なんちゃって海南鶏飯

シンガポール料理が好き。
あの広東料理とマレーシア料理とタイ料理とその他いろいろ、アジアの美味しい料理のいいところだけを混ぜました!って感じがたまらなく好き。

家の近くにシンガポール料理屋さんがあって、たまに行くと必ず食べちゃうのが海南鶏飯。
これがたまらなく美味しい。のですが、ちょっと塩辛すぎていつも喉が乾くのですよね。
鶏肉は薄味の方が好みなんだけどなー。
それなら作ってみよっかな、というわけで相変わらず適当に作ってみました。

骨つき、皮付きの鶏胸肉を買ってきて、血を拭った後、ひとつまみのお塩を加えた沸騰しているお湯に入れて超弱火で10分。そこからお鍋の蓋を閉めて45分放置。湯搔き上がったら氷水に入れて締めます。
茹でたお湯は灰汁の部分を除いてからご飯を炊きます。
骨がついてた胸肉だから出汁がたっぷり出ていい感じ。
a0333321_04464726.jpg
ご飯を持って、お肉を持って、パクチーをたっぷりたっぷり盛っていただきます。
鶏肉をゆっくり茹でて調理したのは初めてだったのですが、しっとりジューシーに仕上がって大変によかったです。

イギリスは今日から3連休。なんでか知らないけど3連休。
天気もそこそこいいので公園にでも行って寝そべっておこうかと思います。
暇さえあれば光合成。

[PR]
# by akokv | 2017-05-28 05:11 | 料理 | Comments(1)

初夏のイチゴとパルマハムのサラダ

ロンドン、本日はなんと23度まで気温が上がりました。夏か。夏なのか。
浮かれて半袖のワンピースでオフィスへ。
月曜日なのにみんな心なしかウキウキしてるのはやっぱり天気が良くて暖かいせいかしら。
今日は仕事をさっくり終わらせて走りに行くぞーと思ってた時に限って8時まで会議でした。まー珍しい。
というわけで帰ってきてから5分で出来る晩春・初夏のいちごサラダです。ジムにいけなかった分、夕食は軽くしたいしね。
a0333321_05304948.jpg

大きめのガラスボールに、バルサミコ酢、リンゴ酢、ハチミツ、お塩とオリーブオイルを合わせてドレッシングを作ります。
ルッコラやベビーリーブなどお好きな緑のサラダをガバッと入れて、ざっくり混ぜ合わせます。
私はあまり葉っぱがしんなりするのが嫌なので、そのまま時をおかずにお皿に盛り合わせますが、しっとりが好きな方はここでちょっと時間をおくと良いと思います。
サラダ菜を持った後は半分に切ったいちごを飾り、リコッタチーズをスプーンでポトポト落として最後にパルマハムを乗せて出来上がり。
多分このブログでも何度か紹介したことがあると思いますが、ひたすら簡単なのに甘い、酸っぱい、しょっぱいがバランスの良いサラダ。
驚くほどの緑の野菜をこれならもりもり食べられるので、1日の最後に良いものを食べた、という充実感でいっぱいになるのもいい気分。

a0333321_05304959.jpg
家の窓から見る夕焼けはご覧の通り。ああ、長い冬がようやく終わりました。
これで9時だというのだから驚きです。ブログの写真を撮るときの光の具合が自然光で美しく取れるのは助かりますが……。時間感覚がずれる。




[PR]
# by akokv | 2017-05-23 05:39 | 料理 | Comments(0)

新しい鉄製のフライパンを買ったお話。

突然ですが、あなたはティファール派ですか、鉄派ですか?
私は俄然、鉄派なのですが、旦那くんはティファール派です。
なんなら義母も根っからのティファール派です。フランス国民の食卓を支えるティファール、これ以外は使わない、くらいの勢いです。
かたやこちらは母が鉄鍋をふるって作った料理で育ってきました。鉄のフライパンを育てる作業も料理人の趣の一つではないのかね!!!

ま、買い物の主導権は旦那くんにあるので、ここ最近ずっとティファールを使っていたんですが、テフロン加工のものって毎日使うと、やっぱりはげてきちゃう。で、1-2年くらいで買い替えなきゃいけないじゃないですか。しかも意外と高いので、それなら鉄のフライパンが欲しいのですが、と言ってみました。

旦「どうせ買うならプロ仕様のものを買いましょう」

というわけで旦那くんがひと月ほどあちこちリサーチして、買ったのがMATFER社のブラックアイロン製26cm型。
厚みがしっかりしている、プロが使っているブランドである、フランス製である、というところが刺さったようです。
非常に参考になったビデオはこちら
しかもお値段驚きの25ユーロ。え、3000円やそこらでプロ仕様のものが買えるの!?何それ欲しい!

a0333321_18154415.jpg
というわけで届きました。1.7kgくらいでかなりずっしり。
洗剤でしっかりとワックスなどを取り除いた後、早速油をなじませてみます。
鉄のフライパンはこういう作業があるから楽しい。
a0333321_18154418.jpg
使ったのはジャガイモの皮、サラダ油、たっぷりのお塩、ネギの緑のところ、です。
ジャガイモの皮が茶色く色づいてパリパリになるまで10分ほど炒めまくります。その後一旦全てを捨てて、もう一度同じ作業を繰り返します。
で、お湯で洗い流して、乾かして油を塗ったら出来上がり。
完全に冷ますまで一晩おいて、さ、朝にはやってみたかったものがあるのです。

a0333321_18154469.jpg
ジャジャーン。パンケーキ。
いつも通りのレシピで作ったのですが、外はさっくり、中はふんわりで鉄の熱伝導すごい!という結果になりました。
そして鉄板にも全然くっつかない!ひっくり返すのもらくらく。
そしてフライパンがすでに20年は使い込まれた、みたいになってるのは前日の油ならしの時になぜかフライパンの焼き色が均一にならなかったからです。
使ううちにどんどん黒くなっていくらしいので期待しよう。

