赤ワインとリブ肉ステーキが食べたくて。

ここ最近、旦那君がレコーディングダイエットにはまっています。
おお、ついに痩せる気になったのか、と応援していたのですが、これ、実際はとても面倒ですね(こら)。
料理するときもいちいち鳥の胸肉の重さを測り、照り焼きに入れるはちみつ、醤油、みりんの分量を測り、添えるミニトマトも計って……。
面倒!!!!!
でも、旦那君が健康志向になってくれているならありがたいのです。私もついでに夏前に体重落とそうと思ってるし。
で、ここ最近は野菜と豆類が中心の非常にローカロリーな食事が続いていました。
ですが、ちょうど金曜日の夜にRick Steinというイギリスのセミリタイアしたような(失礼)料理人がボルドー地方を旅してひたすらに飽食をする、という料理番組を旦那君と観ていたところ、ボルドーのシャトーでリブ肉のステーキ(コート・ド・ブフ)を炭火であぶり、ぶどう畑の見える庭先で赤ワインとともに楽しむ、みたいなシーンが出てきました。

(興味がある方はこちらで。英国内でしか視聴できないかもですが - Rick Stein's long weekend )

その時点で夜中の1時ごろだったのですが、もう二人で牛肉の血の滴るステーキが食べたくて、タンニン強めの赤ワインが飲みたくて、悶絶。
あ、もうだめだ。明日は牛肉を食べるんだ。
a0333321_03060150.jpg
で、給料も出たところだし、いいよね、夜じゃなくてお昼に食べてそのあと運動するならいいよね!?!?という言い訳付きで、リブ肉を買ってきました。
土曜日の朝10時、スーパー開店と同時に。ええ、がっつきすぎですが、本当に二人ともお腹が空いていたのです。サンデーまで待てない、サタデーロースト。みよ、この肉にくしい塊を!驚きの1.3kg! 

冷たいお肉を室温まで戻してから、ニンニクとタイムを入れて熱したフライパンで脂肪のたっぷりついた皮面から焼きつけます。
すべてのサイドに焼き色がついたら200度に熱したオーブンで20分。

a0333321_03060125.jpg
こんがり。
フライパンごとアルミホイルで包んで10分ほどお肉を休ませてから切り分けます。ていうかそろそろロースト用のトレイが欲しいんだけど。

せっかくなのでもちろん赤ワインも開けます。
家にボルドーも何本かあるのですが、あまりにも二人で飲むのには勿体無い銘柄が多いので、今回は南仏から買ってきたChateau Angueirounの2012年。
シラーとグルナーシュを使った力強く華やかなワインは、南仏のバカンスを思い出させます。
a0333321_03060111.jpg
この瑞々しくも深い赤ですよ!!!うまいに決まっておる!!

a0333321_03060149.jpg
でもダイエット中なので(今更)、ジャガイモなどの糖質はなし。
肉をひたすら貪り食べる、土曜日の午後。
(あ、まさか全部は食べませんでしたよ。残りは次の日にサンドイッチの具になりました)

明日からはまたダイエット。
しかし牛肉と赤ワインの組み合わせって脳内麻薬が出て危険だなほんと。

[PR]
by akokv | 2016-05-23 04:17 | 料理 | Comments(2)
Commented by A-HIMEKKO at 2016-05-23 09:46
おおーーーー1,2キロ@@
たまにはいいんじゃーーない。
ダイエットで節制ばかりじゃーーーつまらん。
でも
ご主人、スリムやん??
Commented by akokv at 2016-05-25 03:56
> A-HIMEKKOさん
あれは両手を上げてワインボトルを持ってるからスリムに見える、というマジックですよ(うふふ)

ま、でもたまにはがっつりもいいものですねーーーー!
<< 牛乳&バター不使用・低カロリー... 1/4ずつケーキ・フランスのお... >>