りんごのマフィンケーキ、崩壊す

a0333321_20124862.jpg

りんごが激安な季節になり、我が家にも8個入りのパックが常備されるようになりました。(と言っても片手で握れるほどの小ぶりのやつです)
ちょいちょい食べるのですが、毎週8個買ってると余るので、今日は朝ごはん代わりにケーキを焼くことに。
マフィンに焼き込みたかったのですが、コンポートを作ってる時間もない。ので、生のりんごを乗せて焼く、というこちらのレシピを真似することにしました。NHKのこのレシピ集、使えるので大好き。

ただ、マフィン型が棚の上に片付けられていて届かなかった&旦那くんに頼もうにもシャワー中だった、というやむをえない事情にて、パウンドケーキ型に流して焼いてみました。今日のりんごは生食が美味しいPink Ladyです。
焼いてみても美味しいのかなー。

と、冒険をするところから今回のマフィンケーキの崩壊は始まりました。
ケーキの上に4つ切りにして皮をむいたリンゴを乗せたのですが、サイドの生地があまりにもふくれて周りのりんごを覆いかくしてしまいました。期せずして、りんごはケーキの真ん中に埋まってしまう、という。これはこれで美味しそうなのですが。
写真の下の方に白っぽいりんごのかけらが写っているのがご覧いただけるでしょうか。これが本来ケーキの一面を飾るはずだったりんごです。ベーキングパウダー様の威力を甘くみすぎてしまった・・・。
a0333321_20124870.jpg
そしてマフィン生地を無理やりケーキ型に入れたので、外す時がまた大変。
ボロボロの崩れやすい生地な上に、生のりんごを焼き込んでいるのでそこの水分が生地内にこもってさらにもろくなっています。
写真からもわかると思いますが、ボロボロに崩壊していきました。

なんとか救い出したまともなパーツをすくい上げて形にし、旦那くんの朝ごはんに饗します。
どうだ!

旦「おお、これは美味しいですね。でも君が食べてるのとは別物?」

私は砕けたケーキのかけらを焼けたりんごの上にのっけて食べていたので、パッとみ焼きりんごののクランブル。
なんで一緒のケーキなのに別の食べ方してるのー?って無邪気に聞かれましたが、旦那くんよ、これは失敗したというのだよ。

でも味は大変に良かったです。さすがプロのレシピ。
今度はマフィン型で焼いてみます。やっぱりマフィン生地はマフィン型で焼かないとねー。
あとPink Ladyはやっぱり生食の方が美味しいかも。次回はBraeburnに戻そう。

[PR]
by akokv | 2016-10-30 20:33 | 料理 | Comments(0)
<< 光のフェスティバル、ディワリと... 皮パリパリチキン。塩味。 >>