バタービーンズが食べたくて。

a0333321_07040175.jpg
先日、義両親がロンドンに来た時に連れて行ってもらったThe Balcon Londonというフレンチレストラン。
天井が高く、日差しのいっぱいに入る非常に居心地もよく美しいレストランだったのですが、食事も最高。さすが名だたるフレンチのシェフ、ヴァンサン・メナジェが監修してるだけあるわ、と感心するフレンチ。そこでランチをいただいた時にスズキのグリルのバタービーンズ添えを食べました。このバタービーンズが本当に本当に美味しかったのです。ホクホクとして大振りで、魚の旨みをたっぷり吸って。NZ産のシャルドネを飲んでいたのですが、このマリアージュに気が遠くなるほど。

それを食べて以来、念仏のようにバタービーンズが食べたいと唱えていたのですが、なかなか巡り合わないのです。缶詰のはスーパーに結構売っているのですが、普通の乾燥豆のほうが見つからない。二人暮らしだと缶詰は余るから乾燥のほうがいいんだけどなー。
で、結局オンラインスーパーにてお取り寄せしました。

a0333321_07040121.jpg

見た目はちょっと白花豆のよう?と思ったら白インゲン豆の仲間だそうです。なるほどね。
ちなみに一袋300g弱で1.5ポンドくらいでしたよ。やっぱり乾燥で買った方が缶詰より経済的……。
本日はこれを炊くんだーと思っていたので、前日からお水につけておきました。帰ってきたら圧力鍋でぐぐっと炊くよ!

ところが今日は仕事が忙しく、結局家に帰ってきたのは7時半。旦那が飢えてソファーに寝っ転がっていました。
時間かかる料理をつくると旦那に悪いな、と思ったものの、水に浸した豆を放っておくわけにも行かないので、計画通り今日は豆を炊きます。
ごめんよ、旦那。

水に漬けておいた1カップ分の豆を1.5カップくらいの水と一緒に圧力鍋に突っ込み、圧力5分、水で急速冷却。
別に調理するのが面倒だったので拍子木に切った人参も一緒に炊いてみました。
大きめのフライパンでエシャロットをソテーしておき、火が通って透明になったところに豆を煮汁ごと投入。パプリカ、ローリエとベジタブルブイヨンを入れてしばらく炊き上げます。煮詰まったら塩で味を整えて終了。
豆を炊いている間にほうれん草のソテーを作っておきました。もうこの辺で旦那が動かなくなってきたよね。
あと5分でできるよ!!!

お魚屋さんにスズキがなかったので、タラの切り身を買ってきました。うん、だいぶ違うけどこっちのタラはぷりぷりで下手な白身を買うより美味しいんだ!

パプリカを入れたので色がちょっと赤黄色になってしまったものの、バタービーンズ自体はそこそこ美味しく仕上がりましたが、なにかエグミがあるような。そして安い豆だったから外の皮が固いのです。口触りがひたすら悪い。そういえば水に一晩浸した後、皮が自然に浮いてきてたな。これはやっぱり外して調理するしかないのか。と思って調べてみたら、「そもそもエグミがあるから茹でこぼして使え」「皮が浮いてくるのは水に浸しすぎた証拠」など、なんというか、調理の基本から間違っていたことに気付きました。食べられないことはなかったけど、レストランで食べたようなほっくほくに仕上げるにはまだまだ修行が足りないみたい。次はカスレでも作ってリベンジします!
a0333321_07040135.jpg



**追記**
このほかに、バタービーンズを使ってフムスを作りました。その記事はこちら。

やっぱり水煮缶を使った方が楽ではありますね。


[PR]
by akokv | 2015-04-29 07:51 | 料理 | Comments(0)
<< ポロ・アッラ・ディアヴォラ(鶏... チーズとローズマリーのビスケッ... >>