チーズとローズマリーのビスケット・サレ


a0333321_03594367.jpg

木曜日、金曜日と友人らと飲み歩いていて、スーパーにもよらず旦那にも作り置きの食事を温めて食べてもらってたりしてました。
で、土曜日に起きると台所が空っぽな状態でした。うぉ、食パンすらないー。しかしロンドンはあいかわずの曇り空、わざわざ徒歩で10分かかるスーパーにパンを買いに行って帰ってくるとして、20分かかるのか。ていうか日本にいる家族とSKYPEをする予定が20分後なんだけど。出かけられないじゃん。

というわけで朝ごはん用にスコーンでも焼くかと思って冷蔵庫をのぞくと、おや、牛乳すらないのね。なので適当に小麦粉とオリーブオイル、BPを混ぜて三角に仕立て上げてみました。所要時間20分で大急ぎで焼いたところ、見た目はそこそこだけど、ものすごくさっくさくでぱっさぱさのスコーンができました。熱々にバターを塗って食べてみると……。

a0333321_03594344.jpg
a0333321_03594389.jpg



旦那「でっかいクッキーですね。これにチーズとか入れるとおいしんじゃないかな」
母(スカイプ)「あら、見た目はいいじゃない」

失敗作でも食べてくれる旦那よ、ありがとう。あと母よ、私はなんでも食べてくれる人と結婚して幸せです。

で、次の日に旦那の仰せの通り粉状のパルメザンチーズを買ってきて生地に混ぜ、クッキー状ににして焼いてみることにしました。失敗してもただでは起きないよ。確かにフランスには「ケーク・サレ」というパウンドケーキのしょっぱい版(ハムとかチーズとか入れちゃう)のもあるし、塩味のビスケットもよくアペリティフで食べるし、確かにありなのかもしれない。

せっかくなのでドライトマトとバジルで一味、ローズマリーとパルメザンで一味。生地を分けて2種類焼いてみました。
覚書までにレシピ。

中力粉 200g
BP 7g
バター 50g
黄身  1個分
牛乳  30ml
砂糖  10g
塩   5g

粉類に細かく切ったバターを入れて指でつぶしながらサラサラになるまでよく混ぜ、そのあとに牛乳に塩と砂糖を混ぜたものを入れて練り上げ、最後に君を入れて生地をまとめて出来上がり。
生地を作った後に二つに分け、ハーブ類を練りこみます。棒状に形を整えてから包丁で切って、手で押し潰してクッキー状に。
180度で10分も焼けば出来上がりです。
サクサクと香ばしいホットクッキー。これはおいしい。食べ過ぎてしまうのが玉に瑕ですが、日曜日の午後にだらっとビールを飲みたい時のお供にぴったり。

a0333321_03594314.jpg
今日は朝から友人たち家族と公園に出かけていて、3歳児と駆け回って無駄にカロリーを消費したので、ビールが疲れた体に染み渡ります。
一缶で経済的に酔っ払いました。

お、旦那よ、後片付けは頼むよ☆



[PR]
by akokv | 2015-04-27 04:11 | 料理 | Comments(0)
<< バタービーンズが食べたくて。 疲れを取る。豚とサラダネギの中華炒め >>