日本人妻、ロンドンひとりで昼ごはん


たまたま、金曜日の夜にぶりのカマが3.8ポンドなのを見かけたので、買っておきました。
土曜日、旦那くんがお昼ご飯いらないから好きなものを作ったら、と言ってくれたので、ぶりカマを炊こうかなということに。

お湯をかけて臭みを抜いた後、生姜と清酒、醤油とほんのちょっとのグラニュー糖で炊き上げます。
落し蓋をして20分、ときどき煮汁を上にかけながら、お魚は動かさない。
母から習った基本のこと。

煮汁を味見してみると全く生臭くない!これはいいアラに巡り会えました。
煮汁の旨味がもったいないので、小鍋で細身のおうどんを炊いて、横に添えることに。

ほくほくのカマを食べていると、旦那くんがビールを持ってきてくれました。おいしそうだねーと言ってくるので、いらないだろうな、と思ったけど、ひとくちいる?ときいてみる。
いらないよ、と笑顔で返されました。
うん、知ってた。
だからときどき土曜日のお昼は別々に食べるのです。
普段の食卓には絶対にのぼらない、それでも私が懐かしい味は土曜日のお昼ご飯になります。
一緒に食べてあげられなくてごめんね、と旦那くんは言ってくれるけど、結婚したときに決めたのです、お互い食事でストレスを溜めないようにしようと。
彼が食べたい祖国の料理があれば、私は義母に教わって作りますし、私が食べたいものはときどき一人分作る。ふたりとも食べることが大好きで、しかも食事は毎日のことだから、ストレスためないようにするの、大事です。

しばらくお魚を食べていなかったので一気に食べてしまいしました。
今度買ったらオーブンで焼いてみよう。そうしたら旦那くんも食べられるかもしれないな。

a0333321_03260289.jpg







[PR]
by akokv | 2015-07-06 04:23 | 料理 | Comments(0)
<< ロンドンの(精一杯)七夕ご飯 キヌアとトマトのスーパーフードサラダ >>