春の風物詩・ラムのロースト

春といえば桜ですね。
こちらでは、春といえばアーモンドの花、だそうです。うちの庭先に生えている桜っぽい木はなにかとおもったらアーモンドだったみたい。
a0333321_06221789.jpg
これってほとんど桜じゃない?という感じ、しませんか。調べてみるとどちらもバラ科サクラ属なのだそうです。なるほどね。
今はこれが満開で、街を歩くのも楽しい。でも、やっぱり桜並木が恋しいな。

で、春になってそわそわしているのはうちの旦那。最近は相変わらず野菜メイン、サラダメインの食生活をしていたのですが、ことあるごとにラム肉が食べたい、と言い出します。なんで?

「春は、羊肉を食べる季節なんです」

そういえばやたらスーパーでも大量に並んでるなー。と思ったら再来週のイースターには羊肉の料理を食べる、という伝統があるそうです。
少なくともフランスには。
ついでに言えば羊は秋に発情期を迎え、春に子羊が生まれるので、それをさくっと美味しく食べられる、という肉の旬でもあるそうな。
子羊を食べちゃうなんて……とは思うものの、おいしく最後までいただくので、勘弁してください!!と肩肉のハーフブロックを買ってみる。
そして何を隠そう今回が初のラム料理です。どうやって調理したらいいのかしら。
ELLE A TABLEのフランス版を引っ張りだしてきたらドライフルーツで包んで焼け、とかトマトコンフィで包んで焼け、とか色々書いてありました。
面倒だな、と思ってイギリスのレシピを探すと「クラシックな焼き方としてローズマリーとニンニクを刺す」という非常に簡単なものを見つけました。ビバお手軽イギリス料理!!今日はせっかくだし、イギリス風で。

a0333321_06221741.jpg
a0333321_06221738.jpg
ベランダのローズマリーを取ってきてニンニクと一緒にさしまして、香味野菜を敷いたトレイに肉をのせ、アルミホイルでしっかり包んでからオーブンへ。200度で1時間。

ローストしている間に暇なので、お腹を空かせている旦那のためにおつまみを作ります。
常備してあるパイ生地を長方形に伸ばし、ドライトマトのペースト(本来はパスタソースです)と水切りをして塩とナツメグを混ぜたリコッタチーズを塗ります。
a0333321_06221799.jpg
a0333321_06221777.jpg
それを両端から真ん中に折って、ハート型になるように丸めます。うーん、文章で説明するのは難しいですね。
上の写真みたいに丸めて、(某源氏パイみたいな形に!)それから一口大に切ってオーブンシートに並べます。小さいので、5分も焼けば十分。
熱々をつまみます。うまくいくと本当にハート型になって可愛いのです。
これは一口大に切る前の状態のものを大量に作っておき、冷凍しておくのがオススメ。急な来客やちょっとつまみが欲しい時に取り出して切って焼くだけなので簡単です。

a0333321_06221756.jpg

a0333321_06221761.jpg

そのほかサラダやらなにやらを作っている間に1時間が経ちました。
ローズマリーとニンニクのいい匂いがしているので、羊を狙う狼のように旦那が台所付近をうろうろし始めました。火傷するよ。
取り出したお肉はアルミホイルに包んで10分ほど寝かしてから食卓へ。
a0333321_06221792.jpg

初めてにしてはいい感じに焼けました!
焼いた時に使ったトレイに残っていた肉汁は小鍋に移してウスターソースと醤油、みりんでソースを作ります。グレービーソースの作り方なんて知らないので適当なのですが、醤油なんて入れちゃっていいのかしら。

あ、ウスターソースって最近知ったのですがイギリスが発祥なのですね。Worcestershire sauce ってなんだろうと思ってたらウスターソースのことだった。
a0333321_06221715.jpg
初めて買ってみましたが、日本に比べて酸味がつよく、さらさらとした感じ。買ったもののこれなんに使おう。フライのソースとかに使えるかなー。

a0333321_06221680.jpg
お肉を切り分けるのは旦那の役目。張り切って切り分けていました。ほんのりロゼの焼き加減にしめしめと思っていたら、旦那が思わぬ一言。

旦那「火が通ってないけど食べられるのかな」

いやいやラムってロゼ状態を食べるものじゃないの??てか旦那、ステーキはブルー(レアよりもレア)派じゃん??ラム肉だけはウェルダンなの?そういうことは先に言っておいてくれれば……

旦那「いや、豚肉はしっかり焼かないと」

旦那よ、これはラム肉です。
散々食べたいと言っていたラム肉です。

旦那「あれ??」

このラム肉臭さで気づかないとは。そのあとは「やっぱラムおいしーねー」って言いながら食べてました。調子がいいね。
脂のトリミングを綺麗にしなかったせいか、ちょっと臭みが残るできあがりでした。これは今後の研究のしがいがあるな。
肉自体はほろっと溶けて柔らかな美味しい肉質。これ一本で5ポンドはお買い得かも(二日食べられるし)。

羊さん、ありがとう。おいしかったよ!





[PR]
by akokv | 2015-03-24 06:59 | 料理 | Comments(2)
Commented by Lady J at 2015-03-25 17:51 x
お~~ぉ、櫻じゃないですか!って思ったら、アーモンドなんですね(@_@;)
ラム肉、豪快なビジュアル!!!美味しそうです(^^♪
ラムは買ったことが無かったのですが、登志子さんがとっても美味しそうにお料理してらしたので、
まねっこしたら、臭みもなくとっても美味しかったです。

源氏パイ(あっ!違った?)、美味しそうだし、可愛いですね。
ソースは、ご近所の(高級)ス―パーに置いてあり、一度買ったことがあります!
サラッとし過ぎていたため、カレからクレーム(笑) だから、一度きりでしたが…
Commented by akokv at 2015-03-26 05:33
登志子さんが作るアイリッシュシチューをいつも作りたいと思うのですが、ストウブが高くて……いつかは欲しいなぁ。

ドライトマトの濃縮ソースは、普通にミートソースなどのトマトベースのソースを作るときに風味足しに使ってます。確かにそのままだとサラッとしてる……かもしれませんね。特に男の人には……。おいしいですけどね☆
<< みなぎるビタミン!キャロットスープ 日英高級スーパー”AZUKI”... >>