丸ごとナスのピラフ詰めチーズ焼き。

唐突にバスマティライスが食べたくなって昨日炊いて、サーモンのグリルに合わせてました。
香ばしく焼いたサーモンとバスマティライス、というのはお気に入りの食べ合わせ。で、1合炊いたお米が半分余りました。
余ったお米、どうしようかなー、一人分には多く二人分には少ない。帯に短し、タスキに長し。
で、ナスを買ってきて詰めることにしました。

ナスをスプーンでくり抜き、くりぬいた部分をみじん切りにしておきます。
ニンニクを熱したオイルの中にエシャロットのみじん切り、ナスのみじん切り、ベーコンを炒めて、お米とトマトピューレを入れて炒めます。
別のフライパンでナスのカップも焼いておきます。
お米はスープブイヨンと塩で味を整えた後にナスのカップに詰め、チーズを上に乗せて200度のオーブンで10分焼いて出来上がり。
ナスを炒める時は、いけないとわかっていてもちょっぴりオリーブオイルを多めにしちゃう。とろとろのナスとチーズがさっぱりとしたお米にからんでいい感じです。トマトの酸味もちょっとオイリーな後味を洗ってくれて良いバランスでした。

a0333321_05575404.jpg
あとはサラダをざざっと作って終わりです。
前菜はやはり昨日作ったフムスのあまりとスティックベジタブル。旦那くんはスティック状に切ったにんじんだと嘘のように大量に食べてくれます。

なぜか突然夏が戻ってきたロンドンは25度近くの暑さです。今年最後になるかな、と言いながらロゼワインを開けました。

a0333321_05575467.jpg
最近は8時ごろにもう暗いものね。
夕焼けを見ながら夕食っていうのもあとなんにち続くかしらかね、といいながら空を見上げると彩雲が広がっていました。
あ、これは珍しい。プラズマの都合で空に虹が映る彩雲です。ぼうっと空が虹色に光って美しい。
これは昔は瑞祥、吉兆と呼ばれていたそうですね。
あまり迷信深い方ではないのですが、これだけ綺麗な雲を見ていると、何かいいことがありそうな気分。

a0333321_05575458.jpg



[PR]
by akokv | 2016-08-31 06:35 | 料理 | Comments(0)
<< 南イングランドの古城巡りとセブ... 白身魚のソテー、アボカドソース >>