夏の最後を飾るロゼ(と、キッシュ)

そろそろ20度を切るのが当たり前になってきたロンドンは、不思議と快晴の日が続いています。
とはいえ日が短くなってきているのも確かで、朝、仕事前にジムに行くのに6時ごろに出かけるのですが、まだまだ真っ暗です。
秋になってきたなぁ、でも今日はいい天気だなぁ、というところで、この夏最後のロゼワインの飲み納めをすることに。
夏の間に買っておいたニュージーランド産のロゼ、来年の夏までもたせるものでもないし、終わらせちゃおうぜ。

a0333321_18054322.jpg
スペインのマンチェゴチーズ、フランスのソッシソン(ドライサラミ)、まだちょっと硬い梨とミニトマト。
熟れていない梨は青臭さが野菜っぽくて、こういうアペリティフの時の箸休めに丁度いいのです。
でもこれを食べるとぐっと秋を身近に感じるなあ。

ロゼワインはニュージーランドのマルボロー地方のもの。ピノロゼ、というぶどうの種類から作られたそうで。
ピノノワールとかピノグリとかは聞いたことあるけど、ピノロゼって初めて聞いた!
香りはピノグリのようなベリー系でナッツっぽい華やかさで、味はロゼにしては深みがあり、秋口にぴったりの味わいでした。

で、ぐでんぐでんに酔っ払ったので(酔っ払うことがわかっていたので)飲む前に仕込んでいたキッシュをオーブンから取り出してサクッと夕食。

a0333321_18054386.jpg
今回は義弟の彼女さんから「バター少なめのパイ生地の作り方」を教えてもらっていたので試してみました。
いつもキッシュはパット・フィユテ(パイ生地)を買っていたのですが、まぁ手作りの方が美味しいよね。というわけでこちらのタルト生地。
これはパット・ブリゼ(クッキーみたいなサクサク)のバージョンです。

バター 90g
小麦粉 200g
塩 小さじ一杯
卵 一個
水 20cc

角切りにしたバターを粉と塩の中に入れ、指でぽろぽろ崩しがら混ぜ合わせ、馴染んだところに卵と水を合わせたものを少しずつ入れ、しばらくこね、まとまったら冷蔵庫に入れて2時間。(その間にアペリティフ)
あとはいつもの通り下焼きして、キッシュ液とパンチェッタを流し込み、チーズをのっけて焼けばおしまい。

サックサクのタルト生地が大変美味しくできました。
でもやっぱりそれでもバター90gも入ってるんだなー。
今度バターなしのタルト生地も作ってみよう。こんなに簡単にタルト生地って作れるなんて知らなかった。

ちなみにキッシュは伝統的にはパイ生地を使うもので、タルト生地を使うのは邪道だそうです。
でも旦那くんは美味しければどっちでもいい、というスタンスなので、今後はバター少なめのタルト生地でやっていこうと思います。

ワインは珍しく二人で1本飲み終わりました。
さよなら、夏。




[PR]
by akokv | 2016-09-24 18:21 | 料理 | Comments(0)
<< 焼きたてマフィンで朝ごはん 誕生日のディナー >>