刺身定食とオクラ記念日

この味がいいねと君がいったから、で始まる短歌がありましたね。
まさにそんな気分で、11月1日はオクラ記念日。
野菜嫌いの旦那くんにあの手この手でいろいろな野菜を食べさせているのですが、オクラは結構ハードルが高かった。
ぬめりの良さってあんまりわかってもらいえないのよね。オクラは今まではバター醤油焼きなどでごまかしてきたのですが、ついに挑戦してみることにしました。王道の三倍酢じゃ!

a0333321_05440169.jpg

これ、好きなのよねー。(私が。)
ちょっと酢を強めにして、あ、すっぱ〜いと思いながらツルツルとオクラをかきこむのが大好きで。
どうしても食べたかったので、ふと和食の献立を作った時に混ぜてみました。
しかしオクラ、イギリスのスーパーであまりにも簡単に手に入るので、そんなに市民権がある野菜なのか、みんなどうやって食べるんだろうと思って探してみたら、オクラのカレー(インド系)とかガンボスープに入れる(アメリカ系)とかのレシピが出てきました。その他だと、ローストしてお肉に添えているようです。サラダに入れてるレシピはあまりなかった。。。なんでだろう。それが一番美味しいのに。

というわけで、今日は和食です。
割引になった刺身の盛り合わせを買ってきて、マグロが好きな旦那くんにはマグロ多めの配膳。
ツマ代わりにはレタスの千切りを合わせました。
あとは土鍋の炊き立てご飯、細ネギのペペロンチーノ炒め。そして本日のハイライト、トマトとオクラの三倍酢。

a0333321_05440014.jpg
小さなタッパーに砂糖、お醤油、シードル酢(リンゴ酢みたいな味がするので最近はこれがお気に入り)を入れてタレを作り、
塩で板ずりした上で軽く湯がいて冷水にとっておいたオクラを刻んだものと、半切りにしたミニトマトを入れます。
んで、シェイク。タッパーに入れてしっかり蓋を閉めているので、混ぜなくてシェイクできるのが楽。
他のものを作りながら、思い出した時に振っておくと、食べる頃にはしっかり味が付いてます。
オクラの青臭さに負けないように、お酢は強めに。

久々の三倍酢のオクラ。染み入る美味しさ。
炒めたオクラを食べつけることでオクラに対する先入観がうすれていた旦那くんも、普通に食べてました。
成長したなー。昔なら箸もつけなかっただろうになー。

大好物ではないけれど、たまになら食べられる、とのコメントをいただきました。
ま、これ、毎食食べるわけでもないしね。
これで作れる食事のレパートリーがまた増えたわ。ありがたい。

[PR]
by akokv | 2016-11-03 06:11 | 料理 | Comments(0)
<< イギリス風スコーンの朝ごはん 光のフェスティバル、ディワリと... >>