柑橘とバニラ風味のフェットチーネをいただいたので。

旦那くんが、お友達から不思議なお土産をいただいてきました。

a0333321_04222462.jpg
乾燥フェットチーネです。Le Ruyetという完全無農薬の小麦を使ったビオ・パスタだそう。塩もフランス産のゲランドの塩を使うという徹底っぷり。ビオ食品が大好きなフランス人の友人から頂きました。昔ながらの精製方法なうえ、もちろん着色剤なども使用していないので、この黄色いのは麦そのものの色なのだそうです。

ほー、それはいいね、と旦那君に早速茹でてあげることに。しかしその前に「Agrumes / Vanille」という記述が気になります。Argumesってフランス語で柑橘類、Vanilleは、まぁ、バニラですね。っていうかシトラス・バニラの香りとかお前はお風呂上がりのクリームか、という。
日本だと「柚子の皮を練り込んだ」おうどんとかありますが、柑橘類って一体何が入ってるの!!!
で、詳しく見てみるとCombava(コブミカン)が練り込んであるそうです。

コブミカンとバニラが練り込んであるパスタとかどうやって使うのよこれ……。

と途方にくれたのですが、気を取り直してトマト缶を買ってきました。私はトマト教信者なので、トマトソースさえかければなんでも食べられると思っています。
トマトは料理を救う。

コブミカンとバニラの匂いがどれだけ強いのかわからないまま、とりあえずラム肉のひき肉とトマトでラグーソースを作りました。
ラム肉の匂いがパスタの匂いと相殺してくれないかな!これ間違ったらきっとおいしくないよね!

a0333321_04222498.jpg
結果、小麦のやや香ばしいような香りは十分したのですが、コブミカンとバニラの香りはあまりせず。
素朴な食感が楽しめる美味しいパスタでございました。
a0333321_04222446.jpg
ただちょっと乾いてる感じなのは私の茹で方が悪かったのか。ぱっと見チキンラーメンが伸びたみたいになってしまって残念。
これ、バター醤油で炒めたほうが合いそうだな。焼きそばみたいにしても美味しいかも!
あと一回分あるので、アレンジを楽しもうと思います。

すっげーシトラス・バニラの香りでした!というオチじゃなくて申し訳ない。


[PR]
by akokv | 2015-06-20 04:43 | 料理 | Comments(0)
<< 鴨肉とボルドーの葡萄酒。 マグロ&サーモンのハイブリッド丼定食 >>