お手軽おもてなし料理

a0333321_08483949.jpg


久しぶりに親友を招いてご飯食べよう、ということになったのですが、朝からだらだら。
そもそも起きたのが11時でやっべー買い物にいかなきゃ、って思い立ったのが16時。友人を呼んだのは18時。
スーパーで並んでたりして帰ってきたのが17時半という体たらく。いやーだめでしょこれ。
というわけで短い時間でさくっと料理できるモノにしました。

かつ。誰か人を呼ぶときは私ばかりキッチンにこもるのを避けるために、できるだけ事前にオーブンにつっこんでおけばなんとかなるものを用意するようにしておきます。
でも手抜きとは見えなように小技をいれつつ(笑)。

アペリティフ
ミニサーモンパイ、ミニトマトパイ、ナッツ類。

んもうナッツ類に関しては袋からだしただけだからね。
パイはパイ生地を買ってきてほどよい感じに伸ばしたところにクリームチーズ(これ、シェーブルチーズでもリコッタチーズでもイケます)を伸ばして、パスタ用のドライトマトペーストをさらにそのうえに伸ばして巻き上げて、切って焼くだけ。
サーモンパイもあまりのパイ生地にスモークサーモンとクリームチーズを挟んで切って焼くだけ。色合いが綺麗になるように卵を塗りましたが。180度で10分も焼けばいいかと。
a0333321_08483928.jpg



あつあつをサーブするとそれだけで美味しさが2割増しな気がします。ぶっちゃけパイ生地さえ常温に戻っていれば、20分もかからず出来上がります。
夫がお気に入りのニコラ・ファイエットのシャンパンをあけてくれました。うんまー。

メインはTOP SIDEと呼ばれる牛もも肉のブロックをどどーんと焼いたもの。
シャンパンが八割がた無くなった頃に五分ほど台所に立つだけで出来上がるなんちゃってローストビーフ。
塩とにんにくをすり込んで室温に戻したおいたお肉をフライパンで全面に焼き色を付けた後、100度のオーブンに10分ほどつっこむだけという楽チンレシピ。
それでもお肉がよろしいので(近くにいいお肉やさんがあるのでそこで調達してきたのです)、うまみがたっぷりのローストビーフと成りました。
これにはサツマイモのグラタンとベビースピナッチのサラダを添えて。
a0333321_08483992.jpg

a0333321_08483994.jpg

サツマイモのグタランは拍子木に切ったサツマイモを、バターを敷いてニンニクをすり込んだタルト型に敷き詰め、いい感じにひったひたに牛乳を入れ、塩こしょうをふってからとろけるチーズ(エメンタールを使いました)をたっぷりのっけてオーブン170 度で25分焼いたもの。サツマイモの甘みとほのかなニンニクの甘みが絶品で、これは普段から食卓にあがるメニューです。シンプルな肉料理にはちょっとこってりしたこのくらいの付け合わせがいい感じ。

今夜のワインは南フランスに行った時に買ってきたフルーティなChateau Angueirounの赤。若いかな、と思ってはいたのですが案の定若かった……。いいんです。ここのワインは若くても本当に美味しいから。また夏にでも買い出しに行こう。

おいしいワインとおいしいおしゃべり。土曜日の夜ははこうでなくては。
a0333321_08483979.jpg


[PR]
by akokv | 2015-01-25 09:13 | 料理 | Comments(0)
<< アンティーク栓抜きの夕べ ロンドンお魚事情。タラのピカタ。 >>