ケールとキヌアのサラダ

国内外を問わず、あちこちのフードブログを覗くのが日課なのですが、最近の日本のフードブログときたら、んもう山菜とタケノコ尽くし。子供の頃から山菜は裏の山に自主的に取りに行くほど好きだった私にしてみれば、んもうお腹がなってたまらない。見たら辛いなーとは思いつつ、でも見たいなーと思いながらブログ読んでます。うう。辛い。お腹すいた。

しかし泣いてばかりもいられません。ヨーロッパにいるからこそ安く楽しめる食材もあるのです!しばらくはそれで春を満喫しよう!例えばホワイトアスパラガス、アーティチョーク、ベビーケール(青汁でおなじみのケールの間引き菜)とかは日本で買おうとするとちょっとお高めだったり、下手したら手に入らないもの!
あと旬は別にないのですが、キヌア。南米アンデス産のこのスーパーフード、日本だと結構高いのですが、こっちだと100g100円くらいで売っています。

というわけで好きな食材&春の野菜をかき集めてサラダ。まずキヌアを2倍のお水と少しのブイヨンで炊いてバットに入れて冷ましておき、ミックスビーンズの水煮缶も一度炊き直して一緒に冷まします。ベビーケールはオリーブオイルでざっと炒め、キヌアと豆に混ぜておきます。それを冷蔵庫に入れて冷まし、最後にレモンジュース、バルサミコ酢、お塩で味を整え、砕いたピスタチオを入れたら終わり。冷ます時間だけはちょっとかかるのですが、手間はそんなにかからないご馳走サラダです。さらにメインで食べたい時はフェタチーズとかを入れたりもします。
キヌアのプチプチ、豆のほっこり、ナッツのサクサク、とたくさんの食感が入り混じった楽しいサラダ。ロゼワインが欲しくなります。

a0333321_04221851.jpg

冷ましている間にブロッコリーとアスパラガスを茹でました。あとは激安だった鯛のフィレのグリル。安かろう悪かろうで、この鯛がありえないほど乾いていてました。なんと皮に切れ目が入れられないほど。これ、日本だと廃棄だろーと思いながら日本酒ふって蒸し焼きにしたらなんとかふっくらなりましたが。やっぱこちらのスーパーの鮮魚コーナー、レベル低いわー。月曜日はやっぱり買っちゃダメだわー。

a0333321_04221828.jpg
a0333321_04221885.jpg

ないものを羨ましがっても仕方がないので、手に入るもので春を満喫しようと思います!
とりあえずアーティチョークを買うぞ!(調理したことないけどね!)


[PR]
by akokv | 2015-04-14 04:30 | 料理 | Comments(0)
<< プレ・ア・ラ・ムタード(チキン... 懐かしのバナナケーキ >>