サーモンと野菜の地中海グリル

本日も晴れ、時々曇り、雨、雷、と天候のデパートのロンドンからお送りします。
気温は15度でした。寒いよ!!!!!!
a0333321_06035883.jpg
というわけで温かなオーブン料理。
パプリカは食べない、と宣言した旦那君ですが、火を通したら食べられることが発覚したので、最近はパプリカ祭りです。
シャーロットという小ぶりのジャガイモ(ジャガイモの種類の中で一番美味しいと思うの。もっちりしっとりの食感がたまらぬ)、パプリカ、エシャロット、皮付きのニンニクとタイムを合わせてオーブンに突っ込みます。この時、ジャガイモだけはあらかじめ水から炊いておき、沸騰したところで取り出したものを合わせるとオーブン内で火が通りやすく他の野菜と混ぜてもムラなく焼くことができます。
オリーブオイルを適当にかけておいて200度のオーブンで20分。
火が完全に通ったところでトマトとサーモンを加えてさらに15分、途中でサーモンをひっくり返しながら焼きます。

お野菜とサーモンが香ばしく焼ける香りで家中がいっぱいに。
a0333321_06035886.jpg
a0333321_06035839.jpg

出来上がりにバジルを散らして粗熱を取ると出来上がりです。味付けは塩だけ!香味野菜とハーブをいろいろ入れているので、これだけで十分美味しいのです。オーブンでじっくり焼くとエシャロットもパプリカも甘く仕上がるので野菜嫌いな旦那君もこれなら食べれると言ってくれます。
a0333321_06035937.jpg
こんがりのトマトをつぶしてソース風にしながらサーモンと一緒に食べます。
暖かい一品だけれど、トマトのおかげでなんとなく夏の香り。
ていうか夏はいつ来るのか、イギリスよ。



[PR]
by akokv | 2016-06-17 06:16 | 料理 | Comments(0)
<< 夏至に食べるタイカレー タラのムニエル、バタービーンズ... >>