玉ねぎ。丸焼き。 oishii



a0333321_02474116.jpg


ロンドンは風が強い日が続いています。
古いアパートに住んでいる我が家などは、窓枠ががたがたいうくらい。
またテラスにはなぞのプラスチック片が飛んできています。どこからきたんだい。

ごうごうと風の音を一日中聞いていると、なんかほっこりしたものを食べたくなりますよね。
というわけで、先日大量に買った玉ねぎのをオーブンで丸焼きにすることに。
安いスーパーにいくと、玉ねぎ1kgを買うとしても大きさがバラバラなのです。高いスーパーにいくとサイズも揃ってるんですが。
しかしその大きさがバラバラなほうが用途によって使い分けられるので、私はあえてやっすいスーパーで大袋を購入します。

野菜炒めの時は中くらいのサイズ、丸焼きの時は当然小さめサイズをたくさん、と。

a0333321_02474170.jpg
玉ねぎの頭と根っこを切り、皮付きのままグラタン皿などに押し込み、バターとローズマリーを乗っけてオリーブオイルをかけて。
元にしたこちらのレシピでは塩胡椒をしていましたが、私はなしで。レシピにはなかったのですが、皮付きのニンニクも何片か放り込みました。オイルを被ったニンニクをオーブンで焼くと信じられないほど甘くなるので好きなのです。

夜は牛肉のランプ肉を買ってきてあるので、それを焼くだけ。こちらのランプは柔らかな和牛とは違ってぎっしり身が詰まった赤身。日本のとろけるような牛肉が恋しいけど、さっぱりとした赤身も美味しいのです。

ズッキーニなどの他の野菜を炒めたりしてステーキのガルニを用意している間に玉ねぎが焼きあがりました。170度で30分、200度で10分でしたが、もう少し焼いてもよかったかしら。


a0333321_02474032.jpg

a0333321_02474176.jpg

これ、このまま食卓に出し、さらに取り分ける時に外側の皮を外してサーブします。とろとろになった玉ねぎは旨みの強い赤身のステーキにぴったり。
ニンニクもいい感じにバターのようなとろとろになっていたのでそれを潰してお肉につけつつ、食べる、と。

冬にしか食べられない、はふはふの玉ねぎの丸焼き。
寒いのは嫌いだけど、もうちょっと工夫して長い冬を楽しもうと思います。





[PR]
by akokv | 2015-02-02 03:04 | 料理 | Comments(0)
<< 聖燭節 - シャンドロールのクレープ サツマイモときな粉のお団子 >>