バターを使わないアップルパイ、試作。

イギリスのりんごは、美味しい。
小ぶりで、甘酸っぱくて、これを食べつけたら日本のりんごが甘すぎで巨大すぎて、別の果物のように見えてしまいます。
で、種類もやたらいっぱいあるので、味の特徴などを掴みながら調理するのが大事。
Cox、Pink ladyあたりをよくサラダにしたり生食するのに。Braeburnは紅玉のように焼きこむデザート作りに適しています。
で、今回はBraeburnを買ってまいりました。どうしても試したいレシピがあったのです。
a0333321_06343506.jpg

先日日本に帰った時に、吉川文子さんの「バターなしで美味しいパイとタルト」という本を買ってきました。
再三ブログで語っていますが、旦那くんはコレステロールが高いので、バターを始めとする動物性脂肪をなるべく摂らないようにしています。でもタルトもパイも好きなので、じゃぁこの本の助けを借りようか、と。
バターをサラダ油に置き換えるだけで生地は扱いやすくなるわ、休む時間はいらないわといいことだらけでそうです。
またまたーと思って挑戦してみたら、本当に簡単だった。(ちなみにサラダ油ではなく、オリーブオイルに置き換えてみました)
さりげなくアップルパイは作るのが初めてだったのですが、生地作るのに10分もかからなかったのです。なにこれ。
a0333321_06343655.jpg
著作権のアレがこれなので、レシピは書きませんが、これは繰り返し使いたくなるレシピ。
パイ皿なども使わず、オーブンシートに直接パイ生地を敷いて、先に煮ておいたりんごを乗せ、端をを折りたたんで仕上げてみました。
ちょっと作りが荒くなってしまいましたが、ザクザクとしたパイ生地が大変食感も良く美味しい。そしてバターを使っていないので、食後に一切の胸焼けもなし。この生地のレシピから砂糖を抜くとキッシュとかにも応用できるんじゃないかなー。
ワクワクが広がります。
a0333321_06343779.jpg
もちっと生地を薄く伸ばしてもよかったかな。ちょっと厚すぎてボリューミーすぎちゃった。

a0333321_06343579.jpg
a0333321_06343602.jpg
ちなみに夕食はまたまた義母が持ってきてくれた鴨のステーキでございました。
秋は食欲が増して困るわ〜〜。


[PR]
by akokv | 2016-10-23 06:54 | 料理 | Comments(0)
<< 皮パリパリチキン。塩味。 ムール貝の出汁でそうめん >>