ちなみに夜にはステーキを買ってきて焼いてみました。
テフロン加工があるものは空焚きができないですが、鉄製はガンガン焼いて煙が出たところでお肉を投入できるので、やっぱり焼き色のつき方が違う。
食洗機に入れられるティファールも好きなのですが、料理してるぜ!という実感が出る鉄製のフライパンも、大好き。
これからじっくりと育てていきたいと思います。新しいキッチングッズってテンション上がるなー。



[PR]
# by akokv | 2017-05-21 18:54 | 料理 | Comments(0)

ロンドン・カンデンマーケットでチーズ三昧

更新がひさびさになりました。
ニューヨークに旅行に行ったり、その後に休みのツケを払うべく夜遅くまで働いたり、また旦那くんが出張でいないので食事を作る機会を逃したりでご無沙汰しておりました。
久しぶりに何の予定もない日曜日。
掃除して、洗濯して、晴れてるからお昼は何か外で食べましょうかーという話になりました。

a0333321_05175809.jpg
今日はTシャツで出かけてもいいくらいの陽気。食べ物といえば何でも揃ってる、カムデン・マーケットに向かいます。
実はここに最近The Cheese Barというタパス式のレストランができていて、そこで振る舞うものは何でもチーズたっぷり、というチーズ好きの二人にはたまらないメニューが提供されてるらしいのです。
屋台村で有名な南ロンドンのモルトビーストリートマーケットにグリル・チーズサンドイッチを提供することで有名なチーズ・トラックという屋台があるのですが、それがついにレストランを開いた!ということで割と話題になっていたのです。が、オープンしたては混むだろなと思って様子見してました。時は熟した。

a0333321_05175725.jpg
やっぱ混んではいたのですが、30分くらいまったら入れる感じ。混んでいても席が空いたらケータイに連絡をくれるシステムをとっているので、まってる間も周りのアンティークのお店などを冷やかせるのでいい感じです。
さて、お店の中はカウンターと長テーブルがどどーんと置いてあり、若いお兄さんたちがテキパキと働いてます。マニアックなチーズもメニューに乗ってますが、壁にお店で使っているチーズ一覧がどーんと貼ってあって、それを読めば何とかなるようになってる。これ、おしゃれだし便利だな。

a0333321_05175753.jpg
まず頼んだのは揚げモッツァレラのトマトソース。この細長いのがモッツァレラです。

a0333321_05175620.jpg
こんな感じでみょーんと伸びます。トマトとモッツァレラって何でこんなに相性がいいのかしら。サックサクの衣もいい感じです。これでビール飲めればいいんだろうけど、最近ダイエットのために完全に白砂糖とアルコールを断つ生活をしてるので、お水で流し込みました。ウーーー。

a0333321_05175629.jpg
次に頼んだのはチェダーチーズのグリル・サンドイッチと、4種類のチーズ&パスタ。
a0333321_05175728.jpg
グラタンのような焼きパスタなのですが、チーズがこれでもか、と乗ってます。この時点で結構お腹いっぱい。でもサンドイッチも半分食べました。
サックサクのトーストにチェダーチーズがしっかり染み込み、甘い玉ねぎがしょっぱいチーズを緩和して本当に美味しい!
どれもこれも大変に美味しい。一皿7ポンドぐらいで割とお手頃なので、大勢でいって少しずついろんなものを食べるってのがいいスタイルなのかと思います。

ちなみにこの3品を食べてだけで夕食は抜きました。ものすごい胃にたまるので、旅行で行く方は夕食の予定も考えてお気をつけて……。



[PR]
# by akokv | 2017-05-15 05:38 | ロンドン生活 | Comments(0)

行ってらっしゃいトマトタルト。

旦那くんがアメリカに2週間ほど出張に出ているので夕食はゆで卵とブロッコリー、という生活が続いています。
自分一人だと本当に料理する気がしないのよねー。
でもそれだと本当にブログのネタがないので、旦那くんが出張に旅立つ前日に作ったトマトタルトでお茶を濁そうと思います。
a0333321_03260328.jpg

オリーブオイルを使った寝かせないタルト生地を焼いた後、ディジョンマスタードを塗り、種を抜いたトマトを重ねていきます。
種を抜かない人もいるのですが、タルトが水っぽくなるのが嫌なので、私はざっと抜きます。
その上からこれでもかとチーズを乗っけて焼き上がれば出来上がり。調味料はマスタードのみ。チーズの塩気で食べます。
何度もこのブログで紹介しているかと思いますが、簡単で失敗なしのタルトなのです。
たっぷりのサラダを添えて召し上がれ。
外食って野菜は不足するから長期の出張は心配なのよねー、特にアメリカとかあまりヘルシーなものがなさそう。そして量が多そう。
a0333321_03262246.jpg
食生活が心配だわ、ってメールでしょっちゅう言っていたら、旦那くんはついに毎食写真をとって送ってくるようになりました。
最初の夜はチキンサラダ、次の夜は。。。鉄火丼?食べてました。なんだ意外に健康的じゃないか。。。。


[PR]
# by akokv | 2017-05-02 03:35 | 料理 | Comments(2)