パンプキンパイ、栗カボチャ見つけました記念。


本来であれば11月末のサンクスギビングのあたりで作っておかなければならない、秋の風物詩、パンプキンパイ。
私がひたすらにバターナッツという瓜のような顔をしたこちらの西洋カボチャがイマイチ気に入らず、かぼちゃ料理は作っていなかったのですが。
ついに、見つけたのです。
a0333321_06350633.jpg
a0333321_06350747.jpg

これ。
KABOCHA SQUASH。和かぼちゃがついにこちらのスーパーでも手に入るようになりました!!!スーパーで見つけた時はおもわず日本語でかぼちゃーって叫んでしまった。
日本と比べると若干肉が薄いのですが、味は本当に栗カボチャ。
早速二つ買ってきました。一つは味見がてらダイレクトにかぼちゃのスープに。これが旨味が深くて美味しかった。
ので、調子に乗ってこれでパンプキンパイを作ることに。
でも夕食に食べたいので、砂糖は入れないで作りますよ。

種を取ってブロック状に切ったかぼちゃを茹で、水を切ってからフードプロセッサーでペースト状に。
それから少しのクリームと全卵を入れてペーストを作ります。
その間にお気に入りのバター不使用のタルト生地を作って下焼きしておきます。
オリーブオイルを使った生地は寝かせなくていいのが本当に共働きの家庭には優しいレシピよね。大好き。

a0333321_06350825.jpg
生地が焼きあがったらかぼちゃのフィリングを詰めます。ざっとこんな感じ。
かぼちゃの外側の緑が残って、ちょっと微妙な色になってしまいました。完全に取ればよかったなー。

a0333321_06350926.jpg
焼きあがると多少黄色味が強く出て美味しそうになりましたが。
使ったスパイスはナツメグとシナモン。お塩はちょっときつめにした方が味がしまるようです。控えめに入れたらちょっと物足りなかったかな。
1/8も食べればお腹いっぱいになる、食べ応えのあるパイとなりました。
バターナッツよりやっぱり味が濃くて良い感じ。
今日はプロセッコをおごっちゃう。ちょっと良いことが続いたので。
a0333321_06350806.jpg
あっという間に12月になりましたね。
年末は何を作ろうか、毎日料理雑誌とにらめっこの毎日ですが、これが、楽しい。


[PR]
by akokv | 2016-12-03 06:52 | 料理 | Comments(2)
Commented by A-HIMEKKO at 2016-12-03 16:38
かぼちゃ・・・・て読める(笑)
待望の品に出会えてよございました・・・


これからパーティクッキングの腕の見せどころですね。
Commented by akokv at 2016-12-10 19:10
> A-HIMEKKOさん
そうなんです、KABOCHA!書いてるんで、びっくりしました。かぼちゃパンプキンって、かぼちゃかぼちゃって意味ですよね。

パーティ用にはそのまま焼いてグラタン作ってみたい。。。夢が膨らみます。
<< 母の基本のスポンジケーキ キャロットスープと発酵なしのバ... >>