フランス人直伝クロックマダム

a0333321_05101264.jpg

フランス人の旦那君は滅多に料理をしません。
料理をするとすれば、パスタにケチャップととろけるチーズをかけたもの。それか、クレープやパンケーキ、タルトなどの甘い物しか作りません。
それでも台所に立つのは、本当に食べたいものがあるときで、しかもそれを私が作らないとき、です。

すなわち、先日の日曜日の朝ごはん。
私は前日の土曜日に一日中かけて前の家と引っ越した家の家中の掃除をしたため、クタクタに疲れておりまして、台所に立つ元気もなくミルクティーをすすっておりました。
で、なんかお昼ご飯を兼ねてしっかりしたものを食べたい気分になった旦那君。しかし妻はソファーにへたっているので、じゃぁ僕がやりましょう、とおもむろに作り出したのが、クロックマダム。
トーストにハムとチーズを挟み、しっかり両面を焼いた後に上に目玉焼きをのせるというジャンクなのにおいしそうな軽食は、意外にボリューム満点。

トーストはごく薄切りのもの、チーズはエメンタールかチェダー。ハムは今回はパルマハムを使います。
上にはうっすらとバターをのせて、充分に熱したフライパンに放り込みます。
a0333321_05101237.jpg

片面焼けたところでフライパンの端っこに卵を割って目玉焼き作り。
出来上がったら上に乗っけて出来上がり。
クロックムッシュみたいにホワイトソースもいらないし、思いついたらサクッとできるこの手軽さ。
a0333321_05101269.jpg
ジブリの映画に出てきそうな、なんだかメルヘンな出来上がり。
食欲は全くなかったのだけれど、それを見てるとなんだかお腹がすいてきました。






[PR]
by akokv | 2016-03-08 05:17 | 料理 | Comments(0)
<< バタービーンズのフムスとホットサラダ 引っ越しフレンチトーストと、や... >>