白身魚のソテー、アボカドソース

南フランスの別荘にいる間に、義母の持っている料理本を読み漁っていたのですが、その中にフランス料理のアレンジの達人とでもいうべき料理人、Jean-Francois Mallet の書いた「シンプル・ライト(simplissime light)」という本がありました。
必要な材料は4-5種類、手順もシンプル、カロリー表示もバッチリという料理本で、これはいいなとお持っていたのですが。
その中に「白身魚のソテー、アボカドソース」というものがありました。
白身魚をさっとソテーして、下にアボカドとレモン、白ワイン、醤油で味をつけたソースを引くというものです。

見た目が綺麗なのと、これは美味しいだろうと思ったのでロンドンに帰ってきてから適当に作ってみました。(レシピメモしてくるの忘れた)
a0333321_04443399.jpg
よく熟れたアボカド1つを取り出してレモン汁少々を加えてボールの中でよく潰しておきます。
軽く塩とオリーブオイルを加えてブレンダーでかき混ぜ滑らかにしておきます。
白身魚(今日はタラにしましたが)は水気をしっかり切ってから塩を両面にふりかけ、ソテーします。
両面焼きあがったら取り出し、同じフライパンに先ほどのアボカドを加えます。
白ワインを少量加え、お醤油を入れて味を調えたら出来上がり。
お皿にソースを持ってから白身魚を上におきます。
タラの淡白な味わいがアボカドソースのコクとあいまっていい感じ。アボカドと醤油の相性もいいことですし、これは美味しい。
アボカド1つで二人分のソースが余裕で出来上がります。
あとはこれにグリーンサラダを添えて終わり。食卓がものすごい緑なんですけど・・・。

前菜は先日大量に買って余らせていたズッキーニをチーズグレイターで削いで水気をしっかり切ったものに卵と適当に小麦粉、お塩、一味唐辛子を合わせたものを焼いたズッキーニケーキ。これ、簡単なのに美味しいのでよく作ります。

a0333321_04443339.jpg

焼きあがったものにはチリソースをつけて食べてもいいのですが、そのままでも美味しいです。
旦那くんにはこれで先にいっぱいやっていてもらっている間にメイン料理を作っちゃう。
共働きで夫婦帰ってくる時間が一緒になるとついバタバタしてしまいますね。

a0333321_04443392.jpg
こういう小さいおつまみを作ると、何故か旦那くんのテンションが上がります。
食事の前のこういう前菜が好きみたい。日本でも居酒屋の突き出しに異常に反応するもんなぁ。
あ、これにはもちろん冷えたミニトマトを添えました。前菜にミニトマトがないとフランス人は不機嫌になります(乱暴な結論)



[PR]
by akokv | 2016-08-26 05:15 | 旅行 | Comments(2)
Commented by A-HIMEKKO at 2016-08-31 20:25
アボガドソースの上に白身魚ソテー
イイネ♪
アボガドはサーモンとの相性もいいし、
しょうゆともよく合いますね。
づけ丼が我が家の定番ですが、
コレもやってみよう^^

Commented by akokv at 2016-09-19 03:39
>Himekkoさん、
アボカドってお魚全般に合いますよね!!是非是非やってみてください〜。サーモンとアボカドの漬丼はうちもよくやります。
<< 丸ごとナスのピラフ詰めチーズ焼き。 バカンス、デトックス、チョップ... >>