太陽を待つトマトタルト



a0333321_06051772.jpg


ロンドンもそろそろ暖かくなってきました。
写真はギャラリーなどで有名なサマセットハウスの南側にあるテラス。テムズ河を望むこのテラスは夏ともなると大にぎわいなのですが、平日の晩冬、人も少なく一休みするには最高の場所でした。
今日は有給をとってゆっくりしたので、ここで日向ぼっこ。

a0333321_06051798.jpg

こう日差しを浴びていると、恋しくなるのがトマトです。
冬の間はさすがに水っぽい温室栽培のものが多く避けていたのですが、スペインやモロッコ産の力強いトマトがマーケットにそろそろ戻ってきます。
でもまだそのまま生で食べてもまだおいしいわけでもないので、旦那のおふくろの味第三弾、トマトタルトを作ることにしました。
材料はパイ生地、大きめのトマト3個、ディジョンマスタード、ピザ用チーズ、ナツメグ少々。それだけ。

トマトは湯むきしてそのまま豪快に輪切りに。
パイ生地は180度で10分間下焼きしたあとにたっぷりのディジョン・マスタードを塗って、ナツメグを少々振っておきます。
その上に輪切りして種を抜いたトマトを重ねていきます。
種を抜くのは水っぽさを防ぐため。種をつけたままで焼く人もいますが、そうするとパイ生地が半端なく湿気るので私は苦手です。

a0333321_06051744.jpg
トマトを重ねたら上からチーズをたっぷりのせて180度で20分焼きます。表面に焼き色がついたら出来上がり。
塩胡椒すらしない本当にシンプルなタルトで、これは旦那から教わりました。
チーズとトマト、クリーミーなマスタードが絶妙な味わいで、超絶簡単なのにおいしい一品。
これに今日はサラダほうれん草のサラダを添えました。
a0333321_06051771.jpg

余ったパイ生地と熟れすぎた洋ナシを使って洋ナシパイを焼きました。
小さく切った洋ナシを赤砂糖で炒めて、パイ生地に包んで焼きます。
出来上がりにチョコレートアイスクリームを添えてサーブします。洋ナシとチョコレートは安定の黄金の組み合わせ。適当につくっても美味しいというありがたいメニュー。


a0333321_06051719.jpg

チーズ以外はベジタリアンでかつ簡単な献立ですが、おもてなしにもいける便利な一品です。
遠い国の太陽がつまったトマトを食べて、まだ来ぬ初夏を思います。
っていうか早く暖かくならんかなー。

[PR]
by akokv | 2015-03-04 06:16 | 料理 | Comments(0)
<< マグロのステーキ ガレット添え たこ焼きパーティ! >>