羊と豆のトマト煮込み

昨日からいきなり暖かくなったロンドン。
10度近く気温もあがったので、街中の花々がそれっとばかりに一斉に咲き始めました。
ロンドンは思ったよりも若い桜の木が多く(といっても東京の桜並木には到底叶いませんが)、このままこの子達が大きくなれば30年後には素敵な桜並木ができるんじゃないかと想像してみたり。
家のすぐそばには八重桜の若木が立っています。


a0333321_05200670.jpg

イースターのお休みが終わったので、4日ぶりにお仕事。
なんとなく休みぼけで仕事に身が入らず、ふわふわ1日過ごしてしまいました。いかんなー。明日から頑張ろう。
スーパーに行ってみると、羊を食べるイースターが終わったので、羊肉の大安売りをしていました。しめしめ。
肩肉の塊を4ポンドで買って帰ります。

お気に入りのブログでNew Orlean Red Beans and Rice とういうメニューを見かけて、「スパイシーなソーセーズと豆の煮込みか、美味しそうだな」と思ってました。作る機会をうかがっていたところ、我が家の問題児こと旦那より「ソーセージは苦手」「セロリ嫌い」「コリアンダーって食べ物なの」くらいのことを言われましたので、あーもうじゃ違うの作ってやんよ!!!ということで、ソーセージの代わりに羊肉、セロリもコリアンダーも入っていない煮込みです。しかもトマト入れたしね。もうまったく別の料理ですよ。
材料は玉ねぎ、エシャロット、人参、羊肉、レッドキドニービーンズ。羊肉を骨から切り離し、塩胡椒してから小麦粉をまぶし、金色になるまで炒めます。一旦鍋から取り出して玉ねぎ、エシャロット、人参を入れ、脂が回ったら羊を戻し、トマト缶、トマトピュレ、チリパウダー、タイム、ローズマリーと塩胡椒、ブイヨンで味付け。煮詰まったら羊肉を入れ、圧力鍋で5分。

その間にバスマティ米を茹でておきます。

食べるときにチーズぱらり。パセリを山ほどもって出来上がり。
チリコンカンの羊肉版、みたいな味になります。肉を食べてからお米をちょっとだけ入れて混ぜて食べると美味しいです。
私はレッドキドニーが食べたくてしょうがなかったので、お鍋から豆だけさらって食べてました。豆ってなんでこんなにおいしんだろう!!
旦那が「豆ならいくらでも食べられます」というので、しばらくは豆料理を研究する予定。一緒に暮らしていてもまだまだ相手の好き嫌いって把握してないもんだわ。豆嫌いだと思ってたもん。肉と豆の煮込みってどうやったって美味しいですよね。
羊肉はほろほろに柔らかく美味しかったです。次回はもうちょっと汁気がないように作りたいから、トマト缶じゃなくて生トマトとトマトピュレだな。大量に余ったので、明日のお弁当もこれになる予定。


a0333321_05200626.jpg
a0333321_05200603.jpg


[PR]
by akokv | 2015-04-08 05:42 | 料理 | Comments(0)
<< 懐かしのバナナケーキ 手作りミニピザ3種(ダイエット中) >>