冬の食卓、カリフラワー・ポタージュ

冬のお野菜、カリフラワー。ビタミンCも豊富ですし、料理をするにも白いお野菜はなかなかないので、美しく料理欲をそそるお野菜です。
近所の八百屋さんで1.5kg近くある大きなカリフラワーを買ってきました。
ちなみに英語ではカリフラワーはコリフラワーと発音するようです。
a0333321_05250545.jpg

青々とした葉、みずみずしい花茎。

唯一の問題といえば、旦那君がカリフラワーを嫌いなことでしょうか。

こんなに美味しいし栄養がたっぷりなものを冬に食べないなんてありえない、ということで、誰でも食べられるカリフラワーのポタージュに。
最近は旦那君が食べられない野菜をどうやって調理して食べさせるかに凝ってます。こう言う食べ方もあるんだね、美味しい!と言われると全ての苦労が吹っ飛ぶ気がする。
で、カリフラワーのポタージュでgoogle先生に相談したところ、「クミンを入れる」スパイシー派と「チーズを入れる」マイルド派に分かれるようです。
どうしようかな、と思ったのですが、相変わらず副菜でクミンたっぷりのキャロット・ラペを作ることにしていたので、チーズを入れるマイルド派にすることに。

カリフラワーを大雑把に刻んで(芯も薄切りに)、同じく薄切りにした半個のジャガイモと1カップのお水と一緒に蒸し煮にします。
ついでにローリエと、カリフラワーの青臭さがちょっと気になったのでティースプーン半分のお酢も入れました。(このままだと旦那君が食べない)。
煮えて木杓子でカリフラワーがほろほろに崩せれるほどになったら牛乳を少々入れて温め、ブイヨンの元を入れます。
味は薄めにしておいて、フードプロセッサーでポタージュ状に。
お鍋にもどしてからチェダーチーズを二つかみほどスープに入れて混ぜます。チーズが完全に溶けてから味見をして必要なら塩で味を整えて出来上がり。

あまりに味が淡白だったので、生ハムをカリッカリにフライパンで焼いたものを添えました。スモーキーなハムの味が滑らかなスープにぴったりでした。

a0333321_05514721.jpg

ちなみにあるレシピではトリュフオイルを垂らすといい、とも紹介されていました。
カリフラワー自体がクセのない味なので、スパイスやチーズで風味をつけるというのが正攻法のようですね。
クミン風味のスパイシーカリフラワースープもそのうち作ってみたいと思います。

ビタミンCをたっぷりとって、風邪予防はしっかりと。

[PR]
by akokv | 2015-12-08 05:47 | 料理 | Comments(2)
Commented by もみこ at 2015-12-08 06:55 x
美味しそうですね〜(*´◡`*)
今年の冬はまだ暖かいですが、それでも日が短くなると暖かいスープが飲みたくなりますね。
日本からの船便がやっと届いて、フードプロセッサーが手に入ったので作ろうかな〜♡
Commented by akokv at 2015-12-10 07:44
> もみこさん
我が家ではちょっとでも寒くなるとすぐスープ、スープです。ぜひぜひ作ってみてくださいな!チーズを惜しまず入れるのがポイントです!
<< ナスのグラタン、ホワイトクリー... チキンと白菜のミルク煮 >>