聖燭節 - シャンドロールのクレープ

a0333321_06312271.jpg
2月2日は聖母マリアが清めの儀式を受けたことをお祝いする聖燭節。
どうもヨーロッパ土着の文化で春の到来を祝うお祝いとキリスト教が溶け合って生まれたお祝いの日のようですが、フランス人の私の旦那にしてみれば、このシャンドロール(La Chandeleur)と呼ばれる聖燭節を終えてようやくクリスマスから始まる冬のお祝いシーズンが終わって春がやってくるというところ。なので、この日は必ずろうそくをともし、お決まりであるクレープを食べてお祝いします。
日本でもこのころ季節の変わり目の悪鬼を追い払うための節分がありますよね。このころ季節が変わる、という認識は世界のこっちでもあっちでも一緒なのね。


というわけで本日の夕食は旦那の作るクレープです。
薄いのにしっとりもっちりしたクレープの生地は私ではとても焼けないので、餅は餅屋、クレープはフランス人(?)に任せるということで。
クレープ生地をうまく仕上げる秘訣はラム酒とオリーブオイルを練りこむことだそう。
私はのんびりサラダを作り、食卓を整え、キャンドルをつけてクレープを待ちます。

ちなみにクレープを食べる理由は、クレープが黄色くて丸いから太陽を思わせるからだそう。
ヨーロッパの長い冬を過ごすと、太陽が恋しくなる気持ちは本当によくわかります……。
a0333321_06312205.jpg
待ちに待ったチーズとハムのクレープ。ハムもきちんとフランス産。
そしてさらには中には半熟の卵が❤️

a0333321_06312206.jpg


おいちい。毎日がシャンドロールだったらいいのに。
ちなみにこれに合わせたのはノルマンディーはカルバドスで有名なChristian Drouinのポワレ。
ノルマンディーで有名なのはりんごの発泡酒シードルですが、その洋ナシバージョンがあるのです。
洋ナシをりんごと同じように絞って発酵させてできあがるのがポワレ。シードルより酸味が少なく、まろやかな飲み口が大好きなのです。
a0333321_06312283.jpg
今日からロンドンはついに0度を切る冷え込みになり、街中の水たまりや運河が凍り始めました。
クレープ食べたし、早く春がこないかな。



[PR]
by akokv | 2015-02-03 07:07 | 料理 | Comments(0)
<< たこなしの……たこ焼き。 玉ねぎ。丸焼き。 >>