鱈のタラゴンバターソース


a0333321_07482575.jpg
我が家には広いテラスがあるのですが、いかんせん北西向きなので日が当たるのは午後のほんのひと時。
しかもただでさえ日差しが少ないロンドンですから、まぁ植物が育ちにくい。
そんなところではありますが、ハーブをせっせと育てています。
現在育っているのは、ローズマリー、タラゴン、タイムとディル。
ローズマリーとかタイムとかは超メジャーどころだと思うのですが、私実は今までタラゴンを使ったことがありませんでした。
料理の本などで(あと私の愛読の料理雑誌のdelicious.とかで)多用されているので、先日苗を買ってきて植えてみたのです。
薄緑色の新芽を摘んで、弱火で優しく焼き上げた鱈に合わせてみました。あれ、ほんのり甘い香りがする?
エストラゴンの香りに似てるな、と思ったらタラゴンとエストラゴンは同じハーブだそうです。エストラゴンは仏語だとか。

a0333321_07482505.jpg
甘いけれどすっきりとした香り(アニスに似てる、ってよく言われますが確かにそうかも)は淡白な鱈にぴったり。
先日安売りされていたプロセッコを合わせました。しゅわっとした泡がやっぱり魚には合うのです。
イギリスってスーパーで買える魚の質は悪いわ種類は少ないわだけれど、鱈だけは本当に美味しいと思う。
イギリス人が鱈しか食べないのもわかる。

明日は雨だそうなので、今日の日差しをたっぷり楽しみたいと思います。
a0333321_07482581.jpg


[PR]
by akokv | 2015-07-14 07:58 | 料理 | Comments(0)
<< フランス革命の記念日なので、シ... 夏の散歩道 >>