんだけれど、寝かせるのに最低1か月かけた方がいいと聞いたので諦めてスーパーから買ってきました。
a0333321_03210300.jpg
a0333321_03210340.jpg
市販のものを食べたことがないので、果たしてこれで正解なのか……。心配。



[PR]
by akokv | 2016-12-12 03:39 | 料理 | Comments(2)
Commented by A-HIMEKKO at 2016-12-12 22:03
お星様がいっぱいね♪
タルト生地から作るとは・・・・大変そう。
職場のみんなが、きっと笑顔になるでしょう
Commented by akokv at 2016-12-13 08:28
> A-HIMEKKOさん
ランチ時にお皿に出したところ一瞬で売り切れました。。。イギリス人のミンスパイへの愛を甘く見てましたね。
乳糖アレルギーの同僚もパイは久しぶりと言って喜んで食べてくれました。うれしかったです!
<< テリヤキ・ローストチキン 母の基本のスポンジケーキ >>