チョリソーとキノア、アボカドのコロコロサラダ

お客様があったり私がグータラだったりで、お肉中心の食卓だった週末。
平日になりましたので、サラダ中心の生活に戻ります。でも寒いし、あったかいサラダ食べたいなー。
というわけでチョリソーとキノア、アボカドを入れたコロコロの食感の楽しいあったかサラダを作ることに。
a0333321_06312017.jpg
最初にざっと洗ったキノアとブルグル(挽き割り小麦)を1.5倍の水で炊いておきます。
炊き上がったらバットに伸ばして粗熱をとります。
その間にチョリソーを輪切りにし、少量のオリーブオイルをひいたフライパンで炒めます。少し脂が出てきたあたりで、スプリングオニオン(太めの小口ネギ)を入れ、冷凍の枝豆を加えてざっと炒めます。
枝豆が温まったかな、というくらいでキノアに混ぜ、またバット上で平べったく伸ばしておきます。
軽く塩とバルサミコ酢をかけて下味をつけます。

冷ましている間に、ミニトマトと葉っぱ類(なんでもいいと思いますが。今回はレインボーチャードと呼ばれる赤いスイスチャードと、レタスを使いました)を刻みます。ボールにオリーブオイル、塩、バルサミコ酢で少量のドレッシングを作り、葉っぱ類とトマトを和えておきます。
そこにあらかた冷めたキノアを入れ、混ぜます。最後に角切りにしたアボカド半個を入れてざっと混ぜたら完成。
つぶつぶのキノア、コロコロのアボカド、枝豆、そして焼き色の香ばしいチョリソーが相まって非常に美味しいサラダと成りました。
筋っぽくて硬いスイスチャードは、オリーブオイルを纏うと優しい食感になるのが不思議。

a0333321_06312001.jpg
カラフルなサラダをおなかいっぱい食べて、ちょっとカラダにいいことした気分。


[PR]
by akokv | 2015-11-10 06:46 | 料理 | Comments(0)
<< バーモンジー・アンティーク・マ... ガイ・フォークスと栗ご飯 >>