ズッキーニとリコッタチーズのキッシュ、春のおもてなし。

a0333321_00414786.jpg
東京を起点に世界中を飛び回っている姉が、欧州に仕事でやってくるので、ついでにロンドンに寄るわ、と言ってくれました。
新しいフラットに引っ越したから見に来てよー!ということで、お昼に呼ぶことに。
姉に会うのはお正月ぶりです。さて、何を作ろうかな。姉は好き嫌いがない上、ま、育った環境も一緒なので好きなものも似ていて献立を考えるのは比較的楽なのですが。春育ちの柔らかズッキーニにしばらくハマっているので、これを使ってキッシュを作ることにしました。ちょうど白ワインも冷えてるし。これでいこう。

市販のパイ生地を下焼きした上に、ニンニクとタイムと一緒に炒めておいたズッキーニを並べ、ナツメグと少々の塩で味をつけておいたリコッタチーズをその上に載せます。卵3個と牛乳120ccを混ぜてナツメグと少量のシナモンを入れたキッシュ液を流し込み、上にエメンタールチーズを敷いて180度のオーブンで15分。チーズにちょっと色がつき始めたら出来上がり。

a0333321_00414750.jpg

午前中に作っておいたので、お昼に食べることにはちょうどいいしっとり具合に。
簡単なのだけれど、豪華に見えるキッシュはおもてなしには楽チンな料理なのです。
あとはクミンシードをきかせたレタスサラダ。このスパイシーさにハマってしまってなんだかしょっちゅう作っています。

たっぷり食べて、たっぷり飲んで。二人姉妹だとおしゃべりがつきません。
私が日本語をしゃべるのを見慣れていない旦那君は、あっけにとられて私の日本語弾丸トークを聞いていました。

旦「AKOは日本語だと早口だね?」

そう聞こえるだけです。早く君も日本語精進なさい。





[PR]
by akokv | 2016-05-02 00:56 | 料理 | Comments(2)
Commented by A-HIMEKKO at 2016-05-02 22:57
お姉さまとの語らいが聞こえてきそう・・・・
もてなし料理で
喜ばれたでしょう♪
次ログのお母様直伝のクッキーも
おいしそう。料理好きは遺伝ですね^^
Commented by akokv at 2016-05-03 07:18
> A-HIMEKKOさん
姫っこさんのブログを拝見していても思いましたが、やっぱり家庭料理は家族の集まりに必須ですよねーー。料理は母の背中を見て育ちました。。。追越せそうにはないのですが。。。
<< 郷愁のロック・クッキー 窓枠菜園のサラダ >>